日記・コラム・つぶやき

高学年の女子児童の対応について(1)

  相談事例が続いている。

 全部高学年の女子児童についての悩みである。
 
そこで、kawamu先生、20代の男性教諭の先生に、以下のような形で答えていきたい。
 
答えにならないかもしれないので、最初にお詫びしておきます(笑)。
 ★
 私は今まで高学年担任の教師の最大の課題は、女子児童の問題特にグループ化の問題と考えてきた。
 
  これについての方法論を持たないと、これから高学年の担任は持てないと思ってきた。
  それほどにむずかしくなっているのである。

 なぜ、これほどまでにむずかしくなってきたのか。
 
 ・女子児童の思春期化である。
   昔は、小学校の高学年で女子児童が、これほど思春期に入ることはなかったのである。それが、最近はほとんど の子供がそうなっていると言っていいだろう。
   こうなると、対応が特別にむずかしくなる。
  もはや、子供の扱いはできなくなる。
 
  ・極端なグループ化がある。それに入れない孤立化する女子児童も必ずいる。いじめの対象になったりする。
 
  ・男子児童の幼稚化がある。女子児童とバランスがとれなくなっている。
 
 私は、もう現場から離れて10年目になっている。
 だから、事態はもっと進んでいると思われる。
  ★
 私は、勤務生活の最後の10年以上は、ずっと高学年を担任してきたのであるが、女子児童との深刻なトラブルは、ほとんどなかった。
 それは、きわめて意識的な対応をしていたからである。
 
 ①常に、誰と誰がグループを組んでいるかを把握していた。
  グループになるのは仕方ないことであった。
 
  ②孤立化していたり、グループ間の諍い、グループ内での諍いに対して、即座に動く準備を整えていた。そのことをとても重要視していた。
 
  ③孤立化していく子供に対しては、即座に対応し、「あなたの味方だよ」「あなたの気持ちはよく分かるよ」「これからのことを一緒に考えよう」と声かけをした。
 ★
 最近、「縦糸・横糸」の提唱者の横藤雅人先生とやりとりをすることがあって、「そうだ、そうだ!」と気づかされたことがあった。

 横藤先生は、子供たちに今最も必要なのは、「所属と承認」欲求をどれほど満たしていくかにある、という意見であった。
 これが、家庭でも満たされてなくて、学校で荒れていくのである。
 
 とすると、私が女子児童にとっていた対応は、「所属と承認」欲求を満たしていく方法論であったということである。
 これでうまくいったのである。
 ★
 「所属と承認」欲求とはなにか。

 マズローの欲求階層説を思い出してほしい。
 マズローは、人間の欲求には、まず、「生理的欲求」から始まり、「安全の欲求」になる。
 
  これが、欠乏欲求。
 
  そして、「仲間に入りたい!」という「所属と愛の欲求」になり、次に「認められたい」という「承認欲求」になる。
 
  最後に、「自己実現の欲求」になる。
 これらが成長欲求になる。
 ★
 この「所属と承認」欲求をいかに満たしていくのかが、今最も求められているということ。
 
 ここでさまざまなトラブルが起こっていると、思っていいのである。

 この欲求を満たしていくという、学級経営スタイル、授業スタイルを身に付けていかなくてはならない、というのが私のスタンスになる。(つづく)

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

20代の男性の先生に相談を受けて

  20代の先生から相談のコメントが入った。

 担任はされてなくて、高学年の専科やTTを担当されているということ。
  ★ ★ ★
 高学年女子との接し方について書かれているので、私自身の悩みも書きたいと思います。
私は、これまで専科やTTなどで高学年の授業を担当し、高学年の児童と接することが多くありましたが、高学年の女子との関係作りに悩んでいます。
私は、その高学年のクラスの授業自体は問題なく成立しているのですが、
なぜか高学年の女子に嫌われているようで、
私が近づくと、わざと避けられたりします。
子どもとの関係ができていないため、
そのような行動に対しては相手にせず無視するように心がけていますが、
正直いい気持ちはしません。
あるときは、私がさわった場所は、まるでばい菌でもついているかのようなしぐさで、他の子にまわしたりしている場面もあります。
さすがに腹が立つのですが、強く注意すると反発されるのではないかとも思い、どうしようか悩みます。
教師として子どもと接する上では、
子どもに好かれようとは思わないほうがいいことはわかっていますが、女子児童にそのような態度をとられると、
どうしても気になってしまうのです。
このような状況がある中では、どのようにして高学年の女子児童と関係を築いていけばよいか教えてほしいです。
投稿: 20代男性教師
   ★ ★ ★
 この先生の悩みはよく分かる。
 こういう対応をされたら、気持ちが落ち込む。
 
 でも、こんな女子児童はいる、いる。
 この対応は、教師に対する「いじめ」と言っていい。
 
 こんないじめを誰にでも平気でやるのである。
 だから、日本のいじめは、これほど騒がれても少なくならない。
 
 私ならば、どうするだろうか。
 
 やはり、許せない対応である。
 ばい菌扱いした女子児童を1人ずつ呼び出す。
「あなたは、今日私が触れたことでばい菌扱いのような対応をしましたね。どうでしょうか……(きっと「していません」などと返事するかもしれない。)。でも、私は見ました。正直に私も話しますので、あなたも正直に答えてほしいです。
 私が今まで何かやったから、そのような対応をするのだと思いますが、私は何をしたのか分かりません。教えてくれませんか。私が直せることがあれば、そうしますので……。
 ……話せないのならばいいですよ。
 もしあなたが他の人に、ばい菌あつかいのようなことをされたら、あなたはどういう気持ちになりますか?……。
 しかし、二度とあのような対応をしないでほしい。
  今回は、私とあなただけの問題として押さえておきます。
 でも、もう一度あのような対応があったら、今度は、担任の先生や校長先生と一緒にあなたと話をしなくてはならなくなります。
 そういう状態にはならないことを信じています。」
 
 最後はちょっと脅しになっている。
 このような指導をしたことを、担任には話しておかなくてはならない。
 この程度は、私なら指導するはずである。
 
 ただ、1つだけ。
 なぜ、先生に対してばい菌扱いするような態度に複数の子供たちが出るのか、それは究明しなくてはならない。
 
 きっと、何か原因があるはず。
 親しい男の子に内密に聞いてもいい。
 ★
 先生は書かれている。
「教師として子どもと接する上では、子どもに好かれようとは思わないほうがいいことはわかっていますが、……」と。
 
 私はこの言葉にちょっと違和感がある。
 もちろん、子供たちにおべっかを使ったり、よいしょする必要はない。
 
 でも、「子供たちに嫌われないようにすること」は、今の時代、とても大事なこと。
 どうするか。
 
 笑顔で、元気に振る舞う。
 子供たちの活動にフォロー(ほめ、励まし、認める)をする(ただし、口先だけのフォローはしないこと)。
 私は、横糸を張り巡らすと言っている。
 
 元気な教師のそばにいる子供たちは、くだらない行動をする気持ちが萎えていく。
 
 ところが、私たちは、反対に陥りがちな「縦糸張り」をしている。
 
 たとえば、怖い顔を崩さない、大声で怒鳴る、良くない行動をした子供をみんなの前で立たせて叱る など。
 
 高学年の女子児童には、もっと細やかな「横糸張り」が必要である。
 そのことが今一番求められている。
 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

横浜野口塾 再度の連絡です!

   第171回 授業道場「野口塾」IN横浜


1 期 日 平成29年3月26日(日)10:30~17:00

2 会 場 横浜市立 帷子小学校
       (横浜市保土ヶ谷区川辺町65-1)
      横浜駅より相鉄線で星川駅まで4分
      相鉄星川駅より 徒歩3分
      保土ケ谷公会堂・図書館のとなり,
      帷子川のほとりにあります。

3 参加費 4,000円    学生2,000円

4 定 員 60名

5 日 程
10:00 受付開始
10:30~12:00 第一講座 「説明文指導のポイントはこれだ」
10:30~10:45  地元教師による光村1年「どうぶつの赤ちゃん」の模擬授業
10:45~10:50  野口先生による指導・講評   
10:50~11:05 野口先生による「どうぶつの赤ちゃん」の模擬授業

           5分休憩
11:10~12:00    野口先生による説明文の指導法についてのご講演
12:00~12:50  昼食休憩・書籍販売
12:50~13:00        PRタイム
13:00~13:30  地元教師による実践発表

             5分休憩
13:35~ 14:20第二講座「俳句指導のポイントはこれだ」   
野口先生による俳句の指導法についてのご講演
          10分休憩・書籍販売
14:30~15:30  第三講座  野中信行先生の学級経営講座  「学級を軌道に乗せる学級づくりのあり方」

          10分休憩・書籍販売
15:40~16:20 第四講座  野口先生の教養講座                                   「教育と笑い」   16:20~ 16:50  交流会
17:20~19:20 懇親会(希望者) 

6 申込方法

 「第171回 授業道場 野口塾 IN横浜 」のページのURLからお申し込みください。

    http://kokucheese.com/event/index/452479/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

教育新聞連載終了!

  教育新聞にずっと連載してきたコラムが、今回で終わった。

 たった1200字の原稿だが、連載となると大変である。
 ほっとしている。
  3月号の最後の原稿を載せておきたい。
 ★ ★ ★
 「3・7・30の法則」で出直しを!
 もうすぐ1年間が終わる。まとめの時期である。
 クラスが思うように行かなくて、辛い日々を送ってきた先生方も数多くいることであろう。でも、教師の仕事の良いところは、新年度には、今までのことを完全に断って、新しく出直しができることにある。この良さは最高。この出直しのチャンスをおおいに生かさなくてはならない。
 さて、来年度のことを考える。何がうまくいかなかったか。おそらく、クラスをまとめるのに苦労したことであろう。いつももめごとが多くて、スムーズに進んでいかない。最初は、もめ事の中心にいる2,3人のやんちゃを何とかしようと動いているうちに、いつのまにか7,8人に膨れあがっていた。もはや、モグラ叩き状態。そんなことを繰り返してきたのではないだろうか。来年度は、どうしたものか。
 来年度を考えるのに、決定的に大切なポイントがある。これを知らないと、また同じ失敗を繰り返す。
 それは、「勝負は1ヶ月」だということ。この1ヶ月(4月いっぱい)で、1年の80%が決まる。人によっては、100%だと言っている。この1ヶ月をフツウに過ごしてはいけない。自分の教師人生を賭けるぐらいの気持ちで取り組むのである。何をするのか。「学級づくり」をするのである。
 今は、「学級づくり」が最も大事な時代になっている。クラスの基盤に、しっかりと「学級づくり」が成り立っていないと何をやってもダメになる。そういう事態なのだ。だから、「学級づくり」→「授業づくり」というように優先順位をつけて成立させていかねばならない。
 この1ヶ月の「学級づくり」を、私は「3・7・30の法則」で提案している。
 この法則は、1ヶ月に何を、どのようにやるかの提案である。「3」は3日間、「7」は1週間、「30」は1ヶ月。それぞれに過ごしていく役割がある。「3」は、出会いの3日間。「野中先生が担任になって良かったなあ。おもしろい先生だ!」という印象を与える時間。「7」は、仕組みづくりの1週間。朝学校へ来てから帰るまでの「学校の毎日」の仕組みを作り上げてしまう。「30」は、繰り返しの1ヶ月。1週間で作り上げた仕組みを繰り返し練習して徹底させ、定着させる。これでクラスの構えが成立することになる。もちろん、途中で子供たちの状態に合わせて変更していくことはあるが、1年間の基本路線は敷かれたことになる。繰り返しになるが、ここが最大の勝負の時間なのだ。健闘を祈りたい。                         (完)
 ★ ★ ★ 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第171回授業道場「野口塾」IN横浜 開催

  第171回 授業道場「野口塾」IN横浜


1 期 日 平成29年3月26日(日)10:30~17:00

2 会 場 横浜市立 帷子小学校
       (横浜市保土ヶ谷区川辺町65-1)
      横浜駅より相鉄線で星川駅まで4分
      相鉄星川駅より 徒歩3分
      保土ケ谷公会堂・図書館のとなり,
      帷子川のほとりにあります。

3 参加費 4,000円    学生2,000円

4 定 員 60名

5 日 程
10:00 受付開始
10:30~12:00 第一講座 「説明文指導のポイントはこれだ」
10:30~10:45  地元教師による光村1年「どうぶつの赤ちゃん」の模擬授業
10:45~10:50  野口先生による指導・講評   
10:50~11:05 野口先生による「どうぶつの赤ちゃん」の模擬授業

           5分休憩
11:10~12:00    野口先生による説明文の指導法についてのご講演
12:00~12:50  昼食休憩・書籍販売
12:50~13:00        PRタイム
13:00~13:30  地元教師による実践発表

             5分休憩
13:35~ 14:20第二講座「俳句指導のポイントはこれだ」   
野口先生による俳句の指導法についてのご講演
          10分休憩・書籍販売
14:30~15:30  第三講座  野中信行先生の学級経営講座  「学級を軌道に乗せる学級づくりのあり方」

          10分休憩・書籍販売
15:40~16:20 第四講座  野口先生の教養講座 「教育と笑い」   
16:20~ 16:50  交流会
17:20~19:20 懇親会(希望者) 

6 申込方法

 「第171回 授業道場 野口塾 IN横浜 」のページのURLからお申し込みください。

    http://kokucheese.com/event/index/452479/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

南小の本、早速38位にランクイン!

   岩見沢市立南小学校の本が出版された。

 うれしいことである。
 
 普通の学校が、こうして自分たちの実践を世に問うていく。
 すばらしいことである。
 
 明治図書オンラインでは、早速総合38位にランクインされた。
 皆さん、買っていただいている。ありがとうございます。

Photo_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

童神先生へ

  私はこのブログで知り合い、メールでやりとりをしている先生が何人もおられます。

 今回童神先生のことで、ブログではさまざまなやりとりがなされました。
 童神先生のことを心配されて、この先生も私にメールをくださいました。
 この先生も、来年度の復職を目指しておられます。

 ★ ★ ★
野中 信行先生
 
 お世話になっております。日中に日差しがあたたかく感じられます。
 
 毎朝の散歩が気持ちよく、2か月ほど続いており、そうした中で様々なアイデアが
浮かんできます。ああ治ったのだと確信しています。
 
 今日は、私の住む学区の旗当番をしてきました。子どもたちとのあいさつを交わし、
「いってらっしゃい」と声を掛けると、半数以上の子が元気な声を返してくれました。
地域の方にも声を掛けていただき、とてもうれしい時間となりました。
 
 童神先生のことが私も気がかりです。まずは一日の中でゆっくりと休むことが大切ではないでしょうか。
 わたしも何とか午前中をしのいで、午後はもう布団の中という日々がありました。
 
 大切なことは、「ぐるぐると考えこまないこと」であると思います。
 そこから抜け出せないと本当に苦しいです。書き出す、吐き出すことがとても大切です。
 
 わたしも一時期は携帯電話に日記を書き、気持ちの整理をしていました。
 少しは気持ちが楽になったように思います。
 
 今は現場へは行っていませんが、疲れたなと感じたら、コーヒーを飲む、ストレッチをする、時間があれば、お風呂にゆっくり浸かるなどしてリフレッシュしています。
 
 精神的な部分が弱ってしまうと、思考力も落ちてしまうために、小さなミスも気になってしまいます。
 そんな自分も認めてあげること、「今は元気がないんだ。考える力も弱っているんだ」「それくらいかんばってきたんだ」とほめてあげることが大切だと思います。
 
 わたしも4月からバタバタとしないように、今少しずつ目標を決めて取り組んでいます。
 
 先日復職面接があり、「復帰可」をいただくことができました。「楽しむこと」「仕事のことをすぐに忘れることができる工夫をすること」をアドバイスしていただきました。
 
 自分でも再発しない工夫を書類にし、いつでも目を通せる場所に置いておくつもりです。
 
 このメールがもしお役に立てるのであればブログ等に使っていただいて構いません。
 
 今後ともよろしくお願いいたします。   
 ★ ★ ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つれづれなるままに~京都、大阪へ行く~

●2月21日、新横浜から京都へ新幹線で行く。

 京都長岡京での学級経営講座へ行く。
 晴れ渡っている。
 
 富士山がくっきり。
 こんなにきれいに見えるのは久しぶりである。
 
 1年に何度もこの新幹線に乗るが、こんなに見えるのは10回に1回ぐらい。ラッキーなことである。
 ★
 長岡京の改札口でM指導主事と待ち合わせて、神足(こうたり)小学校へ行く。
 この学校は、明治6年に創設された伝統校。
 どっしりとしている学校。
 
 ここでの研修会。昨年度から来ているので、2年目。
 受講者が18名ということで、小規模の会。
 小学校15名、中学校3名。
 
 それでも、この時期は中途半端なときであることを勘案しなければならない。
 今のクラスがあと1ヶ月あるのである。
 
 来年度のことを考えなければならないが、そこまで考えられない先生もいるのである。
 そこで、今年度のクラスの様子を振り返って、来年度のことを構想しましょうという趣旨で
 4つの課題を準備する。
 演習形式で進める。
 
 90分の時間をぴたり5分前に終わる。
 ★
 終わってから、急ぎ大阪へ向かう。
 7:00に京阪の香里園改札で待ち合わせである。
 
 親しい知人のU先生やY先生と一献。
 久しぶりの出会い。
 楽しい会であった。
 
 その店では、佐賀の日本酒の鍋島があったり、山口の獺祭があったり、山形の十四代があった。
 私は、この3つを日本の三大銘酒と言っているのであるが、
これが全部揃っている店。珍しい。
 
 その会で、午前中、急遽校長のY先生の学校を訪問し、ついでに3年生のクラスで授業をすることになった。
 
●2月22日、朝9時京阪の寝屋川市駅で待ち合わせ。
  S小学校へ行く。何度も訪れている学校。
 
 数人の先生の授業を見せてもらう。
 そして、3時間目に3年生の授業をする。
 
 ぶっつけ本番の授業。
 給食をもらう。
 
 その後、授業を見せてもらった先生と反省会。
 あわただしく時間が過ぎる。
 ★
 13:00になったら、急ぎ寝屋川市役所へ行く。
 寝屋川教育委員会の赴任前初任者講座である。
 
 60名ばかりの初任者がいる。
 ここの教育委員会は、1ヶ月前にこうして赴任前講座を設ける。多分、日本ではここだけであろう。
 私はここにもう8年間も通っている。
 
 私の講座を2時間受けて、これからの1ヶ月間で初任者は準備をするのである。
 ここでも課題を7つ準備する。
 
 ほとんどの初任者は、初めて聞くことばかり。戸惑うこともあることであろう。
  初任者としてスタートをうまく切れるように願うばかりである。
 
 
 
 
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

童神先生、大丈夫ですか?

  某先生からブログにコメントが載った。

 某先生の言われる通りであった。 
  先に書いた私のブログが言葉足らずだったことが分かった。
 
「困難を避けるな」と書いた。
 もちろん、心療内科へ行き、療休で休むことは決して困難を避けることではない。今すべきことである。
 
 そんなことを私の場合考えていたのだが、とにかくがんばれと励ましたような文面だったことになる。
 
  童神先生、大丈夫だろうか。それが心配になる。

 ★ ★ ★
童神先生、投稿されてから1週間たっていますが、心身大丈夫でしょうか?
 私は、ふだんは野中先生たちに賛同するコメントを書きますが、今回ばかりは異質の意見を言わせてください。
 これは、自分の経験からの深い信念です。
 どうにも譲れない気持ちですので、皆さまご理解ください。
 個人的意見のため、いつもとちがう名前で投稿させていただきます。

 文面を見る限り、精神的に学校に行ける状態かとても疑問です。
 精神科に通う云々は当然のこととして、死を考えるという時点で、目に見えない心理的負担が相当かかっていると考えます。
 まずは、気持ちを和らげるのが先でしょう。
 「頑張らなくていい。いるだけでいい。凌げばいい」というのは、ふつうの精神状態かそれに準ずる場合であって、死を考えるとなると話は変わってきます。

 私は、思い切って休みをとることをお勧めします。
 年度末で学校に迷惑をかける・・・とか考えるのはその次です。
 まずは生きるのが先です。
 「私が担任からはずれたら、他の子たちはどうなる」と思われる方や、
 「静かに支持してくれる子のためにも乗り切ろう」と言われる横藤先生のお考えは、ふつうなら賛成しますが、非常事態では別です。

 これは、逃げるのではなく、精神回復のための手段です。
 無理に学校に行き続けて危険な状態を迎える方が、よほどいけないと考えます。
 
 童神先生、精神を回復させて、じっくり冷静に考えられるようになってから今後のことを考えればいいですよ。
 私は療養休暇をとったおかげで今があります。そのまま続けていたら・・・と思うと、ぞっとします。

投稿: 某教師 |
  ★ ★ ★



 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

岩見沢市立南小学校の本が発刊された!

  岩見沢市立南小学校の本が出版された。

 うれしいことである。
 
 普通の学校が、こうして自分たちの実践を世に問うていく。
 すばらしいことである。

   Photo


 
 私は、監修の言葉として以下のことを書いている。
 ★ ★ ★
南小の「学力向上の秘訣」とは何か
                  北海道学校力向上事業アドバイザー                      野中 信行 

 本書を執筆している南小の「授業」への考え方は、明快である。
 「『授業がうまくいった』、『子どもたちの目が輝いていた』、『意欲的に学習に取り組む様子が見られた』、『意見が活発に出されて上手に話し合っていた』…などというような抽象的で何とでも理解されるような言葉で研究の成果を測ってはいけない。『子どもの事実』で成果を確認していくことである」と。
 南小は、岩見沢市にある普通の地域の、普通の学校である。その学校が全国学力テストで秋田県の平均を抜くような「学力向上」を図っている。
 学力向上の秘訣とは何か?
 1つ目は、向上させていく「学力」をきちんと設定していること。単元テスト(業者テスト)を「学力」の目安としていて、「最終的に学級全員の子が90%以上で通過することを目標とする」としている。これは普通の学校ではかなりレベルが高い目標値になる。でも、やり抜こうとしている先生たちの心意気はすごいものである。
 2つ目は、学習になかなかついてこられない子供たちにこだわっていること。ずっと追跡調査をしている。「テスト」の平均点を上げることだけが目的ではないことがはっきりと分かる。
 3つ目は、徹底して「日常授業」のレベルを上げることに力を注いでいること。特にノート指導の徹底ぶりは、舌を巻くほどである。
 南小は、北海道教育委員会の「学校力向上」の事業を推進している学校の1つである。事業の重点目標の1つが、「日常授業」の改善。今、日本の学校現場に最も必要な施策がこうして南小学校で実現されている。
  普通の学校が、どうしたら「学力」を向上させられるか。その大きな問題提起を、南小は、こうして展開しているのである。
 ★ ★ ★

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧