« つれづれなるままに~さらにまた生きてゆくべし~ | トップページ | 全員参加の授業が、こうしてつくられている!(2) »

全員参加の授業をこうしてつくられている!(1)

  全員参加の授業をこうしてつくられている!(1)
                ~中学校の社会科の授業~

 松森先生の本で全員参加授業について取り上げておられる。
 重要なテーマである。
 それについて、以前(2020.6.24,7.6)に2回に分けて山中太先生の社会科の授業を紹介しておいた。
 ぜひもう一度紹介しておきたいという気持ちになった。

 山中先生は、中学の社会科の先生。
 かつて荒れた学校に勤務されていたときに授業を大きく変えなければならないということになった、と。
 そこで考え出された授業が、全員参加の授業であった。
 これは、小学校の先生たちにもおおいに参考になるものである。
 かつてのブログの記事を少し変更しながら、もう一度紹介しておきたい。


「えっ、これは『味噌汁・ご飯』授業が目指してきた授業じゃないか!」
 というのが最初の感想。

 長崎の山中太先生のFB(旧フェイスブック)である。
 中学校の社会科の先生である。
 知り合い。
 一度、福岡で講座をもったときに長崎から駆けつけてこられて、お会いしたことがある。

 こんな授業を示されている。

 ★ ★ ★
 全員参加の授業づくりを行っています。勉強が苦手な生徒も楽しく参加できるような工夫を取り入れています。例えばこんなことです。

 ①授業を10分の5セットとして考えて,いろいろな課題を与えて,その都度一人一人を評価しています。
 ②誰でもできる課題を与えます。(地名探し,色塗り作業,気づきを書く)
 ③苦手な生徒でも高い評価がもらえるような課題を出します。(知識よりも発想力,想像力を評価します。いわゆる逆転現象を起こす課題です)
 ④授業のテンポが鈍ったらクイズを出題します。
 ⑤課題が早く終わった生徒はステップアップ課題に取りくむようにしています。

 
 社会科の授業が終わる頃,「えっ,もう終わり?」という声が聞こえてきます。ゲームに慣れきっている生徒を授業に乗せるために,いろいろな工夫が必要だと思います。とにかく50分間だまってイスに座らせ,じっと教師の説明を聞かせ,ひたすらドリルを解かせるなんて授業をしている教師は,まだいるのでしょうか。
★ ★ ★
 どんな授業になるのか。
 別のところで、初任者に見せた授業の内容を公開されている。
★ ★ ★
 単元は「乾燥帯の特色」。
 モンゴルのステッでの暮らしを学ぶというもの。

 ①地図帳でモンゴルの位置を確認させる。
 ②ステップの写真を見せて気づきを発表させる。
 ③ゲルという移動式の住居の特徴を教える。
 ④ゲルを組み立てるためにはどれぐらいの時間がかかるかクイズを解かせ  る。
 ⑤どうして移動式の住居なのかを考えさせる。
 ⑥夏は山の上→秋は草原→冬は丘に囲まれた低地という遊牧の流れを知る。
 ⑦どうして冬は,丘に囲まれた低地に住むのかを考えさせる。
 ⑧現在のゲルの写真を見る(ソーラーパネル,パラボラアンテナ,オート  バイがあること)
 ⑨どうして遊牧にオートバイが必要なのかを考えさせる。
 ⑩遊牧の生活の変化を理解させる。
 ⑪確認テスト

という流れでした。

いくつもの小さな課題に取り組ませ,その都度,個々の生徒をフォローしていくのが,私の授業の流れです。
意識していることは,テンポです。テンポ授業を進めて生徒をのせてしまうのです。

初任者の感想です。
「疾走感があるのに,すべての生徒が授業についてきているのに驚きました。」

 ★ ★ ★

 私は、「小刻み学習法」と名付けていることである。
 これが、具体的に、こうして、しかも中学校の授業で実現されている。
 何とも感激する提案である。(つづく)

|

« つれづれなるままに~さらにまた生きてゆくべし~ | トップページ | 全員参加の授業が、こうしてつくられている!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~さらにまた生きてゆくべし~ | トップページ | 全員参加の授業が、こうしてつくられている!(2) »