« つれづれなるままに~励ましのコメントをもらった~ | トップページ

クラスが軌道に乗っているかどうかを判断する目安は?

 夏休みの講座で、ある先生から質問をもらった。
 「学級経営でクラスがうまく軌道に乗っているかどうかをすぐに判断できる物差しがないでしょうか?」と。

 確かに初任の先生などは、自分のクラスがうまく行っているかどうか分からない場合は多いのである。
 ★
 その時私が答えたことは次のことである。

 「クラスが軌道に乗っているかどうかは、クラスの子供たちが教師が話し出したらシ~ンとして聞いたり、教師の指示にサッと動き出したり
したら、間違いなく乗っています」

「反対に教師の話し出しても、ザワザワしたり、教師に指示にダラダラ、ノロノロと動き出したりしたら、うまく軌道に乗っていません」

「 『ザワザワ、ダラダラ』→『シ~ン、サッ』とすることが軌道に乗るということなのです」
 
 この簡単な目安で、クラスを判断したらどうだろうかと答えたわけである。

 ★
 これは、学級経営の1丁目1番地なのである。
 
 だから、教師の話に「シ~ン」となる状態を最初につくれるどうかであり、教師に指示に「サッ」と動ける子供たちを最初につくれるかどうか、なのである。
 そのための指導原則がある。

 初任の先生は、こんなことを知らないので、クラスがザワザワ、ダラダラとなってしまう。

私が最初の初任者指導で初任者に教えていくことはこんなことからである。

|

« つれづれなるままに~励ましのコメントをもらった~ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~励ましのコメントをもらった~ | トップページ