« 事務連絡 | トップページ | つれづれなるままに~初めてこんな揺れを経験する~ »

つれづれなるままに~母の初盆なのです~

●女房から言われた。
「お父さんは、小さなことに喜びを見つける天才だね!」と。
 うれしいことを言ってくれるものだ。

「今日も信行さんの天気予報を見て寝なくてはならないなあ!」と呟いているときである。
 NHKの8:55からの5分間、平井信行さんの天気予報のコーナーがある。 それを楽しみにしている。
 
 平井さんの予報は、よく当たる。
 私も天気予報を勉強しようとしているからとても参考になるのだ。

和田秀樹さんの『70歳の正解』(幻冬舎新書)を読んでいる。
この中に、脳活で前向きに生きる工夫として、次のことが紹介されている。

 ★ ★ ★
 私は、週に2つ、年間100くらいは、″初体験゙のことにチャレンジすることにしています。その場合、ほんの小さな経験でも、1回にカウントします。
 たとえば、外でランチ用の弁当を買うときでも、いつもの店ばかりでなく、ときおり新しい店の弁当を買ってみます。脳は、見知らぬものを見たり、味わったりすると、それだけで活発に動きはじめるのです。
 その他、「これまで、歩いたことのない道を散歩してみる」「ガーデニングで、これまで育てたことのない草花を育ててみる」などといっだ小さな体験゙に意識的にチャレンジしています。そうした経験が、私の前頭葉の老化をすこしは遅らせているように感じています。
★ ★ ★

 「なあんだ!私もやっていることじゃないか!」。
 とにかく小さな新しい経験に挑戦してみるのである。
 そして、小さく「ふっふっ」と喜ぶ。
 
 歳をとったら、もう先は知れている。
後悔が多い過去にも、見通しのない未来にも、そこそこに区切りをつけて、「今日」を元気に生きていく、のである。

●佐伯泰英さんの『酔いどれ小籐次』シリーズが最後を迎えた。
 『御留山』(文春文庫)。
 佐伯さんのシリーズには、ずっと付き合ってきた。
 この酔いどれ小籐次は、特におもしろかったものである。
 
はじめがあれば、終わりが必ずある。
 佐伯さんも、80歳を過ぎて、終わりのときを迎えている。

 「ごくろうさま!」
 そんな思いで、読ませてもらった。

●今年のお盆は、母の初盆になる。
 九州佐賀のお寺で初盆の法事が行われる。
 このコロナ禍なのだが、佐賀へ帰ることにする。
本来なら中止になるのだが、今回はそうはいかない。
 とんぼ返りで行ってくることになる。

 コロナ禍はすごい。昨日は25万人以上の感染で、最高記録の更新である。
 ずっと不思議に思っていたことがある。

 今日本は、世界の中での感染率は世界一である。
 そこが不思議だ。
 テレビで映る諸外国の人々は、ほとんど全部マスクをしていない。
 さまざまなところでにこやかに話し合っている。

 ところが、日本では、ほとんど全部の人がマスクをしている。
 そのことからすると、感染する人は、絶対に諸外国が多くなるはずである。
 
 だが、そうなっていない。
 これはどういうことだろうか。

 マスクに対する過信なのか?
これについて専門家は答えていないのではないだろうか?

|

« 事務連絡 | トップページ | つれづれなるままに~初めてこんな揺れを経験する~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事務連絡 | トップページ | つれづれなるままに~初めてこんな揺れを経験する~ »