« つれづれなるままに~久しぶりです~ | トップページ | 第6回オンライン教師1年目の教室の開催 ~最終回です~ »

つれづれなるままに~娘夫婦の結婚記念日に~

●家内が、娘夫婦の結婚記念日に、恒例のプレゼントの準備をしていた。
 「お父さんも何かメッセージをお願い!」と。
 そこで次のように書いた。
★ ★ ★
   結婚記念日おめでとう!

       結婚      新川和江

呼びつづけていたような気がする
呼ばれつづけていたような気がする
こどもの頃から
いいえ 生まれるずっと前から

そして今 あなたが振り返り
そして今 「はい」とわたしが答えたのだ

海は盛りあがり 山は声をあげ
乳と蜜はふたりの足もとをめぐって流れた

ひとりではわからなかったことが
ふたりではわけなく解ける この不思議さ
たとえば花が咲く意味について

はやくも わたしたちは知って頬を染める
わたしたち自身が花であることを
ふたりで咲いた はじめの朝

 
 朝から「何回目の結婚記念日なんだ?」と会話を交わし、もう分からなくなっています。

 結婚記念日とは、この詩にあるように「ふたりで咲いた はじめの朝」を思い出すということでしょう。

 おめでとう。

 ささやかなプレゼントを受け取ってください。
 ★ ★ ★
 
娘の旦那は、「お父さんはロマンチックだな!」と(笑)。
 ★
 夫婦は、所詮「親しい他人」である。
 それぞれが違う環境や状況に育ってきている。
 それが一緒になって、うまく行くということそのものが所詮むずかしい。

 だからこそ、「はじまり」の意識(「ふたりで咲いた はじめの朝」)を二人で共有できること、それが結婚記念日であること、……そんな思いになる。
 ★
 「夫婦長続きする3ヶ条」。
 私がつくったものである。
 
1つ目は、本音で語ることをできるだけ少なくすること。
2つ目は、「そうだね」と「そ」のつく言葉を言うこと。
3つ目は、挨拶言葉を家族で言い合うこと。

 1つ目が大きな壁。
 「愛し合って一緒になった2人が本音で語り合えないというのはおかしなことではないですか!」となる。
 
 もう一度言いたい。
 夫婦は、所詮「親しい他人」である。
 離婚危機にある前夜は、きっと夫婦は本音丸出しの言葉をお互いに突きつけあう。深く傷つく。そこで離婚である。

 離婚というのは、ある日突然起こることではない。
 夫婦が一緒につくりあげてきたプロセスを、逆向きに1つ1つ否定してきて、最後に本音のぶつけ合いになる。

 「本音で語らないとするなら、何を話すのですか?」となる。
 本音は危険なことである。
 それを知っておかなくてはならない。
 
毎日の日常は、果てしなく広がっている。
 だからそこで、とりとめもないことを、とりとめなく話し続けるのである。
そのことがもっとも大切。

 2つ目は、「そ」のつく言葉。
 「そうだね」「そうなのか」「そうだろう」……。
 少々意見が違っても、こう言って頷いておく。
 ささいなことですれ違いを起こすことはないはずである。

 ある夫婦は、何回も離婚危機があった。
 奥さんが「今日は寒いね!」と一言言うと、旦那は「冬だから寒いのは当たり前だろ~」と返す。
 こんな会話を夫婦とも繰り返す。
 「そうだね!」と返しておけば、その一言でほっと暖まるのに、そうしない。
 だから、離婚危機を迎える。

 3つ目は、夫婦というより家族で習慣づけをすることになる。
 「おはよう」「おやすみなさい」「行ってきます」「ただいま」……こんな当たり前の言葉をかけ合う。
 当たり前の言葉で交わし合う家族、夫婦は健全である。

 
 この3ヶ条はなかなかうまくできている。
 当の私がきちんと実践しているかとなると、……(笑)。

 それでも私たち夫婦は、来年は50年目の金婚式を迎える。

家族は、すべてのなかで最も大切である。
 私の「24時間」は、家族の中にある。
 家族のために生きていく。
 家事を互いに分担しあいながら、働きに行き、家族の時間を大切にする。
これで充分なのである。
 
 この世のあらゆるものは、「繰り返し」によって成り立っている。
 だから、この24時間の「日常」を豊かに生き抜いていくには、きちんと「繰り返し」のわざを身に付ければいい。
 
 ところで、次のような問いかけもある。
「それじゃあ、本を出したり、講演をしたり、……と野中先生はされていますが、あれは何ですか?」と。
 
 あれは、25時間目のこと。
 「虚」業である。
 本来25時間目はないのだから、必要がないこと。
 しかし、どうしても25時間目をつくらなければならなかった、ということになる。
 どうしても自分の中に必然性があったのである。
 もちろん、24時間が犠牲になったり、家内の支えがなければできなかったことでもあるのだが……。
 
 虚業は虚しいもの。世の中は虚業にあふれている。
 家族の安寧をほとんど犠牲にして、虚業をさも大切なものとして考えていく人たちがいる。不幸になるのは分かっている。

 こんな発想から早く卒業することなのだ。

|

« つれづれなるままに~久しぶりです~ | トップページ | 第6回オンライン教師1年目の教室の開催 ~最終回です~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~久しぶりです~ | トップページ | 第6回オンライン教師1年目の教室の開催 ~最終回です~ »