« 『子どもの根っこを育てる 学級通信 スキル&実例』(明治図書)が出版された。 | トップページ | 申し込みが50名に到達しました! »

つれづれなるままに~知っているだけで、できていなかった~

●『教師1年目の教科書』(学事出版)が6版になった。
 うれしいことである。
 
 この本は、「守破離」という学習法の「守」の時期に身に付ける基礎・基本を入れ込んだものである。
 3年で、この本の8割程度を身に付けてほしいと願っている。

 前回のブログでは、「守破離」ということで友田真先生の学級通信の本を紹介した。
 
 教師の世界では、「守破離」で勉強しようとしても、「守」で学ぶべき基礎・基本がなかなかない。
 だから、サークルや組織に所属しなければ、最初から自己流になってしまう。
 
 実は、私も20代の時期は、その自己流であった。
 法則化運動が始まり、30代になって初めて基礎・基本を学び直したのである。
 「守」の時期に、基礎・基本を学ばなければ、いつまで経っても技量が上達することがない。
 
 だから、ベテランになっても、初任者レベルの授業しかしていない先生たちは数多い。
 
 これは、「守破離」の勉強法で学ばないで、最初から「離離離」でやっている。つまり、自己流なのである。
 
 精神科医の樺島紫苑氏は、そのような人を「りりりのおじさん」と言っている。
 次のように書かれている。
 「まず、何かを始めようと思ったとき、誰かに習うわけでもなく、入門書を読むわけでもなく、自分流でスタートする。そして、自分流で試行錯誤をし、自分流のスタイルを確立したつもりになっている。
 しかし、全く基本がなっていないので、上達もしないし、やっていてもおもしろくない。長く続けられずに、中途半端なところでやめてしまう、そんな、『りりりのおじさん』が多いのです。いきなり『離』から入ると、早々に学びから『離』れて、脱落してしまうという悲惨な結果になるのです」(『ムダにならない勉強法』サンマーク出版)

 もうベテランの先生は遅いかもしれない(ごめんなさい)。どうだろう?
 自己流が邪魔するからである。
 それでも、挑戦する先生はいるかもしれない。

 だが、中堅の先生は、これから「守」の基礎・基本を学び直し、「破」の時期に行くことである。

 「守」を身に付けるには、どうするばいいか?
 困ったことに、これがない。
 
 だからこそ、『教師1年目の教科書』を書いたのである。

●朝日新聞の「折々のことば」(鷲田清一)

 でも、僕は知っているだけで、できていなかった 山本昌

 50歳まで投げ続けた元中日ドラゴンズ投手は入団5年目、修行で米国に出される。戦力外扱いかと腐っていたら、派遣先の球団職員が「上から投げろ」「球は前で放せ」と頻繁に声をかけてくれる。知ってますよと言いかけたが、体全体の動きがそれらを軸に組み替えていなかった。「知る」のほうとうの意味をわかっていなかった。本紙「ひと」欄(1月21日朝刊)から。

  
●しもやけに悩んできた。ここ数年のことである。
 皮膚科を受診すると、血行障害だ、と。薬をもらう。

 今年はとくに寒いので、両足の指先がしもやけになっている。
 薬を塗っているけれども、一向に良くならない。
 
 そこで一計。
 血行障害なんだから、足の指先を動かしてみよう、と。
 とにかく、いろいろと動かして血流を良くしてみようと思ったわけである。 朝、昼、夜と動かしてみる。
 
 そうしたら、1日で痒みがとれ、2日で腫れもひいてきた。
 びっくりした。
 「なんだ!こういうことだったんだ!」と。
 ★
 そこで思い出したこと。
 
 経営コンサルタントの神田昌典さんから学んだことがある。

 ある期待する変化を起こしていくには、2つの重要なことがある。

 ①「ひとつ」を探し当てる。
ボーリングのピン10本を倒すためには、真ん中の1本を当てなければならない。望む変化を達成するためには、そのセンターピンの「ひとつ」を探さなければならない。
突破すべき、その「ひとつ」とは何か?

②毎日の儀式
  そのセンターピンのひとつを倒すために、毎日少しずつ行うべき小さな  行動とは?

 卑近な例で申し訳ないが、しもやけが治ってきたのには、この①と②を試みたからである。

自分がぶつかっているハードル(壁)を突破するには、これをやればいいのである。
 ぶつかっている壁を突破すべき「ひとつ」を探すこと。
 そして、それを倒すために行う小さな儀式を続けること。

|

« 『子どもの根っこを育てる 学級通信 スキル&実例』(明治図書)が出版された。 | トップページ | 申し込みが50名に到達しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『子どもの根っこを育てる 学級通信 スキル&実例』(明治図書)が出版された。 | トップページ | 申し込みが50名に到達しました! »