« コロナワクチン接種予約の途中経過~大変なことである~ | トップページ | つれづれなるままに~それでもオリンピックは開かれる~ »

6月になるとこんな相談事例が数多くなる!

 神奈川県厚木市の臨任の先生たちの研修会へ行く。
 録画撮影である。
 オンライン研修は、先日経験したが、この録画撮影は2回目。

 カメラに向かって話しかけていくわけである。
 ついつい話が長くなる。

 この臨任の先生たちは、採用1年目か2年目の先生たち。
 ほとんどがクラス担任をされている。

 ほとんど自己流で子供たちと関わっていることが予想される。

 この時期に相談される事例を3つ出して、それに答えることから始める。

 相談1 子供たちがざわざわしていて、落ち着きません。
     子供が勝手にしゃべったりしてしまいます。
     注意をすればその場は何とかなりますが、また同じようになってしまいます。どうしたらいいでしょうか。

 相談2 子供たちが思うように動かなくて困っています。
     何か指示をすると、すぐに文句が出たり、違ったことをやることが多いのです。
    だから、ついつい叱ってしまいますが、効き目はありません。
     どうしたらいいのでしょうか。

 相談3 学級が壊れかかっています。私の言うことに反発したり、授業が始まるのに5分もかかってしまうことがしょっちゅうです。
     これからどうしたらいいでしょうか。

 この状況に対して、指導教官は、えてして「あなたの授業がつまんないから、こうなるのですよ。授業を楽しくしなさい!」と指導してしまう。

 初めて担任をしている人たちが、すぐに授業を楽しくすることなんかできるわけがないのに、そんな無理な難題を突きつける。

 小学校では、毎日5,6時間の授業をしていて、その授業をいつも楽しく、おもしろいものにしている先生などいないはずである。
 だから、所詮無理難題。

 だがその先生たちも、授業が楽しくないという自覚症状があるので、一生懸命教材研究をしようとする。
 目が回るほどの忙しさの中で、うまく行くはずはない。
 結局、指導書をじっくり読んで、指導案をつくるなどということしかできない。
 
 原因は、授業のまずさなんかではないのに、見当違いなことに指導の先生も、その先生も、一生懸命になる。

 結局、うまくいかない。
 そういう事例があまりにも多すぎる。

 上のような状況になるのは、授業の課題というより、その前段階の問題なのである。

 話を聞くルールを子供たちとどのようにつくっているか。
 指示の仕方の基本原則をどのように実践しているか。
 子供たちとの基本的な関係づくりをどのようにしているか。
 学級づくりをきちんとしているか。

 このようなことをきちんとやっていないか、いい加減に済ませてしまっている。
そのために上の相談事例のクラスになるわけである。

 これを指導教官は、教えていかねばならないのだが、最初から授業の指導ばかりをしてしまうために、この課題がいい加減になる。
だから、上のようなクラスの状況になる。
 ★
 録画の講座は、90分。
 やはり、対面の講座がどれほどいいものか、しみじみ納得する。

|

« コロナワクチン接種予約の途中経過~大変なことである~ | トップページ | つれづれなるままに~それでもオリンピックは開かれる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナワクチン接種予約の途中経過~大変なことである~ | トップページ | つれづれなるままに~それでもオリンピックは開かれる~ »