« 値踏みの時間(1) | トップページ | 勝負の1ヶ月が終わろうとしている(1) »

値踏みの時間(2)

 どうしても最初にやっておかなくてはならないことがある。
 次の2つ。
 これは、子供たちを担任として動かしていくための基本の基本である。

  ①担任の話を聞かせる約束(ルール)を身に付けさせること。
  ②指示の基本を徹底すること。

 これがちゃんとしていないから、クラスが落ち着かなくなるのである。

 さて、①についてどうするのか。
 
 始まってすぐに指導することがある。

 Aこれから先生や友達が話すときには、黙って話に耳を傾けます。
  おしゃべりをしたり、手いたずらをしたりして、聞いてはいけ 
  ません。

 このような指導は、どの先生でも最初にするはずである。
 ところが、初任者などは、1回指導して終わりにする。
 他にやることがいっぱいあるので、1回指導しておけばいいだろうと思っているわけである。わかっていない。

 次の指導をしなければならない。

 B 今から先生は、大事なことを話しますから、黙って聞きます。
  勝手にしゃべってはいけません。最後まで聞いてから分からない
  ことを質問します。

 当然、途中でぺらぺらしゃべりだす子供がいる。4,5人。
 その子たちには、「最後まで聞いてから質問しなさい!」と注意をする。

 私が担任しているときには、次のことを付け加えておいた。

 C でも、途中でどうしても話したいことが出てきたときは、手を
  挙げなさい。そしたら、その人に当てますから。

 ぺらぺら話し出す子供を意識している。
 この子供たちは、今までの生活習慣で、思ったことをすぐに言葉にしてしまう癖がついてしまっている。
 すぐに、治すことができない。
 その子たち向けに③を出している。
 必ずぺらぺらと話す。悪気はない。無意識なのだ。
 その時は、「ほらAさん、手を挙げなさい!」と注意できる。
 まずは、自分でぺらぺら話していることを自覚させなければならない。

 2,3人は、その習慣が改まることはなかなかない。
 それでも、クラス全体は、話を聞く姿勢ができあがる。
 ★
 次の基本がある。

 ②指示の基本を徹底すること。

 学期最初に、担任が子供たちに投げかけることは、ほとんどこの「指示」の言葉。
 「廊下に並びましょう!」
 「ロッカーを整頓しなさい!」
 「算数のノートをしまいます!」
 …………
 ただ、忙しいために、指示が出されても、その「確認」をしない。
 出しっぱなしである。
 子供たちは、次から次に出される指示に戸惑う。
 そのうちに、「先生が言うことはテキトウに聞いておけばいいや!」となる。 

  「指示―確認―フォロー」という原則がある。

 「廊下に並びましょう」という指示を出したら、担任は、きちんと並んでいるのか「確認」をしなければならない。
 並ばないでうろうろしていたら、「Aさん、きちんと並びましょう!」と注意しなければならない。
 これが確認。
 そして、「フォロー」が付け加えられたら、ますます良い。

 ところが、現在初任者指導をしている先生に聞いたら、確認まではすぐにできるようになるらしいが、この「フォロー」がなかなか出せない。
 余裕がないのである。

 フォローとは、ほめたり、認めたり、励ましたりすること。あるいは、否定したり、叱ったりする場合も出てくる。

 このフォローを自在に使えるようになれば、1つ上のレベルに上がることができる。
私は、子供たちの活動や発言などに対して、即座にフォローできる言葉を身に付けておきたいと勧めている。

 たとえば、私はSWIM話法と言う。

 S……すごい、すばらしい、さすが、その調子
 W……わかる
 I ……いいね
 M……みごとだね

 この程度の、みじかいフォローは即座に出して、子供たちの活動を認めていくようにしたい。


|

« 値踏みの時間(1) | トップページ | 勝負の1ヶ月が終わろうとしている(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 値踏みの時間(1) | トップページ | 勝負の1ヶ月が終わろうとしている(1) »