« まず「学級をつくる」こと~ここから始める~ | トップページ | マンガ本が発売される! »

つれづれなるままに~あれから10年~

 NHKの近江友里恵アナウンサーが、3/5(金)のあさイチを最後に退職された。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/ee95706658adc4aa686cf5fc49fed617edeaccee
 
 私はブラタモリからの近江アナのファンだった(笑)。
 飾らない人柄がとても好感が持てた。
 いつまでも素人のような素地を残しているようなアナだった。

 最後のあさイチは、近江さんが涙する場面もあったが、最後に「マチづくりをこれからの目標にしたい!」ときっぱりと話をしていた。

 ★
 はじめがあれば、かならず終わりがある。
 これは世の必然。

大切なのは、「そのあと」なのである。

 詩人谷川俊太郎さんは、書いている。

  そのあと

 そのあとがある
 大切なひとを失ったあと
 もうあとはないと思ったあと
 すべて終わったと知ったあとにも
 終わらないそのあとがある

 そのあとは一筋に
 霧の中へ消えている
 そのあとは限りなく
 青くひろがっている

 そのあとがある
 世界に そして
 ひとりひとりの心に

●書棚から一冊の本を取り出す。
 ターシャ・テューダーの本『思うとおりに歩めばいいのよ』(メディアファクトリー)。
 この本には、ターシャ・テューダーの言葉が込められている。

 ターシャは、アメリカを代表する絵本作家。
 アメリカ、バーモント州の山中で、ほとんど自給自足の生活をしながら、花を育て絵を描いて過ごしていた人。
 彼女が育てる広大な庭は、全世界の庭師たちの憧れの的になっていた。
 NHKでも何度も放映されていたので知っている人もいるであろう。
 92歳で亡くなっている。

 ターシャの、この本を読むとほんとに癒やされる。
 気持ちがほんわかと温かくなる。

 「家事をしている時、あるいは納屋で仕事をしている時、これまで
  の失敗や過ちを思い出すことがあります。
  そんな時は考えるのを急いでやめて、スイレンの花を思い浮かべ
  るの。
スイレンはいつも、沈んだ気持ちを明るくしてくれます。
  思い浮かべるのは、ガチョウのひなでもいいんだけど。」

 「子ども達は『これまで大変だったでしょう?』と言うけど、 
  そんなことは全然ないわ。
  わたしは人生をバケーションのように過ごしてきました。
  毎日、一刻一刻を楽しんでね。」

 「これまで、よくやってきたと思いますが、
  みなさんにお伝えするようなメッセージはありません。
  もし、わたしに人生哲学のようなものがあるとすれば、
  ソローの言葉がよく代弁しています。
  『夢に向かって自信をもって進み、思い描いた人生を生きようと
  努力するなら、思わぬ成功を手にするだろう』
  まったくそのとおりです。
  この言葉は、わたしの人生そのものです。」

 最後のソローの言葉を引用しての人生哲学は、開拓者精神を活かした良きアメリカの心根を表している。

●3月11日がやってくる。
 あれから10年が経とうとしている。
 
 この間に、気仙沼や、石巻を訪れた。
 気仙沼には、震災後数ヶ月のあと。
 石巻には、復興が始まっているところへ。

 言葉がなかった。

 あれから10年。
 私たちは、何が変わったのであろう。

|

« まず「学級をつくる」こと~ここから始める~ | トップページ | マンガ本が発売される! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まず「学級をつくる」こと~ここから始める~ | トップページ | マンガ本が発売される! »