« つれづれなるままに~繰り返し話法ということ~ | トップページ | つれづれなるままに~73歳の誕生日を迎えました~ »

毎日、机を消毒することは止めましょう!

 日本中の学校で、感染対策として教室の机を毎日消毒するという作業を先生たちはやってきたはずです。
 これはものすごく負担になったと聞いています。
 毎日ですから。
 「働き方改革」だといいながら、先生たちに押し寄せる仕事の量ははんぱではないわけです。
 それも、こういうコロナ感染の状況だからというのが言い訳になっています。
 ★
 このことについて、国立病院機構仙台医療センター・ウィルスセンター長 西村秀一先生は、次のように言われている。

 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14597410.html?_requesturl=articles%2FDA3S14597410.html&pn=2

 ★ ★ ★
 多くの学校では毎日のように先生たちが机を消毒してきました。メディアや専門家が「接触感染」のリスクを強調してきたためでしょう。しかしウィルスは細菌と異なり、感染者の体外に排出されると時間が経てば死にます。新型コロナも、ある研究でプラスチック面で長く生きるとされていますが、データをよく見ると1時間で生きているウィルス数が10分の1程度に減っていました。
 仮に感染者が校内にいても、机に付着する数は極めて少なく、時間経過でウィルスが死ぬことも考えると、こうした負担を続けるほどの意味はありません。文部科学省も8月、過度な消毒は不要とマニュアルを改訂しました。私は手洗いも毎回せっけんで30秒も行う必要はなく、ウィルスは流水で十分落とせると考えています。
 このように学校で続いている感染対策の中には、科学的な根拠はあるように見えても、一つ一つ突き詰めると確固とした根拠のないものが多くあります。
 ★ ★ ★

 「なあんだ、そんなことなのか!」と。
 こういう先生たちの負担は、即刻止めるべきです。

|

« つれづれなるままに~繰り返し話法ということ~ | トップページ | つれづれなるままに~73歳の誕生日を迎えました~ »

コメント

山中です。
うちの学校でも学年職員が放課後の時間を使って消毒をしています。
アルコールにかわる次亜塩素酸水などをつかって30分程度やっています。効き目が怪しいもので,しかも時間外の仕事を平気でお願いする校長にはあきれます。空き時間は,教材研究や生徒指導などが入るので,消毒するのはやはり放課後になります。
先日の職員会議で「文科省が過度な消毒はしなくてもよいと言っています。」と発言しても,校長は,従来どりの消毒をお願いしますの一点張りです。
加えて部活動の前後にも消毒をしなさいなどと市教委からの通達があります。休日にボランティアでやっているのに,こんなことまで教員がやる必要があるのでしょうか。そこまでいうのであれば,消毒は民間に任せるか,できなければ部活動は中止とするべきではないでしょうか。「コロナ」を理由にして,働き方改革とは反対方向へと進んでいるのが現状です。

投稿: 山中太 | 2020年8月25日 (火) 21時06分

8月6日付のマニュアルを読んで、ワンペーパーのレジメを作り、速攻でやめさせました。

投稿: kawamu | 2020年8月25日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~繰り返し話法ということ~ | トップページ | つれづれなるままに~73歳の誕生日を迎えました~ »