« 授業、授業と必死になってはいけない(2) | トップページ | つれづれなるままに~なりすまし詐欺にあう~ »

つれづれなるままに~外郎売りを覚えて~

 「シゴトのヒント365」(神田昌典) に次のようなことが載っていた。

「問題の本質的な答えは、目に見えるところではなく、
 誰も注目しない「裏」だったり、
 「間」だったり、または「ゴミ箱」の中などに
 隠されています。片っ端から写真を撮って、
 あとから写真の中に答えを探してみると、
 ほぼ確実に、とんでもない宝物が発見できます。」

●午前中に、3000歩歩くことを課している。
 家の中を歩くのだが、その歩いているときに、暇なので、暗唱をすることにしている。
 ながら族なので、何かをしながら、そのことをやる。
 
 最初は、滑舌などを行っていたのだが、最近は、「外郎売り」を覚えている。
 これは、有名なたたき売りの言葉で、最近は、海老蔵の息子の舞台のデビューは、この「外郎売り」だとテレビで言っていた。

 私はネットで調べて、手に入れたのだが、A44枚びっしりである。

 これを歩きながら、覚えるのである。
 これは老人でも覚えられるのかなと最初思ったものだが、できるのである。
 調子が良いので、すらすらと覚えられる。

 最近は、全部言えるようになっている。
 すらすらと出てくる。
 それでも、1年間かかったのだが…。
 毎日ちょこちょこと少しずつ覚えたわけであるから。

 「拙者親方と申すは、……」から始まり、「…ホホ敬って、ういろうは、いらっしゃりませぬか。」で終わる。
 今日も、今言い終えたばかり。

 老化は、確実に声から始まる。
 認知症予防と老化防止のための、ささやかな抵抗である(笑)。
  
●NHKの「クローズアップ現代」で、木村花さんの問題を取り上げていた。
 この問題は、さまざまなメディアに取り上げられている。
 私も、いくらか冷静に花さんの問題について考えられるようになった。

 確実に分かるのは、22歳の花さんが、この中傷ツイートに耐えられなかったということである。
 
 例えば、今小学生のほとんどが、ユーチューブに熱心だと聞いている。
 だから、将来の夢は、「ユーチューバーになること」という子供たちが増えているらしい。
 今の若者たちが、いかに「人からどう見られているか」「人にどう見られたいか」「人とどう付き合うか」という世界だけで生きているかがよく分かる現象である。
 これは、辛い世界だ。

 こんな辛い世界で、毎日100通も越える中傷ツイートで攻められたら、ひとたまりもないのではないか、と。

 クローズアップ現代では、最後に花さんの母親Kのツイートで締めくくっている。
 
「皆さんにお願いがあります」「どうか花のことでご自分を責めないでください。他の誰かを責めないでください。なにかを恨まないでください。ヘイトのスパイラルを止めてください。」「もうこれ以上こんなことが起こらないように 花が望んだやさしい世界に少しでも近づけるように」と。

 K(私たちはキムコと呼んでいた)は、連絡が取れない花さんのマンションに最初に駆けつけて、亡くなっている花さんを見つけている。
 救急車が駆けつけてきたときには、花さんのそばで泣き崩れているKがいたと報道は伝えている。

 その様子に、冷静ではいられなかった。
 人を許すことは、人にとって一番むずかしいことである。
 Kは、それをやっている。
 

中傷する連中が、これからどんな人生を送るか知っておかなくてはならない。
 ある哲学者は、言っている。
「その人の人生はその人の口から出た言葉の方向に進む」と。

 こうして人を否定する言葉ばかりを連ねて中傷していると、その人の人生は、自らそうなっていくのである。
 もうなっているのかもしれないのだが…。

|

« 授業、授業と必死になってはいけない(2) | トップページ | つれづれなるままに~なりすまし詐欺にあう~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業、授業と必死になってはいけない(2) | トップページ | つれづれなるままに~なりすまし詐欺にあう~ »