« 授業内容を理解させる大変さと言ったら手術の比じゃない!~読書欄の投稿から~ | トップページ | ある保護者の方からのコメントに反応して(1) »

つれづれなるままに~ちょこちょこ時間で成り立っている~

●「5分草取り」を毎日やっている。
 何にでもこうして名付ける(笑)。
ネーミングは大切である。

 庭の草取り。
 決して広い庭でもないが、まとめて草取りをしようと思うと大変。

 そこで毎日5分間だけちょこちょこと草取りをする。
 続けているときれいになってくる。
 5分だから負担もない。
 ★
 今までやってきた仕事や家事などについて、まとまった時間で行うという発想はない。
 ちょこちょこ時間を繰り返す。

 こういう発想になったのは、次の本を読んだことになる。
 
『ありきたりの毎日を黄金に変える言葉』(ジョン・C・マクスウェル 斎藤孝監訳 講談社)の中に、「最も価値ある教訓」がある。

 ★ ★ ★
 米国の教育者であり、作家でもあるジョン・アーキンスは、14歳の時に人生で最も価値ある教訓を学びました。習っているピアノの先生が、彼にこう尋ねたのです。
 「あなたは週に何回、どのくらいの時間練習するの?」彼は、毎日1回、1時間強は練習するようにしていると答えました。すると、先生が言いました。
「それじゃ、だめだわ。大人になると、時間というのはまとめて長く取れなくなるものなの。たった数分でも、時間が取れたらいつでも練習しなさい。5分か10分でもいいから、学校へ行く前や昼食後や、日常の雑用の合間にね。練習を一日の全体に広げていけば、音楽はあなたの一部になるわ」
 彼女のアドバイスは、見事に役立ちました。アーキンスは、ニューヨークフィルハーモニックで演奏するピアニストになり、後にジュリアード音楽院の校長、またメトロポリタン・オペラ・アソシエーションの演出家としても活躍したのです。そのコロンビア大学で文学を教え、45冊の本を執筆しました。最も有名な作品『トロイのヘレン――憧れる魂』は、コロンビア大学へ通勤している時に書かれたものです。
 ★ ★ ★

 ★
 このアドバイスは、私にも、とても役立った。
 私の取り柄は、「続ける」というのが得意なことなのである。

 今もこうして立ってパソコンを打っている。
 もう5年以上になるのではないか。

 それまではコタツでパソコンを打っていたのだが、両肩が五十肩になってしまって、その原因がパソコンにあることが分かったのである。

 それ以来、こうして立ってパソコンを打つことにしている。
 棚に段ボールを置いて、そこにパソコンを備え付けた。
 
 立ってパソコンを打っていると、長時間がなくなる。
 ちょこちょこと他のことをしながら、その合間でパソコンを打つということになる。
 最近の『教師1年目の教科書』『初任者指導の教科書』の2冊の本も、ちょこちょこと書き繋いできて仕上げたものなのである。
 立って書いた原稿である。

 私の日常は、このちょこちょこ時間で成り立っている。
 何かまとまってしようとは思わない。
 そんな発想はない。ちょこちょこである。
 でも、退屈をするということがないことだけは確かである。

●70歳になって始めたことが、けん玉と数独である(笑)。
 認知症予防になるということらしい。

 けん玉は、なかなか上達しない。
 飛行機の5級は、まあまあ。
 ふりけんの4級は、まだまだ。
 今は、3級の日本一周に挑戦している。
 遅々とした歩みだが、これも隙間時間にちょこちょこと練習している。

 数独は、朝日新聞の土曜日の数独クイズに毎週応募している。
 難易度が3か4は、何とかできるようになる。
 だが、難易度が5は歯が立たない。まったくできない。
奥が深いわけである。

 数独は、みごとに「守破離」の技術上達が試される。
 今は、「守」の段階。
 基本技術が、3つほどで何とかなる。
 今は、「破離」を目指さない。
 じっくりと「守」の技術をマスターする段階である。
  

 

 

|

« 授業内容を理解させる大変さと言ったら手術の比じゃない!~読書欄の投稿から~ | トップページ | ある保護者の方からのコメントに反応して(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業内容を理解させる大変さと言ったら手術の比じゃない!~読書欄の投稿から~ | トップページ | ある保護者の方からのコメントに反応して(1) »