« つれづれなるままに~果たして5月6日で終わるのだろうか~ | トップページ | つれづれなるままに~初任者指導の教科書の本が2版になる~ »

コロナ後の学級運営をどうするか?(1)

 岐阜、大阪市が休校の措置を5月31日まで延長している。
 おそらく、他の都道府県も、いずれこのような措置を取って行くであろう。
果たして、これだけの期間で終わっていくのであろうか。

 コロナの終息は、とても短期間で決着がつかないと予想される。
 長期戦である。
 ★
 はっきりしているのは、いずれ学校は再開するということだけである。
 その間に何を準備して行くのか。
 それが学校に問われている。

 もはや、文科省や教育委員会を頼りにするわけにはいかない。
 ほとんど右往左往していて、これからのことについて方針を出すことはできない。
 トップが右往左往しているので、その下にいる組織が独自に動いていくことはできない。
 

 学校で準備することは、「コロナ後の学校運営、学級運営」になる。
 多くの先生たちは、とてもそんなことを考えられない。
 「これからどうなるのだろうか?」「勉強していないことをどうようにしていったらいいのだろうか?」ということを不安に思っているはずである。

 しかし、先生たちは、「コロナ後の学級運営」については、自分なりの方向を準備しなくてはならない。
 まだ、そんなことを考えることさえできないと言われるかもしれない。

 もう一度繰り返すが、いずれ学校は再開する。
 このことだけははっきりしている。 
 その時に備えていくことである。時間はあるではないか。

 一歩先を構想する。
 ★
 ここで考えておかなくてはならないのは、3月の休校と4月からの休校は、まったく違うということである。

 3月の休校は、まとめの時期での休み。
 4月からの休校は、始めの時期での休校。

 3月の休校は、まとめができなかったのである。
 だから、それは次の学年で補充はできる。

 しかし、4月からの休校は、「初めの時間」を失うということである。
 この損失は、はかりしれないほどである。

 たとえば、学級経営にとって、初めの1ヶ月は勝負の時間。
 この1ヶ月で、ほぼ8割が決まってしまう。
 この時間を取り戻すことは、よほどの力量がないとむずかしい。

 その4月の1ヶ月は、かけがえのない時間。

 もちろん、全国では、この初めの時間を持った学校もある。

 でも、2回目の緊急事態宣言を受けて、どうなるのか。それは、各都道府県に任されている。

 「開始時期に、その4月の1ヶ月をやればいいのではないか?」と言われるかも知れない。
 もちろん、そうする以外にないのだが、条件が違ってくる。

4月の最初だという子供たちの気持ちや、先生たちの気持ち、学校の雰囲気などすべてが無くなっている。
 
 ここで始めなくてはならないのである。
 これがどんな影響を与えるのか、誰も分からない。
 経験したことがないからである。

 コロナ後の学級運営。
 何が課題になるのか?

 3つが具体的に課されてくると思われる。

  ①学級をどう始めていくか。
  ②子供たちとの関係をどのようにつくっていけばいいか。
  ③履修すべきことになっている単元をどのように履修させていくか。

 とりあえず、この3つが課される。

 これについて、準備をしなければならない。

 これは、学校が初めて経験する事態なのである。
 今までの実践が何もないわけである。

 どうするか?
 これについて、私ならばどうするか。
 1つひとつ考えていきたい。       (続く)
 

|

« つれづれなるままに~果たして5月6日で終わるのだろうか~ | トップページ | つれづれなるままに~初任者指導の教科書の本が2版になる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~果たして5月6日で終わるのだろうか~ | トップページ | つれづれなるままに~初任者指導の教科書の本が2版になる~ »