« コロナ後の学級づくりをどうするか?(2) | トップページ | コロナ後の学級運営をどうするか?(3)~子供たちとの関係づくりを考える~ »

つれづれなるままに~これからのコロナ感染を予測する~

 日本でのコロナ感染者が1万人を越えた。
 
 このコロナ感染は、大きく日本を揺り動かし(もちろん世界を揺り動かしているわけだが)、私たちの日常をもさまざまに変えている。

 この状況をずっと注目してきた。
 私の人生の中で、3・11の東北大地震は大きなできごとであって、もうこれほどのできごとが再び起こってくるとは思われなかった。

 だが、その予測はみごとに裏切られた。
 再びコロナ感染が襲ってきたのである。
 ★
 この間に、私の素人判断で見つめてきた事態を素描しておきたい。

 隣の韓国が、今回の総選挙で与党政権のコロナ対策の評価が大きくて、与党が、圧勝したニュースを伝えている。

 韓国は、最初から検査・隔離を徹底して行い、封じ込めに成功している。
 ドライブスルーの検査態勢は、いくつかの国がマネをするほどであった。
 日本でも新潟県が行っている。

 一方の日本は、最初にクラスター発生に的を絞っての取り組みであった。
 検査をするのは重症者で、いまだにPCR検査が少ないことが問題になっている。

 これだけ問題にされながら、なぜPCR検査をしなかったのか?

 考えられたのは2つ。

 ①厚労省が検査へのルートを絞ってきたことによる。
 ②医療崩壊を防ぐため。

 ①のルートの絞り込みは、その目安に、1つに風邪の症状や37,5度以上の発熱が4日以上続く、2つ目には、強いだるさや息苦しさがあるとしたことである。
 その場合に、まず帰国者・接触者相談センターへ相談し、それから受診をする、そして医者が必要と判断した段階でようやく検査が受けられる。

 しかし、この場合でも、まず電話がつながらない、たらい回しをされるなどの苦情があいついだわけである。

 ②の医療崩壊である。
 今でもその事態が間近に迫っているのである。いや、もう始まっている。
とくに、院内感染が広がっている。
 
 韓国は、最初の数人の感染者が出た段階で、医療の備えを急ピッチに進めている。
 そこでの成功は明らか。

 ところが、日本はクルーズ船問題があり、最初の感染者からこれだけの時間があったのに、いまだに医療の備えができていない。呆れるほどである。
少なくとも3ヶ月の期間があった。何をやっていたのだろうか。

 ★
 なぜ、厚労省が検査ルートを絞り込んだのか。

 私は、そこにオリンピックがあったのだと判断した。
 とにかく、オリンピックを中止にさせたくない。
 安倍政権の悲願なのである。
 だから、日本はそんなにたいしたことはないと装わなければならない。
 そのため、感染者を数多く出したくない。
 
 考え出されたのが、検査ルートの絞り込み。

 その結果、オリンピックは1年延期になった。
 一応は目的達成できたわけである。
  
だが、検査を絞り込んだ結果、重症者対応はできたのだが、軽症者や、そして無症状者は野放しになったのである。
 これらの人たちが、感染を広げていったことは明らかである。
 
 それが、今日の結果ではないのか。
 韓国と真逆の方針をとった結果が、こうなっている。
 ★
 緊急事態宣言が、最初は7都道府県、そしてすぐに全国に発出された。
 
最初の合い言葉は、クラスター感染をさせないということで、「三密を避けよう」ということであった。
 
 緊急事態宣言が出てから、「不要不急の外出は止めよう」ということになった。
 
 そして2回目の緊急事態宣言のあとには「外に出ないで自宅にいよう」ということが強調されるようになった。

 これからどうなるのだろうか。
 誰も予測できない。
 素人判断で、これまでとこれからのことを考えるとどうなるか。
 ひとつやってみよう。

 ①東京都の感染者数が100人から200人の間を続けている。
  私は、市中感染の状況からもう少し多くなることを予想したが、急激に 増えることは今のところない。
  検査の数が多くならないからである。
  あれほど政府は、検査を増やそうと宣伝をしているが、増えていない。 一説によれば、希望者の5%ぐらいしか検査をしていないという状況らし い。医療崩壊への警戒であろうが、かえってそのことで院内感染を蔓延さ せている。
  だから、これからも感染者は数多くならない。しかし、減らない。
  ずっと同じような人数で推移していく恐れがある。

 ②これからは、感染者数で判断できない。
  今最も注意して見ておかなくてはならないのは、死亡者の数である。
  これが増えている。
  この数が増えているということは、それだけ感染者が増えていると思わ  なければならないということらしい。

③この曖昧な政策をとらせているのは、専門者集団が、政府と一体化して  進めてきた、その結果と考えられる。
緊急事態宣言も、4月1日に出さねばならなかったが、1週間遅れた。
  その遅れが、さらに感染を広げたと言われている。
  政府の経済対策に押し切られて、コロナ対策が遅れ遅れになっている。
  今の時期は、1週間というのが大きいらしい。

 ④アジアの中国、台湾、韓国が完全にコロナを押さえ込んでいるという事  例が出されているのに、そのやり方を模倣しようとしていない。
徹底した検査、隔離のシステムが取れないのである。
  日本だけが、国民に自粛を促すという方法だけで進めている。
  これは何だろうか。
  この方法で押さえ込めると思っているのだろうか。

 ⑤これからのコロナ感染について、どうなっていくのか。
  これも予測を立ててみよう。

  A いずれ終息する。
   他の国みたいに感染は広がらないで、今の状態をキープして 
   そのうちに終息していく。

  B 感染爆発をする。
   感染が地方にも広がり、院内感染も爆発し、ロックダウンしなけれ
   ばならない事態になる。

  C ずっと今の状態が続いていく。
   今の感染状態がずっと引き続いていく。いつ終息するかも分からない
   ままに続いていく。

  D 第2波、3波が押し寄せてくる。
   一旦収まりかけてくるが、また感染者が増えてくる。

  政府は、Aになる立場で推進しているようである。
  日本国民は、ほとんどがこうなることを願っているはず。
果たしてそうなるかどうか。

 
 しかし、これだけのシナリオでは危険だ。
 必ず複数のシナリオを考え、その準備をしなければならない。
 とくに、Bのシナリオは、最悪のものだが、覚悟して準備しなければならない。

|

« コロナ後の学級づくりをどうするか?(2) | トップページ | コロナ後の学級運営をどうするか?(3)~子供たちとの関係づくりを考える~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナ後の学級づくりをどうするか?(2) | トップページ | コロナ後の学級運営をどうするか?(3)~子供たちとの関係づくりを考える~ »