« 「算数学力向上メソッド」の結果です~C評価が一人もいなくなった~ | トップページ | 1回だけの初任者研修会~良いクラスをつくろうとしなくていい~ »

課題はもっと手前にある~秦先生からの紹介~

 フェイスブックで「味噌汁・ご飯」授業研究会会長の秦安彦先生が、以下のように本の紹介をしてもらっています。ありがとうございます。
 ★ ★ ★
●課題はもっと手前にある。
「それ、初任者レベルのこと・・・」
ということが現場ではしばしば言われます。
つまり、指導の基礎・基本がそもそもできているかということだと、私は思います。
この基礎・基本をぐっとシンプルに絞り込んだ本を前「味噌汁・ご飯」授業研究会の野中信行先生、小島康親先生が書かれました。カタチは「初任者指導の教科書」と初任者指導をする立場の先生向けになっています。
が、「初任者レベルのこと」を今一度ふり返るためにも、すべての先生方に読んでいただきたい本です。
特に、pp.136-137は、コンパクトに次のことが示されていて重要です。
(1)教師としての6原則
(2)子供とのかかわりの中で
(3)学級をつくる
(4)授業をつくる
2ページに、「初任者レベル」のことが凝縮されています。
シンプルに核心を共有していただければと思います。
https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-296919-5
 ★ ★ ★

|

« 「算数学力向上メソッド」の結果です~C評価が一人もいなくなった~ | トップページ | 1回だけの初任者研修会~良いクラスをつくろうとしなくていい~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「算数学力向上メソッド」の結果です~C評価が一人もいなくなった~ | トップページ | 1回だけの初任者研修会~良いクラスをつくろうとしなくていい~ »