« つれづれなるままに~良いお年をお迎えください~ | トップページ | 学級崩壊の現在(2)~崩壊した先生の共通の特徴~ »

学級崩壊の現在(1)~ベテランの先生のクラスの崩壊~

 新年明けましておめでとうございます。
 三が日は天候も良く、気持ちよく過ごせました。
 寒いのですが、それでもこの気候は、いつもの冬より暖かいのだということです。
早速ですが、新年から暗い話題に行きます。


 学級崩壊アンケート調査に協力してくださいとお願いしたところ、数多くのアンケートが集まった(まだ全部は集まっていないが)。

 その中で、注目されたのが次のこと。

 
  ベテランの先生のクラスの崩壊(特に50代の先生のクラス)。
 

 これにはちょっと驚くばかり。数多い。
50代でクラス担任をやられているのは、まだ元気で、今までがんばってこられた先生である。

 中には、今まで学級経営では評判を得てきた先生のクラスもある。
 今まで力量があると自他共に認めてきた先生。

 その先生たちが、学級崩壊の憂き目にあっている。

 何が起こっているのか。

  ①自分なりに進めてきた学級経営が、現在の子供たちに通じなく
   なっている。
  ②ずっと叱りっぱなしの指導が、子供たちから反発を招いている。
  ③「現在の子供たち」の子供理解がずれまくっている恐れがある。

 
 ②に注目する。
 最初から「叱る」ことばかりで指導をしている。
 また、崩壊の結果として「叱りっぱなし」になるという場合もある。

 だが、共通しているのは、「縦糸」の張りすぎであることははっきりしている(縦糸を張るのは、決して「叱る」ことではない)。
 もはや、縦糸を振り回す時代が終わったと言えるかもしれない。
 子供たちに通じなくなっている。

 それでいて、「横糸」ばかりでいいのかというと、そういうことにならないからむずかしい。
 
 初任の先生たちが陥っていくのは、「仲良し友だち先生」。
 横糸ばっかりで、子供たちと関係をつくろうとする。
 これも、学級崩壊になっていく。
 数限りない事例がある。

 ★
 今の子供たちの多くが、担任に求めているのは、「安心感」である。
 安心して教室に通っていける状態をつくってほしいと願っている。
 これは、決して声には出てこない。

 30年、40年前には、決して求めていなかったことである。
 安心できる状態は、すでに教室に保持されていた。
 子供たちは、教室では、すでに「仲間」の状態だったからである。
 
 ところが、現在は、いついじめなどに会うか分からない。
 机に座っていたら、いつ後ろから殴られたり、いじめられたりするか分からないと、いつも警戒をしなくてはならない。
 
 だから、担任には、教室を安心できる状態にしてくれることを願う。
 学級の8割の子供たちは、それを願っている。

 ここが昔なりの学級経営を変えなければならない1つのポイントになる。
 
 できるだけ早く教室の仕組みをつくり、しっかりした教室のルールをつくりあげなくてはならない。
 これが本来の縦糸を張ること。
 キーワードは、「安心感」なのである。

 朝教室にきて、どういうように動いていけばいいかが決められていて、しかも、その動きが、子供たち自らでできるように、仕組まれていなければならない。
 ここが勝負なのである。
1週間で、その仕組みがつくられ、定着するのに1ヶ月がかかる。
 
 おそらく、昔ながらの学級経営を続けている50代の先生たちは、ここの切り替えができていないのであろう。
  (つづく)
 
 

|

« つれづれなるままに~良いお年をお迎えください~ | トップページ | 学級崩壊の現在(2)~崩壊した先生の共通の特徴~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~良いお年をお迎えください~ | トップページ | 学級崩壊の現在(2)~崩壊した先生の共通の特徴~ »