« 学級崩壊の現在(1)~ベテランの先生のクラスの崩壊~ | トップページ | 2日間の学級補助(1)~明日も野中先生お願いします~ »

学級崩壊の現在(2)~崩壊した先生の共通の特徴~

 崩壊をした多くの先生たちの共通の特徴がある。

  ①時間を守れない。
  ②整理整頓ができない。
  ③笑顔がない。
  ④認めない。ほめない。

 崩壊の結果として、こういう特徴が出てくるというのは、よく分かることだが、もともとの、その先生の要素でもある。

 これは何だろうか。
 
 (1)で書いたことだが、クラスの子供たちの多くが、担任に求めているのは、「安心感」なのである。

 よくみれば、この4つとも「安心感」を阻害し、「不安」を生み出すものである。
担任そのものが、「不安」な存在。
これでは、崩壊を招いていると思った方がいいのである。
 ★
 ①の時間のこと。
 学校は、そもそもが「時間」によって成り立っている。
 1時間目から6時間目の授業。基本的には、それによって構成されている。

 それをきちんと守れないというのは深刻である。
 
 授業の時間を守れない。いつも授業で「空白の時間」をつくる。会議や研究会には遅刻する。締めきりの文書を守れないなど、すべてにルーズ。

 子供たちは、ゲームで身に付けた「スピード・テンポ」が染みついている。
 時間のルーズさ(とくに、「空白の時間」の多さ)は、不快感を増す。

 時間をきちんと守り、スムーズに進行する。
 これは、子供たちに「安心感」を与える大切な要素。

 ②の整理整頓のこと。
 教室や職員室の自分の机の乱雑さに表れる。
 ひどいことになると、教室中にぞうきんやゴミが散乱する。
 子供たちは、自らごみを拾ったりしない。放置される。
 
 担任は、平気。その状況が見えない。
 その乱雑さは、子供たちの心を不安定にする。

 ③の笑顔のこと。
 無表情で、笑顔がない先生。
 最初は、穏やかな表情だったのが、崩壊しだしたら、怒りの顔になっていく。
 子供たちへの怒りや虚しさが顔に出てくる。

 しかし、笑顔でいるというのは、子供たちに大きな「安心感」を与える。
 
 楽しくもないのに笑えないと言う人もいる。確かにその通り。
 
 でも、教師としての役割を演じるには、必要な演技なのである。
 子供たちにとっては、最も大切な心得である。
 
 ④の認めない、ほめないということ。
 このことが、子供たちに「安心感」を与えるのだということが分かっていない。

 山口県に福山憲市先生という有名な実践家がいる。
 その福山先生が、学期最初の図書室指導で、「教室から図書室まで行くときに、10個の『ほめてん』を設けます!」と言われたことがある。

 「ほめてん」とは、ほめていく観点ということ。

 「えっ~~、そんな距離で、10個もあるの?」ということになる。 

 おそらく、普通の先生なら2,3個のほめてんは考え出せる。
 でも、そんなことはやっていない。

 このことが何を示しているのか、分かるだろうか。
 
 福山先生は、学期の最初からこのように徹底的に子供たちを認め、ほめていく。
 それで、子供たちの心に働きかけ、行動を変えていく。

 この「ほめてん」は、みごとに子供たちの「安心感」を醸成していくのである。  (つづく)
 
 

|

« 学級崩壊の現在(1)~ベテランの先生のクラスの崩壊~ | トップページ | 2日間の学級補助(1)~明日も野中先生お願いします~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学級崩壊の現在(1)~ベテランの先生のクラスの崩壊~ | トップページ | 2日間の学級補助(1)~明日も野中先生お願いします~ »