« つれづれなるままに~人は声から老化していく~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の結果報告 »

つれづれなるままに~今、日本はすごく貧困化している~

 
● 知り合いの校長先生から次のようなメールをもらった。
 出張する先生の替わりに、授業をしたということ。
 ★ ★ ★
 先日2年生の授業でかけ算九九4の段を教えました。
とっさにひらめいたのが、
3つずつに区切って覚えさせる
という方法でした。
4×1,4×2、4×3で一区切りです。
これを3回繰り返せば終了です。
覚え方は音読連れ読みから入って、
一斉音読、一斉音読ランダム(といっても3つですが)
ペアで確認、列指名といった具合でアウトプットさせました。
これは、入りました。
授業終末には、ほぼ全員が「発表させて」状態になりました。
ときかたハカセ?は
「かけ算九九はね、3つずつ覚えるんだよ」
のように伝えました。
子供の感想は、
「校長先生の授業は、なんかすごく忙しいんだけど、楽しい」
というものでした(笑)。
 ★ ★ ★

 やはり、授業は、アウトプットとスピード・テンポだ。
 子供たちは、快く感じる。
 そのことがよく分かる。

●評論家小浜逸郎さんのブログに、「貧困化した日本」の論考が載せられていた。
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo
 
 この中で、情報戦略アナリスト・山岡鉄秀氏の次のような記事に目を惹かれたと書かれている。

 山岡氏は、ある団体から青年向けの講演を依頼された時に、「日本の国力が驚くほど低下してしまったと思う人は、手を挙げてください」と呼びかけたそうである。
 すると、会場の半分ぐらいの人しか手を挙げないので、驚いて、こう聞いた。 

「日本の国力は、ずっと変わっていない人、手を挙げてください」と。
 すると、残りの半分の人たちが手を挙げている、と。

 彼らは、皆若く、20代、30代、といった感じ。

 これは、私も驚くこと。
 今の若い人たちの半分は、今の日本の国力が変わりないと思っているである。
 よく考えてみると、変化したという実感がないのかもしれないと思わされた。
 次のような言葉がある。
「一国が滅んでゆく最大の原因は、その国の国民が、自国の滅亡過程を自覚しないことです。」と。
 
 今、日本はすごい勢いで、貧困化していっている。
 その実状を小浜さんは、いくつもその例を挙げている。
 具体的には、私も知らなかった事実がいっぱい。

 ①OECD加盟国34カ国のなかで、日本の相対的貧困率は29位

 ②実質賃金は、この20年間で約13%下がっている。

 ③世帯収入の中央値が、1995年は550万円だったのが、2017年には、423万円に下がっている。

④収入が平均値以下の世帯が、62.4%

 ⑤年収200万以下のワーキングプアが1996年に800万人だったのが、その後急上昇し、安倍内閣が発足してから2013年からは110  0万人。

⑥生活保護所帯は、1995年ごろには60万所帯だったのが、その後急上昇し、今は160万所帯。

 ⑦高齢者は、5人の1人が貧困層。
  中でも単身高齢者は、男性で約4割、女性で5割を越える。

 まだ、さまざまな実例を小浜さんは紹介しているが、ここらでいいだろう。
 日本は、大変なことになっているのである。
 
●人は、あるとき自分を変えなければならないときが必ずある。
 そんなとき、どうするか。

評論家大前研一氏によれば、人が変わるために必要なことは3つということ。
 
  1 時間配分を変える
  2 住む場所を変える
  3 付き合う人を変える

●加藤典洋さんは、2019年5月16日に肺炎で亡くなった。
 同世代であり、亡くなって茫然となるような感じであった。
 
 彼の書く本は必ず読んできた。
 今回、遺稿集とも言える本が岩波書店から出された。
 『大きな字で書くこと』。
 
 僕はいま
 風の中
 誰か遠くの人の声を聞く
 どこかわからない
 でもここが僕の場所

 風が吹いても
 動かない
 かすかな窪地

こう書いて加藤は去って行った。

|

« つれづれなるままに~人は声から老化していく~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の結果報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~人は声から老化していく~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の結果報告 »