« 神戸市立東須磨小学校の事件を受けて(3)~同僚性の問題を突きつけた~ | トップページ | つれづれなるままに~身の丈発言のこと~ »

小学校で深刻な状況が広がっている~平成30年度の文科省の統計から~

 文科省から平成30年度の、校内暴力、いじめ、不登校などの統計結果が公表された。
 新聞では、いじめの増加を大々的に報道していた。

 私は、自分の目で統計を調べてみた。

 確かに、いじめの増加はある。
 しかし、一番注目したのは、小学校での「校内暴力」(学校管理下)の増加である。

 これは、平成27年度から増え続け、3年間ぐんぐんとのびている。
 昨年のブログでは、小学校に何かが起こっている、緊急事態であると書いている。
 

 今年はどうか。 
やはり、増えている。今回も、大幅に増えている。中高は、ほとんど変化がないのに、小学校だけがこのような変化を見せている。

 10609(平26)→15870(平27)→21605(平28)→26864(平29)→34867(平30)

もう間違いなく日本の小学校で何かが起こっている。
 そう考えていかなければならない。

 どこでこんなに増えているのか。
 
 都道府県別に見ていく。1000人当たりの発生件数が多い県。

  1位 青森県、島根県  13.6
  3位 神奈川県     11.5
  4位 岐阜県、高知県  10.5
  6位 沖縄県      10.0
  7位 新潟県       9.7
  8位 宮城県       8.5
  9位 京都府       8.3
  10位 静岡県       8.0

 ベスト10はこうなる。

 特徴的なことは、都市圏から離れたところで多くなっていることである。

 ★
 神奈川県は、つねに上位を占める。
 それは、指定都市の状況を見れば分かる。横浜市と相模原市の発生件数の多さがそれを示している。

  1位 横浜市      20.5
  2位 新潟市      15.0
  3位 相模原市     13.4
  
  4位 仙台市      12.8
  5位 広島市      10.3


 一方、いじめはどうか。

 ①いじめの増加も、ほとんど校内暴力と同じ伸び方をしている。
  この相関は何か。
  11537(平26)→12785(平27)→14334(平28)  →15791(平29)→17145(平30)
 
②いじめの学年別認知件数の順位は、次の通り。

  第1位 小2(82360)
  第2位 小3(80821)
  第3位 小1(76893)
  第4位 小4(73980)
  第5位 小5(63465)
  第6位 中1(50259)
  第7位 小6(48738)
  
いじめの低年齢化が進んでいる。
  数年前までは、中1がトップだったのが、小2、小1が多くなっている。

 これらの状況から予測されることは何か。

 ア 校内暴力の増加と、いじめの増加は、同じ相関をしていることから
   確実に、小学校では、学級崩壊が増えていると考えられる。
   学級崩壊が起こると、そのクラスでは、必ず深刻ないじめが起こるからである。

 イ しかも、それは、都市圏から地方へ広がっている(決して都市圏が少なくなっているということではない)。

 ウ このまま増えていくと、学級崩壊段階から学校崩壊段階へ進んで
   いく学校が増えていくと予想される。

 エ 10年以上前では、小学校は高学年が学級崩壊の中心であったが、
   今では低学年化している。


 こういう流れの中で、神戸の事件が起きている。
 神戸の東須磨小学校が、「職員室崩壊」を起こしていたことと、まさに相似形のような形で、校内暴力が増え続けている。
 
 何が問われるのか。
 恐らく、今までのやり方が、ほとんど通用しなくなっているということではないか。
 
 どんなことが、どのように通用しなくなっているのか。
 本腰になって、取り組んでいくことなのである。
 

|

« 神戸市立東須磨小学校の事件を受けて(3)~同僚性の問題を突きつけた~ | トップページ | つれづれなるままに~身の丈発言のこと~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸市立東須磨小学校の事件を受けて(3)~同僚性の問題を突きつけた~ | トップページ | つれづれなるままに~身の丈発言のこと~ »