« 「算数学力向上メソッド」の実践(3)~低学力児はつくられている~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の実践(5)~課題はインプットになる~ »

「算数学力向上メソッド」の実践(4)~インプットをきちんとさせること~

1 1,2人が引き上げられない!
 
 クラスの低学力児5人のうち、3,4人は引き上げられると書いた。
 しかし、どうしても1,2人は効果を上げないとも書いた。

 この1、2人の子供たちをどうとらえるか。
 第3次共同研究の大きな課題である。

 この1、2人も、授業にはちゃんと参加しているのである。
 それでもなかなか成績が上がらない。
 単元テストでは、50点以下が多い。
 どうしてもこの壁を突破できない。

 これをどう見ていくか、なのである。

 この子供たちに、「アウトプット」を繰り返しても、なかなか成績を上げない。
 それは、何の問題なのだろうか。

 ①家庭の状況を含めた学習環境の問題
 ②知的障害の問題
 ③宿題をやってこないなどの学習意欲の問題 など

 さまざまな原因が考えられる。
それらの問題を追究いけば、絶望的になる。
 学校ではどうしようもない課題が突きつけられるからである。
 
2 1,2人はインプットしていない!
 
 しかし、目の前の1,2人は、ここで算数の学習に参加しているのである。
でも、ここでどんな「事実」がそこにあるのか。

  ①INPUTの「IN」は、なされている(?)。
  ②しかし、「PUT」がなされていない。

 ここに問題が集中する。
 いやいや、「IN」の状況も曖昧である。
 はたしてきちんとした「IN」がなされているのか、それがあやしい。
 だから、「PUT」がなされない。

 そこのところを精神科医樺島紫苑さんは、新しく出版された『インプット大全』では、次のように指摘される。

 ★ ★ ★
 インプットとは、「情報の入力」。脳の中に情報が入って、とどまっていなければ、「入力(インプット)」でないのです。
 ただの情報の素通り。「ただ聞くだけ」では、まったく記憶に残りません。水がザルをすり抜けていくように、情報が脳をすり抜けていく。そんな聞き方を私は「ザル聞き」と呼んでいます。あなたのパソコンに保存したと思っていたファイル。実際は保存されていなかったら、それはインプットといえません。
 インプットとは、脳の中に情報が入って(INする)、情報が置かれる(PUTする)。情報がインして、プットして、初めて「インプット」といえます。
 つまり、人の話を何時間聞いても、記憶にとどまっていなければなんの意味もないのです。
 ★ ★ ★

 また、次のようにも書かれている。

 ★ ★ ★
 さて、ではインプットの定義はどうでしょう。基本的には、インプットは「読む」「聞く」こと。さらに「見る」というのも含めていいでしょう。
 “インプットとは、「読む」「聞く」「見る」ことである”。行為としては正しいといえるでしょう。しかし、授業を50分聞いて、その内容をまったく覚えていなければ、脳に情報が入力されていないので、インプットとはいえません。それは、「ザル聞き」であり「偽物のインプット」です。
 ★ ★ ★
 
 樺島さんに言わせれば、1,2人はインプットしていないということになる。
 要するに、インプットしていないままに、アウトプットをさせても意味がないということになるわけである。
 
3 インプットするとは、どういうことか?

 さて、これからどうすべきか。
 はたと困ってしまったわけである。

 課題は、はっきりしている。これである。

  インプットをきちんとさせること

 これも樺島さんの『インプット大全』に耳を傾けよう。

 ★ ★ ★
 つまり、“「読む」「聞く」「見る」ことによって、情報を得て、それを記憶にとどめる”ことがインプットの定義となります。
 「なんとなく読む」のではなく、「注意深く読む」。意識して読む。ザル読みではなく「精読」「深読(議論できる水準で深く読む)」。
 「なんとなく聞く」のではなく、「注意深く聞く」。ざる聞きではなく、内容を理解しながら、意識してしっかりと聞く。あるいは傾聴。英語で言えば、「hear」よりも「listen」のイメージ。
 「なんとなく見る」のではなく、「注意深く観察する」。結果として、細かい部分を意識して観察して記憶にとどめる。英語で言えば、「see」(眺める)よりも「look」(注目する)、「watch(観察する)」のイメージです。
 ★ ★ ★ 

 「注意深く読む」「注意深く聞く」「注意深く観察する」ことが、偽物のインプットではなく、本物のインプットになるというわけである。

しかし、これが一番のたいへんな課題である。
 さて、さて、どうすべきか。
                             (つづく)

|

« 「算数学力向上メソッド」の実践(3)~低学力児はつくられている~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の実践(5)~課題はインプットになる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「算数学力向上メソッド」の実践(3)~低学力児はつくられている~ | トップページ | 「算数学力向上メソッド」の実践(5)~課題はインプットになる~ »