« つれづれなるままに①~提案は、授業で行う~ | トップページ | クラスが荒れてくると、必ずスピード感がなくなる! »

つれづれなるままに②~おじいちゃんとは思えないぐらい元気でした~

●7月15日から北海道の網走へ行く。
 久しぶりの女満別空港である。
 
 16日に、網走小学校で授業をし、講座を持つことになっている。 
 
 網走小へ行って、すぐに図書委員会の全校集会を見せてもらう。
これがすごかった。
 こんな集会を初めて見る。
 
 図書委員会の子供たちの提案もすぐれたものであったが、それに呼応する全校の子供たちの反応がすごかった。
 驚くばかり。こんな子供たちの姿を初めて見る。
 
 その後、各先生たちの授業を見る。
 8年前に見た先生たちの授業と比べてみれば、変化がある。
 その変化の1つは、「おしゃべり授業」がほとんどなくなっていることである。
先生たちの授業力が上がっている。

そして、5時間目、わたしの国語の授業。いつもの谷川俊太郎さんの詩の授業をする。
 この授業が、「味噌汁・ご飯」授業として最適な提案ができるからである。

 50名ほどの先生たちが参加されていて、教室はぎっしり。
だが、4年2組の子供たちは、すばらしい反応を見せる。
 最後に、子供たちが書いてくれた感想である。
 
 ★ ★ ★
 ふつうの授業じゃなくて、みんなが参加できておもしろくて楽しくできた。野中先生の話し方が上手だった。
★ ★ ★
 「みんなが参加できて…」に反応している。
 全員参加の授業をしたのである。

 ★ ★ ★
 「野中先生の進めるテンポが早くてやりやすかった。
 ★ ★ ★
 「ゆっくり丁寧な」進め方ではない。
 テンポが速いことを受け入れている。
 「スピード・テンポが必要」と提案していることを、この子供は受け入れてくれている。

 そして、こんな感想も混じっていた。

 ★ ★ ★
 とても面白くておじいちゃんとは思えないくらい元気でした。
 いっしょにじゅぎょうができて、とてもうれしかったです。
 ★ ★ ★
 授業をしている私が、この子供から介護されている気分になる(笑)。

●17日は、北見市立緑小学校へ行く。
 道教委の学校力向上に関わる実践指定校である。
 この学校には、8年前に初めて訪問し、今度で3度目の訪問になった。
 ほとんどの先生たちも、異動されていて、新しく出会う先生たちになる。

 ここでも5年生のクラスで授業をし、「日常授業」で強調することを訴える。
 こんな感想を書いている子供がいた。
★ ★ ★
 とても楽しかったです。すごく分かりやすかったです。かんしゃしかないです。ありがとうございました。
 ★ ★ ★
 
 夜の懇親会では、この学校の研究部の3人の先生たちも出席されていて、これからの方向を熱く語る。
 がんばってほしいと願うばかりである。

●18日は、北見市立美山小学校へ行く。
 この学校にも二度目の訪問である。
 この学校も、学校力向上の実践指定校である。

授業を見せてもらいながら、すぐれた授業者が何人もおられることが分かる。
 また、若手の先生たちが元気である。
これからの、この学校の可能性を感じる。

 この学校でも、4年生のクラスで授業をし、講座をもつ。
 ここでも、こんな感想を書いている子供がいた。

 ★ ★ ★
 とてもなぞときみたいで楽しかったし、詩はこういうものだとわかりました。そうぞうするのも楽しかったです。またやりたいです。
 ★ ★ ★

 また、こんな注目する感想も入っていた。

 ★ ★ ★
 (わるぐちではありません)
 ・なんかうるさくなった。(いつもの5ばいぐらい)
 ・しずかにべんきょうしたい。
・書くのが速い。
 ・きりかえがすごい。はやい。
 ・○○にようしゃない。
 ・みんなだいばくしょうしていた。
 ・字が大きい。
 ★ ★ ★
 私の授業は、確かに笑いに包まれて、にぎやかになった。
 この子は、静かに勉強をしたいのである。
 もちろん、こんな子もいる。
 「わるぐちではありません」と断っているところなどは、私への配慮をしている。

 「○○にようしゃない」というのはわかりにくいであろう。
 実際には、○○には名前が書いてある。
 教室へ行き、「そうだろう、○○君」と言うと、「どうしてぼくの名前を知っているの?」「顔に書いてあるよ!」と言うと、盛んに顔をふく仕草をする。

 事前に先生から、やんちゃな○○君について教えてもらっていたのである。
 その○○君にたいして、「机の上の服をしまいなさい」と厳しく指摘したりしたのを「ようしゃない」と書いたのであろう。

 その○○君、授業が終わって帰っていると、追いかけてきて、「どうして僕のことを知っていたの?」とまとわりついてきた。
 授業には、とても集中して乗りまくったのである。
 なんともかわいい子供であった。
 
●女満別空港を19:00に出て、羽田へ20:50に着く。
 関東は相変わらず梅雨空で、雨模様。
さて、明日から7月の第4週になる。
 今週は、初任者指導の先生たちへの講座が2つ。

※講座で配付した「毎日の『日常授業』をどのように改善していくか?」という文書(最後に、詩の授業の詳しい展開案をつけている)16ページ がほしい方は、コメント欄に連絡してほしい(非公開)。パソコンの容量を確認してお願いします。

|

« つれづれなるままに①~提案は、授業で行う~ | トップページ | クラスが荒れてくると、必ずスピード感がなくなる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに①~提案は、授業で行う~ | トップページ | クラスが荒れてくると、必ずスピード感がなくなる! »