« つれづれなるままに~夫婦円満になる極意~ | トップページ | 今、日本全国で起こっていること »

パワーポイントを使うことの問題点

 今でも講演に呼んでもらえる。
 そのときに提案するのは、パワーポイントになる。

 ふとしたことで教えてもらって、見よう見まねで習い覚えたものである。 今では、ほとんどの人がパワポでの提案である。

 パワポを使い出して、強くこれは便利だなと思ったことがある(だが、この便利さには、落とし穴があるのだが)。
 
事前に訴えたいことをファイルに書いておくことができる。
 話だけで講演をしていたときには、何を話すかを何度も確認をしなければならなかった。
 だが、このパワポは、事前に話したいことを書いておかれる。
 忘れることがない。
だから、何でもかんでも詰め込んで書いておく。
そして、それを読み上げていくことが講演になる。

 どこででも行われているパワポの講演は、だいたいこうなっている。
 ファイルの効果などは工夫されているが、とにかくいろんなものを詰め込む。

 私は、最初から、その詰め込むということだけは止めていた。
 しかし、次のことはやっていて、他の人から注意されたことがある。

  箇条書きに読み上げていく箇条書きスタイル。

 これをやっていくと、次のような問題点が出てくる。

 ①ずばり結論が書かれていないので、何を言いたいのか分からない。
  前置きや背景説明などと言いたいことがごちゃごちゃになる。
 ②必然的に文字が小さくなる。
 ③プレゼンターが言っていることと、聞いている人の見ているところが
  一致しなくなる。
 ★
 パワポの使い方のスタンスを間違っていたことになる。
 
 第1の間違いは、プレゼンテーションの主役は、ファイルだと勘違いをしていたこと。

 主役は、プレゼンターなのである。
 逆に考えていたことになる。
 
 第2の間違いは、プレゼンテーションを情報伝達の目的として考えていたところがある。
だから、情報を詰め込んだのである。

 パワポは、1項目⑴ファイルにしなければ、聞き手の集中が途切れてしまう。
 
 3つ目の問題は、ファイルを配付資料として使っていたこと。
 もちろん、ダイジェスト版にしていたのであるが、確かにすべての講演の配付資料として使っていたことになる。
配付資料としてパワポのファイルを使うと、聞く人たちがファイルに目がいって、話を聞いてもらえなくなる。
 配付資料とパワポは別々にしなければならなかったのである。
 ★
 7月は数多く講座がある。
 その準備に今は追われている。

 今回の7月からパワポの使い方を改めたい。
 と言っても、たいしたことはないのであるが(笑)……。

 今回、このパワポについて教えてもらったのは、以下の本である。
 これからパワポで提案をされる方は、ぜひとも読んでおかなくてはならない本である。

 『東大式 伝わるパワーポイントスライドの作り方』(西川 元一著 秀和システム)
  

 
 
 
  

|

« つれづれなるままに~夫婦円満になる極意~ | トップページ | 今、日本全国で起こっていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれなるままに~夫婦円満になる極意~ | トップページ | 今、日本全国で起こっていること »