« 「初任指導訪問記」さしあげます! | トップページ | クラスの荒れをどうするか(2) »

クラスの荒れをどうするか(1)

  いよいよ6月に入った。

 
 学級経営において、「魔の6月」と言われている月である。 私のところへ伝わってくることは、クラスが荒れ始めていることの数多くの情報である。
 2週間で郷里へ帰ったという初任者の話を聞いたが、もはやクラスは大変なことになっているという初任者がいるのである。
 ★
 クラスが荒れていくパターンは、共通している。
 
 ①まず、クラスにいる数人の超やんちゃな子供がいて、その対応に追われる。
 
 ②その子供たちに反発され、うまく対応ができない。
 
 ③5,6月になると、次第にやんちゃ集団が多くなり、7,8人ぐらいに膨れあがる。
  ④モグラ叩きみたいな感じで、授業の始まりが5分程度かかる。騒乱状態の一歩手前。
 こんな感じなのである。
 ★
 問題は、①のところにある。
 超やんちゃな子供に過剰に関わりすぎ、反対に反発を食らっている。
 
 初任者にとっては、超やんちゃが目立っているので、ついつい関わりすぎるということになる。
 また、ある面では、「この子たちが決め手だ!この子たちをクラスに包み込んでいければ、このクラスはうまく行く!」と考えていく場合もある。だから、過剰に関わる。
  この超やんちゃな子たちは、横糸(心の通じ合い)がなければ、うまく関われることはできない。
 
 注意し、叱るだけの関係では、反発を感じるだけである。 
 「叱るな!」と言っているわけではない。
 やっていけないことをやった場合は、当然叱らなければならないが、がんがん厳しく叱り続ける関係から、うまい関係が生まれるわけがない。
 ★
 方向が間違っている。
 数人のやんちゃたちが、決め手ではない。
 「2:6:2の法則」がある。
 組織の法則である。
 
 最初の「2割」は、真面目派の子供たち。次の「6割」は、中間派。最初は、真面目派と一緒に静かに座っている。最後の「2割」が、やんちゃ派である。この中の数人が、超やんちゃな子供。
 
 組織の法則に従えば、最後の「2割」に強く働きかけることは徒労である。ほとんど虚しい試みになる。
 それを多くの先生がやっている。そして、クラスが荒れている。
 
 どうすればいいか。
 決め手は、「6割」なのである。
 
 この中間派の6割を、真面目派の2割に引きつけて、8割を味方にする。
 これが、組織原則の決め手になる。
 ★
 そのためには、8割の子供たちが願っていることを、担任が実現していけばいいのである。
 
 それは何か。
 「安心感がもてるクラスにしてほしい」
 
 キーワードは「安心感」なのである。
 これを担任がクラスに保障できれば、8割を味方にしていくことができる。
 ★
 そのために、どんなことをするのか。
 
 私は、その決め手になるのが、1ヶ月の「学級づくり」であると断言している。
 もう少し言えば、1週間の「仕組みづくり」と「ルールづくり」である。
 
 その目標は2つ。
 1つは、一日の生活のリズムを作ること。
 
 2つ目には、子供たちが自分たちで動いていける当番活動を軌道に乗せること。
 
 私は仕組みづくりについて、「1週間のシナリオ」を提起している。
 この1週間に何をすればいいのか。すなわち仕組みをどのように作ればいいのかを提起していることになる。
 
 仕組みの中心は、この3つ。
 ①日直活動
  朝の会・終わりの会の司会、授業の最初・終わり、
  給食の司会など
 ②当番活動
  一人一役
 ③給食活動、清掃活動の徹底
 
 この3つをとにかく軌道に乗せるわけである。
 軌道に乗せるというのは、「スムーズに動いていく」ようにするわけである。
 「スムーズさ」が何よりも大事。
 ★
 超やんちゃな子供たち、1週間の間はそんなにはちゃめちゃな行動はとらない。 
 その間に、子供たちが自分たちで動いていく仕組みを組み立てていく。
 
 最初はできないので、とことん教え、繰り返し練習させる。 クラスがスムーズに動き始めれば、その中で、超やんちゃな子供が、勝手な行動を取ることはなかなかできなくなる。 
 
 子供たちが自分たちでクラスを動かして行っているからである。
  ここが大事なのである。
 
 超やんちゃな子供が、自由に勝手に動いていける時間の前に、すでにクラスがスムーズに動いている状態にするわけである。
 
 ここに力を尽くすということ。
 このことが初任者には、まったく理解できていないわけである。だから、荒れる。(つづく)

|
|

« 「初任指導訪問記」さしあげます! | トップページ | クラスの荒れをどうするか(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66782331

この記事へのトラックバック一覧です: クラスの荒れをどうするか(1):

« 「初任指導訪問記」さしあげます! | トップページ | クラスの荒れをどうするか(2) »