« 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(3) | トップページ | 事務連絡~A先生、連絡ください~ »

つれづれなるままに~横浜駅伝を走りました~

●神奈川愛川町の中津小学校へ行く。

 もう4年目。
 毎回先生たちの授業を見て、私も授業をして、そして講座というパターンをこなしている。
 
 今回は小中連携ということで、近くの小中の先生たちが集まっておられて、100人ほど。
 
 この学校は、外国籍の子供たちが100人以上いる。
 だから、先生たちは大変である。
 先生たちの授業を見せてもらい、4年前より確実に授業力が上がっている。
 学級も落ち着いている。
 やはり、管理職の度量と、先生たちのチーム力が上がれば、こうなっていくのである。
 
●時代小説の佐伯泰英さんの連続物をずっと読んできた。
 佐伯さんも、76歳。
 毎月の連続物をこなしていくのは大変なことである。
 今回、『鎌倉河岸捕物控』が32巻目で終わった。
 主人公の宗五郎に、「どうやらこの辺が潮時だな」と言わせている。
 はじめは、勢いで始められるが、終わりはあっけないものである。
 終わったなあ。
●ふと見たテレビに惹きつけられた。
 NHKのプロフェッショナルである。 
  北海道砂川市で書店を経営する岩田徹さんのこと。
 今、日本一幸せな本屋として有名である。
 岩田さんが選ぶ「一万円選書」は、3000人待ちという状態。
 一万円分の本を選んで、岩田さんが送るのである。
 岩田さんは、その人に読んで欲しい本を選ぶ(いろいろなアンケートが取られている)。
 だから、岩田書店も、今流行の本は並んでいない。
 岩田さんが、読んで欲しいと願う本が並べられている。
  ★
 悩みに悩み、さまざまな試行錯誤を繰り返して、辿り着いた岩田さんの生き方。
 人生は捨てたもんではないね、としみじみと感じる。
 
●高校生からの親友のKが、突然大腸癌で入院し、緊急入院をした。
 「おい、おい、どういうことだ!」とオロオロした。
 運良く手術は成功し、1週間で退院した。
 「ついてた!」ということである。
 退院してすぐに電話がきた。
 「もう我々はちょっと先は闇だな!」と。
●4月30日 横浜駅伝を走る。
 といっても、3キロの距離である。
 
 鶴見川沿いで毎年横浜駅伝が行われる。
 556チームの参加。すごい数である。
 
 私は、横浜教職員走友会の1チームとして参加する。
 暑い日であった。
 5区の区間を、暑い、暑いという感じで走りきる。
 
 まだまだ何とか走れるのかなという感じ。

|
|

« 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(3) | トップページ | 事務連絡~A先生、連絡ください~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66670694

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~横浜駅伝を走りました~:

« 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(3) | トップページ | 事務連絡~A先生、連絡ください~ »