« 崩れていく初任者の教室をどうするか(2) | トップページ | 教師として致命的ハンディである! »

教員不足 授業できない学校も!

  こんな深刻な事態がニュースになっていた。

 YAHOOニュースである。

 ★ ★ ★
広島県内35校で教員不足 授業できない学校も
5/15(火) 19:35配信 RCC中国放送

中国放送
広島県内の公立の小中学校など35校で、教員が決められた人数に達していない「欠員」の状態にあることがわかりました。
呉市では4月、授業を受けられない生徒がいた中学校もありました。
広島県教育委員会によりますと、県内の公立小中学校などを対象に調査した結果、35の学校であわせて38人が欠員状態になっているということです。

その内訳は非常勤講師が12人、臨時採用の教員が26人です。

このうち呉市の吉浦中学校では、1年生の国語と2年生の理科で必要な教員を確保できず、あわせて4クラス101人が4月分の授業を受けられませんでした。

5月からは、ほかの学年の教員が授業を行っています。

「生徒や保護者に心配をかけ、大変申し訳なく思います」
(呉市教育委員会 学校教育課・高橋伸治課長)

呉市教育委員会は、求人を出すなどして新たな講師を探していますが、このまま見つからなければ夏休みや冬休みに補習を行う可能性があるということです。

「今後、非常勤講師を早急に配置できるよう全力で取り組んでいきたい」
(高橋課長)

「由々しき事態だと思っている。生徒たちにしわ寄せがいくのはできるだけ避けていくことが望ましい」
(広島県・湯崎英彦知事)

湯崎知事は会見で、教員不足により授業への影響が出ていることに懸念を示しました。

広島県教委は、定年による大量退職に新規採用が追いつかないことが教員不足の原因だとしたうえで、「他の都道府県でも事情は同じため、教員の確保に苦慮している」と説明しています。

今後、学校現場での授業などへの影響を詳しく把握したうえで、教員の確保策を検討したいとしています。
 ★ ★ ★

 おそらく、この事態は広島だけではない。
 数年前、関西のO市は、「講師50人待ち」という事態になっていると聞いた。
 この話を聞いて、関西N市の教育センターの指導主事に聞いたら、「うちも同じような状態です!」と。

 「講師50人待ち」というのは、「来ない」ということ。
 だから、校内で先生が辞めたり、療休に入ったりしたら、その学校の誰かの先生が代わりの担任をする以外にないわけである。
 代わりの先生がいればいいが、いない場合教頭が担任をすることになる。
 ★
 この事態に、やれることは、とにかく免許を持っている先生をかき集めることなのである。
  その先生がどんな先生かは問題外のこと。

 今、驚くのは、採用試験に不合格になった講師たちが、ほとんど、担任になっていることについてである。

 採用することについてはいい。
 でも、担任にするというのは、どういうことだろうか?
 少人数指導とか専科とかにするならば話は分かるのだが、担任である。

 それについては、学校自体がもう担任にする以外に余裕がないという状態らしいのである。
 そう言えば、今年採用された、私の甥や姪も、臨任のときには担任をしていたのである。

 採用された初任者は、初任者指導がついたり、さまざまな研修が行われたりする。
 でも、講師に対しては、ほとんど何もない。
 放置状態になっている。

 それで担任ができるのか?
 まともにできるはずはないではないか。

 30年、40年前なら、それも可能であった。
 学校はのどかな状態だったから。
 がんばってやれる人ならば、誰だって教師になれたのである。

 ところが、今は無理。
 その人の情熱とか意気込みとか夢とかでは、どうにもならないリアルな現実がある。
 ★
 どうするか。
 手立てははっきりしている。
 
 学校に担任から外れている先生を3,4人増やすこと。
 加配すること。

 これだけでも、今問題になっている懸案の事例を、半分ぐらい解決することができる。

 文科省は何とかしようとしている。
 でも、財務省が動かない。
 あの財務省である。

 このままでは亡国の道を突き進むだけである。

|
|

« 崩れていく初任者の教室をどうするか(2) | トップページ | 教師として致命的ハンディである! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66740654

この記事へのトラックバック一覧です: 教員不足 授業できない学校も!:

« 崩れていく初任者の教室をどうするか(2) | トップページ | 教師として致命的ハンディである! »