« 福山憲市先生のこと | トップページ | 「目標達成法」さしあげます! »

つれづれなるままに~引き算発想で生きる~

●新年度が始まっている。

 2018年度の始まりである。
 
 私は、2017年度で終わったことが3つある。
 1つは、6年間続けてきた道教委の学校力向上のアドバイザーの仕事を卒業したこと。
 
 2つ目は、「味噌汁・ご飯」授業研究会から退いたこと。
 
 3つ目は、一部の人たちを除いて年賀状を辞めたことである。古稀を迎えての決断。

 親しい人たちとの忘年会も、新年会も、ほとんど辞めてしまっている。
 引きこもり状態(笑)。
 ★
 引き算発想である。
 もはやたし算発想で何かをやるということはない。

 人生は、往路と帰路があり、今その帰路を歩いているという自覚である。
 帰路は、当然、引き算発想になる。

●4月4日、福島の郡山に行く。
 ここには初任研として8年目になる。
 昼頃に到着し、いつもの「杜の香り」というカフェでおいしいコーヒーを飲む。

 今年は、桜の満開に立ち会う。
 見事に咲きそろっている。

 17名の初任者。
 ほとんどが大学出たての先生たちになる。
 過激に問題提起をし、どうすべきかも提起する。

●4月6日、横浜のA小学校へ行く。
 メンターの先生たちに呼ばれてのこと。
 
 かつて4年間ぐらい、この学校に4月1日に呼ばれて毎年出かけていたことがあった。
 その先生たちが数人残っておられて、今回また呼んでもらえた。
 もちろん、ボランティアで行く。

 「味噌汁・ご飯」授業について質問があり、「今度私が授業しましょう!」ということになる。

  37年間横浜にお世話になったのである。
 お返しをしなくてはならない。

●仮説実験授業の板倉聖宣さんが亡くなったことは、前回のブログで紹介した。
「たのしい授業」4月号では、板倉先生の講演記録が載っている。
 板倉先生の研究追究の原点が明らかにされている。

 ★ ★ ★
 …「なぜ研究するのか」「なぜ問題なのか」ということをはっきりしなければ研究してはいかんのだ、<それが見えないようではただ流行で研究しているだけだ>という思いがあるからです。
 「ぼくは下町主義だ」と言ったりします。その言葉が適当であるかどうかはわからないけれども、<そのテーマが普通の人たちにどうつながっているか、ということを鮮明にする>ということがぼくの下町主義の一つの表現です。
 ★ ★ ★
  こういう研究者が、日本からいなくなっている。
 残念なことである。
 
 今は、多くの方が、流行に乗って「アクティブ・ラーニング」の研究にいそしんでいる。

  考えてみれば、私もこの下町主義であったなあということ。
 多くの普通の先生たちの課題に通じるテーマを追究してきたことになる。

●算数の坪田耕三先生が亡くなった。
 私と同じ70歳であった。
 くわしい病のことは聞いていない。
 
 親しい付き合いでもなかった。
 一度だけ帯広での授業づくりネットワークの大会で、一緒の講師だったことがある。
 講座のあとの一次会で帰ろうとされたので、「先生、もう一軒行きましょう」と無理矢理二次会に誘っていったことを思い出す。

 この時には、ずっと私より上に見えたのだが、同世代であった。
 算数では名だたる方であり、授業名人でもあった。
  まだ、まだであったはずである。残念!

|
|

« 福山憲市先生のこと | トップページ | 「目標達成法」さしあげます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66591796

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~引き算発想で生きる~:

« 福山憲市先生のこと | トップページ | 「目標達成法」さしあげます! »