« つれづれなるままに~引き算発想で生きる~ | トップページ | 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(1) »

「目標達成法」さしあげます!

   「学級づくり」の1つの、大きなテーマは、学級にルールがきちんと作られているかどうかである。

 学校のルールはある。
 学期の最初に、学校のルールについては確認したはずである。
 
 学級にもルールがある。
 これをきちんと作れるかどうかは、大きな決め手になる。
 ★
 学級の多数派の子供たちは、担任の先生に対して密かに、強く願っていることがある。
 どんなことだと考えられるだろうか。
 
 「教室で安心していられるように」という願い。
 決して口にすることはない。
 
 でも、これを強く願っている。
 この願いをきちんと実現してくれる担任かどうかを見ている。
 
 この願いを実現してくれそうな担任には、ついていくのである。
 ★
 「安心できる教室」とは何か。
 それはどんなことをやれば実現できるか。
 
 結論から言うと、学級でルールが作られ、それが機能しているかどうかにかかっている。
 ルールが機能していて、しっかり子供たちが自分たちでルールを守っている学級である。

 「学級のルールって何ですか?学校のルールがあるし、守ることは朝子供たちに伝えればいいのではないですか?」と言われることがある。
 
 担任そのものが、ルールになっているのである。
 だから、担任が注意し、叱っていることがルールになっている。
 
 しかし、これではいつまでも担任が「ああやれ!こうやれ!」と注意しなければならず、子供たちが自分たちで学級を動かしていく「自立的行動」は出てこない。
 ★
 「学級のルールって言えば、たとえばどんなものがあるですか?」と問われる。
 「チャイムがなったら席につく」というルール。
 
 この当たり前のルールも、ルールとして定着させなければ、いつまでも担任が「はやく座りなさい」「チャイムがなったら座ることになっているでしょう!」と注意しなければならない。
 
 ルールとして定着するとは、子供たちが自覚して座るようになっていることである。そのようにルールとして機能しているということである。
 
 一部のやんちゃが勝手に動いても、誰も注意できないで、放置される状態になっていないことである。
 ★
 私は、このルールづくりを「目標達成法」として提唱してきた。
 私が指導した初任者のクラスでは、この目標達成法を使って、すばらしいクラスを作り上げることができた。
 
 やろうと思えば、初任者でも簡単にできる「ルールづくり」である。
 
 この「目標達成法」についてまとめた文書がある。
 ほしい方は、いつものようにブログのコメントに書いてほしい。ワード文書(ほんとうは一太郎で作ったものをワードに変換しているもの)4枚で送ることになる。
 
 また、すばらしいクラスを作った初任者の実践は、『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)に明らかにしている。参考にしてほしい。

|
|

« つれづれなるままに~引き算発想で生きる~ | トップページ | 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66601902

この記事へのトラックバック一覧です: 「目標達成法」さしあげます!:

« つれづれなるままに~引き算発想で生きる~ | トップページ | 『AI VS 教科書が読めない子どもたち』の与えた衝撃!(1) »