« 事務連絡です~「ときかたハカセ」のついてです~ | トップページ | 事務連絡です~「ときかたハカセ」についてです~ »

新しい学校での問題~異動するところで問題になること~

  新年度になって、いつもここに書くことがある。

 異動をする先生たちの問題である。
 
  1つは、異動先での振る舞いについてのこと。
 2つ目は、異動する高学年担任の問題である。
 ★
 異動先での振る舞いについては、すでに「国誉め」をするのだと言ってきた。
 初めての方は、「これは何ですか!」ということになる。

 昔の神事。神を祭る行事のこと。
 この神事に、「国誉め」というのがある。
 
  古代、ある国に任命された役人が最初にやった仕事である。
 役人が、ある国に任命されて、その国に行って最初に何をやるか。
 
  それは、そこの国がどんなに素晴らしいかを褒め称えることである。
 その行為が神事であった。

 これを異動の振る舞いとして考えようということである。

 ほとんどの先生は、異動先で必ず違和感を覚える。
 そうすると、異動してきた先生たちで、「この学校おかしいよね」とこそこそ話を始める。
 これは意識しなければ、自然な振る舞いになる。

 今までいた学校の習慣になれてきたのである。
 それと違う、その学校の習慣に違和感を覚えるのは当たり前。
 
  しかし、愚痴や悪口は、その学校の先生たちから反感を買う。受け入れてもらえない恐れがある。

 こういう人間の習性を、古代の神事は、よく分かっていたわけである。
 ★
 どうするか。
 「国誉め」をするのである。
 さまざまな違和感は、当たり前だと胸に収める。
 
  そして、この学校の良いところはどこだろうと、探すのである。
 それを挨拶の場面などで披露する。
 
  その学校の先生は、うれしいはずである。
 すんなりと仲間に入れてもらえる。 
 
  もちろん、その学校に問題点がある。それは、1年が経って、取り組んでいけばいいのである。じっくりと1年かけて問題点を探ることである。
 ★
 2つ目の問題である。
 異動する先生は、こちらの学校で高学年担任をしていれば、間違いなく高学年担任を任される。

 荒れている学年は、こちらの学校の先生たちは逃げているはずである。
 やむなく、校長は、異動してきた先生で高学年担任をしてきた先生を、そこに当てる。
 
  昔ならば、異動してきた先生を高学年担任にするなんて考えられない人事だったわけである。
 今は、平気。
 というより、そうせざるをえないわけである。

 ここで問題が起こる。
 異動してきた先生は、子供たちも知らない、親たちも知らない。
 
  本人は、今までの学校で学級崩壊したクラスを何クラスも立て直してきたのだとプライドと自信をもって臨む。
 
 しかし、思うようにいかない。
 子供たちから反発を食らう。
 
 子供たちがだらしないからと言って、がんがん叱りつけているからである。

  だんだん学級が荒れていく。
 本人は、プライドがずたずたに引き裂かれて、鬱病になり、休職の憂き目に会う。

 こんな事例は、今、数限りなくある。
 どんなに力量を持っていると自負している先生でも、必ず起こると覚悟した方がいい。
 ★
 だから、異動先で高学年担任(6年担任ならば、最も危険である)ならば、まず慎重に始めなければならない。

 どうするか。
 荒れている学年ならば、縦糸:横糸=2:8ぐらいの気持ちで始めなくてはならない(これを8:2ぐらいでやるから反発を食らうのである)。
 様子を見ながら、少しずつ縦糸を増やしていくのである。

 今、異動するということはこれほど大きな問題を抱えている。
 心して異動してほしい。

|
|

« 事務連絡です~「ときかたハカセ」のついてです~ | トップページ | 事務連絡です~「ときかたハカセ」についてです~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、野中先生からありがたい言葉をいただいた教員です。異動発表前から周りから行かされるのではないかと言われ、本当にそうなり、行けばやはり想像以上に荒れた学校、6年生の担任となり、体調がおかしくなり、病休を取った1人です。行く前から噂通りの学校、横糸を意識しながら少しずつ少しずつ縦糸をと思うもなかなか苦戦、様子もわからないままに全体の前に立たされても指示も通らずに情けなくなる、周りに相談しても、あなたのやり方でいい、ほっとけばいいの返事、ほっといたらトラブル発生、前任校や他校からは大変らしいな、大丈夫かという声。仕方ない、仕方ない、我慢、我慢と思うようにしていても、体がおかしくなり…。休んで、復帰しても体がおかしいまま、体育主任として運動会、組体操指導。体震え、めまいや強烈な頭痛で休みがちに。担任も外され…悔しさや情けなさ、職場では何も言えない状況、また、校内でも市内でも休んだ教員という目、ダメ教員という目。屈辱…本当に苦しい3年間でした。
今年度、休みがちでしたが、高学年の学級担任、学年主任などもなんとかでき、少しだけ自信も戻りました。温かい声掛けや励ましなどをいただいた先生方、自分がまた元気になるようにいろいろ動いてくれた先生方、一緒に異動で来た校長の理解などのおかげだと思っています。まだ、体調不良やそれによる以前のようにできないもどかしさなどの精神的な辛さなどありますが、体と相談しながら、明日からまた6年担任として、子どもたちのために頑張ろうと思っています。わかってほしいと思うわけではありませんが、経験した者しかわからないこともあります。自分の経験を、これからの仲間に何かあった時に支える力としてと思っています。すみません、長々と。力量なく、異動しての6年担任で失敗した教員からでした。

投稿: 力量無しの一教員 | 2018年3月31日 (土) 21時20分

はじめまして。
採用8年目になる32歳です。

この度の異動で、6年生を受け待つことになりました。何もわからぬところで飛び込みのこの人事に驚きが隠せません。

なかなか荒れた学校なのですが、周りは「あの子たちは大丈夫だから」としか言いません。県に報告が上がる事案があったはずなのに。

みんな優しいのですが、自分の仕事だけ守って、必ず誰かが毎年ハズレを引く形のようです。

産休希望を伝えても笑ってごまかされ、フォローするからと言われても時間割上はそう見えず。おまけに閉校も重なり、始まる前から胃を壊してしまいました。

やるしかない、と言い聞かせていますが、不安でいっぱいです。うまくスタートが切れることを念じて、明日に備えます…。

投稿: しいな | 2018年4月 5日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66557677

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい学校での問題~異動するところで問題になること~:

« 事務連絡です~「ときかたハカセ」のついてです~ | トップページ | 事務連絡です~「ときかたハカセ」についてです~ »