« つれづれなるままに~初任者研修始まる~ | トップページ | 部活週2日休養へ、定年延長、大学生の読書時間 »

京都明日の教室が終わる!

  2月24日、京都の明日の教室へ行く。

 京都の橘大学へ行く。
 もうここには何回通ってきたのだろうかと思いつつ、池田修先生の研究室へ行く。
 橘大学は、他の私学とは反対に、さまざまな学部が膨れあがっていて、食堂も大きく、広くなっていた。
 その食堂で、池田先生と一緒に定食をいただく。
 ★
 この時期に、参加される先生も大変だろうと思いつつ、話をさせてもらう。
 テーマは、「困難な現場を生き抜くために」。
 大変シビアなテーマである。
 
 私は、15年前に『困難な現場を生き抜く教師の仕事術』(学事出版)を出版したのだが、それ以来ずっとこのテーマで問題提起を続けてきたことになる。
 ますますその困難さは増している。

 講座1 学級をきちんと成立させるために必要なこと
 講座2 授業をきちんと成立させるために必要なこと
 講座3 鼎談(野中信行・池田修・糸井登)

 私が主張していることは、シンプルなこと。
 まず、学級をきちんと成立、整えることがすべてに優先する。その上に、授業を乗せる。今までの「ごちそう授業」の発想ではだめだ。日々の授業を豊かにする以外にない。
 
 これを教師としての仕事の中心に据える。
 中心に据えるだけでも大変なのだが、そうしなければ今を生き抜いていくことができない。
 ★
 この講座は、DVDになる。
 これで5枚目。
 
 鼎談の最初に、話の流れから突然「小刻み活動法」での自己紹介、授業の最初を行う。10分ほど。
 この手法は、日常授業を乗り切っていく1つの授業スタイルになる。

 各地の学校で、飛び込みの授業をどのようにやっているのかの紹介である。
 
 自己紹介5分で、子供たちをどのように笑わせ、授業に入って行くのか。緊張している子供たちの雰囲気を和らげるためである。
 これも「小刻み活動法」の手法である。
 ★
 京都明日の教室は、NPO化されていく。
 https://asunokyousitsu.themedia.jp/

 これからまた新しい試みが始まるのであろう。
 
 始めがあれば、必ず終わりがある。
  一応の終わりに、またこうして呼んでいただけたこと、ありがたいことである。
 ★
 忙しかった2月が、こうして終わる。
 老骨に鞭を打つというのも、大変なことである(笑)。

 
 

|
|

« つれづれなるままに~初任者研修始まる~ | トップページ | 部活週2日休養へ、定年延長、大学生の読書時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生

野中節は十年前と変わらず冴えていました。
聴衆を心地よく話に引きつける話術は勉強になります。

またお目にかかれる日を楽しみにしております。

投稿: J.SASE | 2018年2月28日 (水) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66439842

この記事へのトラックバック一覧です: 京都明日の教室が終わる!:

« つれづれなるままに~初任者研修始まる~ | トップページ | 部活週2日休養へ、定年延長、大学生の読書時間 »