« 解散セミナーが終わる! | トップページ | つれづれなるままに~野中にしかできない授業だな~ »

中村健一先生の『策略 ブラック学級開き』を読む

  中村健一先生の『策略 ブラック学級開き』(明治図書)を読む。

 ブラック本は、この本で4冊目。
 今までの3冊で、3万部を売り上げたと「はじめに」で書いてある。教育書としては、考えられない数字。
 
 教師としての品格がないとさんざん顰蹙をかってきた本である。今までのベテラン教師ならば、きっとそういう反応をするであろう。
 中村先生はそんな思惑は織り込み済み。
  ★
 この本を読みながら、横浜の相鉄線の車中にいた。
 派手な表紙。
 じろじろと周りから見られた。
 
 「何の本だろう?」と。
 教育書と思えない派手さ。
 ここにも編集者の思惑がある。
 ★
 中村先生は決してとんでもないことを書いているわけではない。
 私の「3・7・30の法則」を参考にされているが、提案されていることには、いくつか異論もある。

 それでも、この本を評価するのは、今までの建前や品性なんかを排して、リアルな現実に真正面からぶつかっている心意気があるから。

 困難な現場で、立ち竦んでいる教師たちに、これほどの応援メッセージを送っている本が、今どこにあるのだろうか。
 ★
 私は今まで次のような例えで書いてきたことがある。

 多くの先生たちが、今崖から転げ落ちているのだ。
 その先生たちへ伝えるメッセージは、今までのものではダメなのである。

 相変わらず、崖から落ちないように柵をどう設けようとか、落ちない方法を考えましょうとかになっている。
 そんなことを何回言おうと伝わらない。
 もう転げ落ちているのであるから。

 このように着地するのだよと、伝える以外にないのである。
  ★
 朝早く起きて、ここまで書いている。
 今から北海道の釧路へ行くので、飛行機の中で、もう一度じっくり読んでみたい。
 
 

|
|

« 解散セミナーが終わる! | トップページ | つれづれなるままに~野中にしかできない授業だな~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66388327

この記事へのトラックバック一覧です: 中村健一先生の『策略 ブラック学級開き』を読む:

« 解散セミナーが終わる! | トップページ | つれづれなるままに~野中にしかできない授業だな~ »