« 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 | トップページ | 相談を受けて~とにかく凌ぐのです~ »

つれづれなるままに~大石先生に憧れて~

●NHKのにっぽん紀行で「二十四の瞳 大石先生に憧れて」 を見た。香川県の小豆島で、2人の女性教諭(初任、4年目)のクラスが公開されていて、おもしろかった。

 
 特に、2年生の担任である初任のT先生のクラスは、初任のクラスらしく、やんちゃな男の子数人に悩んでいて、とても憧れている大石先生のクラスのようにはなっていなかった。T先生が悩んでいる様子も、映し出されていた。
 ★
 二十四の瞳の大石先生は(実在の人物ではない)、戦後の日本人がずっと憧れてきた先生である。必ず憧れのトップになる先生(今はもう大石先生を知っている先生方が少ないが)。
 
 子供一人一人に寄り添って行く先生である。
 私は、その映画をもう一度見直してみたことがある。
 
 高峰秀子主演の映画。
 涙、涙と思いきや、ちょっと「え~~」と思ってしまう。
 
 大石先生、あらゆるところで泣き出してしまう。弱々しい。
 この大石先生を、現在のクラスの担任にしたら、すぐに学級崩壊になってしまうのではないか、と思ってしまう。
 ★
 大石先生に憧れているだけではダメなのである。
 現実の子供たちの状況をしっかりと見つめ、対処しなければいけない。
 
 初任のT先生は苦労していた。
 授業も、ちょっとだけ公開される。
 ひどい授業をしていた(失礼!)。
 
 これは、大石先生に憧れている段階ではないなと思ってしまう。
●NHKの情報番組「あさイチ」で「学校現場が変わっている」と特集をしていた。
 
 冒頭で、どれが変わっているかと問いかけが出された。
 ①先生が教えない
 ②教科書を使わない
 ③テストは生徒が作る
 
 答えは、3つとも正解である。
 「おい、おい!」と見続ける。
 
 ここ6年間で1000人近くの先生の授業を見てきた私としては、完全に間違い。
 こんなことをやっている学校は1校もなかった。
 
 ②は、学校教育法34条に違反する。法律違反である。
 こういうことを平気で言う先生がいるが、法律違反になる。
 
 ゲストとして羽根拓也さんが出ていた。
 もう10年以上前からアクティブ・ラーニングを提唱してきた人である。
 現実を踏まえた提起をしていた。
 
 言われたことは、2つ。
 
 ①今までインプットばかりの授業をしていたが、アウトプ  ットの授業をしなければならない。
 ②今までしゃべってばかりいた先生が、急にアクティブ・  ラーニングの授業はできないので、問いかけをして生徒  に考えさせるような授業を工夫してみる。段階的に考え  ていかなければならない。
 
  ①は「味噌汁・ご飯」授業として言い続けてきたこと。
 
 ②も、「おしゃべり授業」を克服しなければならないと、何度も提起してきたことになる。

 今、日本の数多くの先生たちは、「おしゃべり授業」をしている。インプットばかりの授業。

 その授業を急にアクティブ・ラーニングにすることなんてできない。
 当たり前のことである。
 
 クラスの子供たちを、話し合いのできるクラスに変えていくには、話し合いの場を設定すればできるようになると勘違いをしている先生がいる。
 
 実は、これは教師の高度な技量によって成立してくることを分かっていない。
 
 教える量は、まったく変わっていないのに、そんな授業ばかりもできない。
 これも当たり前。
 
 あさイチで取り上げた学校が、ほとんど全ての学校の取り組みのような印象を与え、あのような授業ばかりやっていると思わせてしまう。
 これは困ったものである。

 

|
|

« 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 | トップページ | 相談を受けて~とにかく凌ぐのです~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中先生、初めまして。いつもブログを拝見し、勉強させていただいています。初任者のみかんと申します。尊敬する野中先生に、相談させていただきたいことがあり、コメントさせていただきました。
 
 今、一番悩んでいることは、「今からクラスを立て直すにはどうしたらよいか」ということです。
 野中先生が「クラスが荒れてしまったら、凌ぐしかない。」とおっしゃっていることはわかっています。8月に野中先生の本に出会い、4月から「その日暮らしの学級経営」をしてきた自分を悔やみました。 そして夏休み明け、クラスを立て直そうと「目標達成法」や「「一人一当番制」に取り組みましたが、私の指導が悪かったのでしょう。子どもたちのやる気を引き出すことができず、失敗しました。今はもう行っていません。
 教育県で県独自の行事、学習も多く、忙しさ、気持ちの余裕のなさから学習規律や学級規律を整えることが十分にできないまま目の前のことを必死にこなす毎日でここまできてしまいました。
 しかし今、私にはクラスを立て直すという結果が求められています。
 なぜなら、12月中旬からいじめが原因で不登校になったA君がいて、その保護者と毎日電話をしているのですが、「過ごしやすいクラスにしてほしい。」、「荒れていたようだが、今はどうか。」と言われるからです。
 A君は悪口、からかい、物をかくされたり、時には暴力も振るわれていました。いじめの主犯格は5人ですが、クラスのほとんどの子がそのいじめをはやしたてたり、見て見ぬふりといった同調していたようで、我慢できなくなってしまったのです。2年生の時に保健室登校していたことがあり、精神面でも自己肯定感が低く、傷つきやすいから注意するように、と引継ぎを受けていた子でした。
 A君は今精神科にかかっていて、医師からはまず心の回復をすることを優先し、登校刺激はしないように、と言われています。A君は自殺願望があり、学校の建物を見るだけで吐き気がする、ということで私にも友達にも会うことができません。しかし、また教室に戻りたいという意思があるとのことです。
 学校ではいじめサポート班を結成し、A君には医師の言うとおりに心が回復できるまでゆっくり過ごしてもらい、学校側はA君の戻ってきやすい学級づくりを頑張ろう、ということになりました。
  昨日、A君のいじめサポート班を学校で結成し、今後の学級指導について話し合いました。冬休み前にQUを取った結果、私のクラスは非承認、不満足軍がクラスの半分いる「荒れ始め型」だったため、SSTで「自分の自信の持ち方」、「友達との関わり方」等の項目を道徳の時間を使って2月までプログラムしてやっていこうということになりました。(技術を要することなので外部の専門の先生に依頼中です)
 恥ずかしながら未だに毎日をこなすことでいっぱいいっぱいになっている私がクラスを立て直すにはどうすればよいか途方に暮れています。
 日記へのコメントをして当日返すこと(学校の決まりです)、宿題の丸付け、実験準備等次の授業の準備、教材研究(家に持ち帰っても終わらないことが多い)で学校での空き時間は埋まり、子どもと一人一人と関わる余裕がありません。
 放課後もいじめの件での会議や対応、6送会の主任の仕事、初任研のレポート、雑務に追われ、教材研究、丸付けは持ち帰り仕事です。味噌汁・ご飯授業の本も参考にさせていただいていますが、5年で内容も難しく、まだ教材研究に多くの時間がかかります。休日は普段できない家事、自分の子どもの相手をします。子どもを夫に任せて土曜日の午後は学校に仕事に行かせてもらいますが、終わりません。
 今、私のクラスの状態は、全体的に学習意欲がある子が多いので下手な私の授業でも成立しますが、友達同士の関係が希薄で群れの状態、叱ることが多く、面白いことを言ったり、楽しい授業ができない私に不満を持っていることが子どもたちの顔から伝わります。
 私はA君はもちろん、クラスの子どもたちを傷つけてしまいました。居心地のよいクラスにしたい、楽しい授業をしたい、子どもたちをたくさんほめたい、一人一人と関わってあげたい、と思うのですが、余裕がない中、どうすればいいのでしょうか。クラスの子どもたちのために、今私が一番しなければならないことは何なのでしょうか。このままでは、私の家庭も、クラスも崩壊しそうです。助けてください。お願いします。


 

投稿: みかん | 2018年1月14日 (日) 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66268678

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~大石先生に憧れて~:

« 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 | トップページ | 相談を受けて~とにかく凌ぐのです~ »