« つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ | トップページ | 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 »

「学級をきちんと成立させる10ヶ条」

  かつて中村健一先生の編集で、『野中信行が答える 若手教師のよくある悩み24』(黎明書房)という本を出したことがある。

 
 その本の中で、「学級をきちんと成立させる10ヶ条」「授業をきちんと成立させる10ヶ条」がほしい方は連絡をしてほしいと書いている。
 
 2011年に出した本だが、いまだに読んだ方から連絡がくる。
 ありがたいことである。
 
 この10ヶ条は、今では少し修正をしなくてはならなくなっているが、基本的にはこれで良いと思われる。
 
 コピーしたので罫線がめちゃくちゃである。
 まず、「学級づくり」について載せておきたい。
 




  学級をきちんと成立させていく10ヶ条
                                                                  野中 信行 
│                                                                         │   
│1 子供たちが「生徒」する学級づくりを意識しよう                         │   
│2 縦糸と横糸を意識した学級づくりをしよう                               │   
│3 友達先生にならずに、適度な距離をとろう                               │   
│4 子供たちとの通じ合いを豊かに                                         │   
│5 学級づくりは1ヶ月  ~3・7・30の法則~                          │   
│6 まず学級の子供たち8割を味方にしよう                                  │   
│7 学級を「群れ」から「集団」へと変えていこう                           │   
│8 学級がきちんと成立しているかどうかの決め手は、「朝会」「朝自習」     │   
│ 「靴箱」にある                                                         │   
│9 当番活動は、清掃と給食をマークせよ                                   │   
│10 教室は、いつも小綺麗に                                               │   
│                                                                         │   
1 子供たちが「生徒」する学級づくりを意識しよう
  「生徒 」するというのは、私の造語である。学校は、「教師」する先生と「生徒」する子供たちで成り立つ。「生徒」するというのは、学ぶ姿勢を持つということである。その姿勢がなくては、学習は成立しない。
 だから、私たちが「教師」すると同時に、子供たちを「生徒」させるような学級作りを意識しなくてはならない。
 「生徒する」というのは、次のことである。                                     
│                                                                  │         
│ ①学校のルールに従って行動する。                                 │         
│ ②教室のルールに従い、先生や友達の話をきちんと聞くことができる。 │         
│                                                                  │         
 
2 縦糸と横糸を意識した学級づくりをしよう
 子供たちが「生徒」する学級づくりをするためには、「縦糸」を張ること、「横糸」を張ることを意識することである。この縦糸、横糸は、「教育を織物モデルで語る」で提起した横藤雅人先生の命名である。これは分かりやすい。
 縦糸とは、「教師と生徒との上下関係を基礎とするしつけや返事、敬語、学級内ルールなどの関係づくり」である。横糸とは、「教師と子供がフラットな関係性をもち、心を通わせる関係づくり」である。
 縦糸は、強いか。また強すぎないか。横糸を乗せることに耐えられる本数と強さか。つまり、一方的な指示や方針が出されるばかりだったり、弱気な、一貫性のない指示だったり、子供の実態から見て無理な指示や方針だったりしていないか。
 横糸は、豊かか。笑い(嗤いではない)や子供の発想がきらめいているか。教師と子供がフラットな関係性を築いているか。どこかに冷たい頑なな教師の態度が残っていないか。模様に合わせて臨機応変に紡いでいるか。
 このように、学級づくりを反省していくことである。
3 友達先生にならずに、適度な距離をとろう
 まず、学級作りの始まりは、「縦糸」を張ることから始めなくてはいけない。最初は、「横糸」を張ることではないことを肝に銘じよう。
 初任の先生は、これが分かっていない。すぐ子供たちと「横糸」を張ろうとする。いわゆる「友達先生」になろうとする。
 その結果、子供たちから甘く見られ、学級が崩壊するパターンを作り出していく。子供たちとは、適度の距離を取り、「縦糸」を張ることに邁進しなくてはならない。
 「縦糸」を張ることとは、次のことである。                                     
│                                            │                               
│①教室でのルール作り、システム作り          │                               
│②挨拶、返事などの言葉づくり                │                               
│③言葉づかい(敬語など)をきちんとさせる    │                               
│                                            │                               
4 子供たちとの「通じ合い」を豊かに
 「縦糸」が適度に張られたら、次は、「横糸」を張ることに取り組んでいこう。
 若い先生たちは、どんどん子供たちと遊んで、フラットな関係作りをしていくことだ。 私は、子供たちと「通じ合い」を積極的に図るためには、さまざまな手法を使う。
 ①包み込み法 
  子供たち一人一人をまるごとに包み込んでいく。そして、その子の良さを見つけ
  出していく。その一方で、子供たちが引き立つ事実を作り出していく。(種まきをする)
 ③伝達法
  その子の良さやうまく出てきた事実をどんどん知らせていく。
  ハガキ作戦など
5 学級づくりは1ヶ月  ~3・7・30の法則~
 学級が1つのまとまりとして作り上げられるためには、1ヶ月の時間が必要である。
 私は、この1ヶ月を「3・7・30の法則」で作り上げようと実践してきた。
 「3」は、出会いの3日間。「7」は、学級の仕組み作りの1週間。「30」は、作り上げた仕組みを定着させる1ヶ月である。
 この1ヶ月で学級の器がほぼできあがる。この時間がすぎてしまえば、この器作りは困難になる。
 この器作りは、学級がスムーズに動いていくシステム作りである。
 このシステムは、子供たちに学級での居場所を作り上げるためのものでもある。
6 まず子供たちの8割を味方にしよう
 受け持ったままの学級は、「2対6対2の法則」が存在する。
 2割が担任に味方してくれる子供たち、6割がどちらでもない子供たち、2割がやんちゃな子供たちである。
 まず、大切なのは、この6割を担任の味方にしていくことである。そして、8割の多数派を作り上げなくてはいけない。
 そのためには、2割のやんちゃたちにばかり目を向けてはいけない。
 やんちゃたちは、「先生、これどうするのですか」などと「先生」コールをぶつけてくる。一々丁寧に対応する必要はない。
 大切なのは、まず8割の子供たちを味方にするために、きちんと授業をし、きちんと学級を機能させていくことである。
7 学級を「群れ」から「集団」へと変えていこう
 受けもったままの学級は、「群れ」のままである。
 この「群れ」を「集団」へと変えていくのが、学級経営である。
 担任が2,3日いなくても、学級が自主的に動いていくことができる状態を「集団」と考えている。
 私の学級経営法では、目標達成法が「集団」づくりのための手法である。
8 学級がきちんと成立しているかどうかの決め手は、「朝会」「朝自  習」「靴箱」である。
 その学級がきちんと機能しているかどうかの判定方法は、この3つである。          
│                                                                   │       
│ ①朝会できちんと並んで、校長先生の話をきちんと聞いているか。      │       
│ ②決められた朝自習をおしゃべりなく、静かに行っているか。          │       
│ ③靴が投げ入れられていなくて、きちんと整頓されているか。          │       
│                                                                   │       
 つまり、学級の最初からこの3つに焦点をおいた指導を繰り返しておけば、学級は、落ち着いてくることになる。
9 当番活動は、清掃と給食をマークせよ
 さまざまな当番活動があるが、その中でマークしておくのは、この2つである。
 学級が荒れてくると、必ずこの2つが荒れてくる。いい加減になるのである。
 なぜかというと、この2つは、子供たちの自由裁量が生かされてくる活動だからである。 その気にならなければ、いつでもいい加減にすることもできるのである。
 だから、学級が荒れてくると、真っ先にこの2つが荒れてくる。
10 教室は、いつも小綺麗に
 教室は、担任の力量が発揮されてくるところである。
 どんなに授業や学級経営に力を注いでいると思っていても、教室環境がいい加減だと力は半減される。
 子供たちは、身近な環境に多く影響を受けるからである。
 荒れている学級は、ほとんど教室もまた荒れているというのは、私が今まで見てきた事実でもあった。
 
 

|
|

« つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ | トップページ | 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66258617

この記事へのトラックバック一覧です: 「学級をきちんと成立させる10ヶ条」:

« つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ | トップページ | 授業をきちんと成立させていく基礎・基本10ヶ条 »