« つれづれなるままに~あけましておめでとうございます~ | トップページ | つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ »

「味噌汁・ご飯」授業研究会解散セミナーを開きます!

  「味噌汁・ご飯」授業研究会を解散する。

 研究会は3月までで終了である。

 そこで、「味噌汁・ご飯」授業研究会解散セミナーを開くことにした。
 http://kokucheese.com/event/index/501877/

  ★
 もちろん、第2次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が立ち上がる。
 新たに、秦安彦会長(現大和市文ヶ岡小校長)のもとで再出発する。

 もともと第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会は、5年間を目処に設立したものであった。
 ところが、算数本の出版で7年間かかってしまった。
  ★
 解散セミナーは、2月10日(土)に開く。
 
 ここには、北海道の大曲小学校の校長として、「味噌汁・ご飯」授業を学校ぐるみで実践し、画期的な成果をあげられた横藤雅人先生(現北海道教育大学臨床教授)を招いて、その成果と課題を語ってもらうことにした。

 ★
 なぜ、解散するのか。
 
 最初からそのように決めていたことだが、組織はだいたい長期間続けていると退廃する。
 惰性に流れてしまうからである。

  だから、こういう会は、きちんと年限を切って始めればいいと思い決めていた。
 それが今回のことになったのである。
  ★
 「味噌汁・ご飯」授業が、もう必要なくなったわけではない。
 日本全国の各先生方が、毎日5,6時間の授業をされている。
 どう言おうと、毎日授業はなされているわけである。

 その授業が豊かにならなければ、子供たちをうまく育てていくことはできないはずである。

 多くの先生方は、それこそこの「日常授業」をほんとにつまんないままに、飽き飽きしながら続けている(失礼!)。

 もともと「日常授業」はつまんない。
 教える内容も、決しておもしろくないし、毎日毎日おもしろ、おもしろくできるわけがない。 
 
  だが、カスカスの、それこそつまんないままに続けている授業でいいわけはない。
 教師も、そう思っているが変えられない。

 ところが、ここ最近今まで教室を支えていたはずの勉強が良くできる子供が、問題を起こしている事例を何度か耳にしてきた。その子たちが学級崩壊の中心になっている。

 私は、いよいよ始まったなあという思い。
  「真面目派の反乱」である。

  あまりにも毎日の授業がつまんないのである。
 耐えられなくなっている。

  研究授業や「ごちそう授業」だけにいそしんでいる時間はない。

 「日常授業」の改善をテーマに、本気になって「味噌汁・ご飯」授業を考えていくことが求められているのである。
 ★
 2月10日(土)の解散セミナー。
 ここで1年分の単元「ときかたハカセ」(1年~6年 東京書籍だけ)を提示する。
 50部だけ、印刷することになる。
 都合をつけて、ご参加ください。

|
|

« つれづれなるままに~あけましておめでとうございます~ | トップページ | つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66240014

この記事へのトラックバック一覧です: 「味噌汁・ご飯」授業研究会解散セミナーを開きます!:

« つれづれなるままに~あけましておめでとうございます~ | トップページ | つれづれなるままに~2018年目標を立てる~ »