« 網走小学校へ行きました!~年間1000時間で子供を育てる~ | トップページ | つれづれなるままに~今年もこうして暮れていく~ »

つれづれなるままに~19版になった~

●明治図書から出している『新卒教師時代を生き抜く心得術60』の本が19版になった。

 20版までもう少し。
 
 うれしいことである。
 2007年に初版を出し、もう10年経っている。
 この10年で19版。
 売れ続けているというのが良い。

 この本を見て、10年経って、また新しい初任者本を出してほしいという出版社があり、これもうれしい話であった。
 再来年の2月に出版することが決定。

●算数の「ときかたハカセ」の申し込みが殺到して、あっという間に残部がなくなってしまった。
 これには考え込んでしまう。

 この「ときかたハカセ」は、当然先生たちが自分で作成できなくてはならない。
 しかし、具体的にどう作っていくのかというのは少しの訓練がいる。

 そのためには、たたき台がほしいところだ。

 先日の「ときかたハカセ」の単元は、10月下旬からのもので、後半のものである。
 当然、4月からの単元で1年間の算数「ときかたハカセ」があってもいいと思われる。

 東京書籍だけでも、作成していけないものか。
 そう思いだしている。

●12月も中旬。3学期制の学校は、通信表の作成が終わりを迎えていることであろう。
 私の場合、通信表はだいたい締め切りの1週間前には仕上げていった。
 
 そんな仕事術を持っていた。
  その仕事術は、『必ずクラスを立て直す教師の回復術!』(学陽書房)に書いた通り。
 
 だから、最後の勤務校では、ほぼ5:00に帰っていた。
 その前の勤務校では、教務主任をしていたので、5:30か6:00には帰っていた。
 
 教務主任がそんな時間に帰る学校は皆無であろう(校長にには「早く帰りますよ。それでも良かったらやりますよ」と伝えていた。それでも校長は嫌な思いであったろう)。
 
 その時期、私が夕食の当番であったので、買い物の必要があり、その時間であった。
 それでも6年の担任をやり、初任者指導の担当をやり、またフルマラソンの練習もやっていた時期である。

 仕事術なのである。
 これから教員は、自分なりの仕事術を持たないとやっていけない時代になる。

 学校は、ブラック企業になっているが、教員の仕事はいくらでも工夫次第で簡単にすることができる。

 私の工夫を学陽本で参考にしてほしい。

 そうそう、12月の終わりには、もうほとんど指導要録も終えていたのである。終業式の前の放課後(空き時間がある)3時間ぐらいかけて一気に書き終える。
 
 資料はある。通信表である。
 3月には、もう一度点検して最後のまとめをすればいい。
 
●現場教師のとき、心がけていたことがある。
  何か問題を感じたとき、次のような動きをする。

 1 よく見る。
 2 それが何かと考える。
 3 打つ手を処方する。
 4 行動する。
 
 現場教師というのは、これを瞬時に行わなければいけない。
 誰でもがやっていることになる。

 ただ、漫然と教室へ行き、漫然と子供たちを見ていてはこのような行動は取れない。
 そして、問題が大きくなってやっと気づくということになる。

 1の「よく見る」は、日頃何を見ておくかだ。
 たとえば、私は、朝教室へ行くとき、靴箱を経由していくことを日課にしていた。
 
 それは、靴箱への靴の様子で、その子の生活の乱れが表れるからである。

 たとえば、休み時間の教室の様子を見る。
 一人で本を読んでいる子供がいる。
 要注意。

 時々図書室へ行く。
 一人で本を読んでいる子供がいる。
 要注意。

 職員室の前をうろうろしている子供がいる。
 要注意。
 ……

 孤立している子供は要注意なのである。特に、グループから離れて一人でいる女の子は、最も危険である。

 そして、2,3のことをやり、4の行動に移る。
 ★
 子供たちのどこを見ているか。
 これは決めておかなくてはならない。
 ピンと来たら、躊躇しないでその子に質問するか、話し合うかをしなくてはならない。
 
 
 

|
|

« 網走小学校へ行きました!~年間1000時間で子供を育てる~ | トップページ | つれづれなるままに~今年もこうして暮れていく~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66156531

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~19版になった~:

« 網走小学校へ行きました!~年間1000時間で子供を育てる~ | トップページ | つれづれなるままに~今年もこうして暮れていく~ »