« 第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が終わる | トップページ | 座間の事件を考える(1)~SNSが問題の中心にある~ »

えりも小へ行きました!

●台風一過。羽田へ急ぐ。

 台風とぶつかって、飛行機が飛ばないとするとどうしようと心配したが、早々と去って行ってくれた。

 北海道の帯広空港へ行く。
 ここから襟裳へ行く。車で2時間。

 私を呼んでいただき、えりも町学校教育研究会学習講座が開かれる。
 近隣の小中高の先生方、えりも町の教育委員の方々が集まってこられる。

 ここへ来るようになって4年目である。
 2年目までは、札幌から高速バスで来ていた。
 しかし、4時間もかかる。
 これには懲りた。

 ところが、帯広からは、車で2時間ということで、3年目からは帯広空港へ来ることになった。
 ★
 今回もえりも町教育委員会のHさんが迎えにみえている。
 襟裳へ急ぐ。

 夕方の5:30頃に到着。もう日も暮れている。
 いつもの田中旅館に入る。
 
 偶然にも道教委のN政策課長がおられる。
 えっ~~~ということで、名刺交換をする。
 えりも町に他の仕事でこられたということ。

 早速、温泉に行く。
 ここの温泉はとても気に入っている。
 そして、新鮮な海の幸をいただく。

 風が強く、窓に吹き付ける。
 その音に馴染めず、なかなか眠れない。
 襟裳は風の街なのである。
 ★
 翌日、朝7:50に迎えに見える。
 1時間目に3年生のクラスで授業をする。
 この時間帯に無理に入れてもらったのである。

 担任のS先生と簡単な打ち合わせをして、すぐに3年生のクラスへ行く。

 いつものように子供たちを笑わせて、すぐに授業に入る。
 また、さまざまな収穫がある。

 2時間目から4時間目までは、先生たちの公開授業を見て回る。
 15分程度じっくり見ることができる。

 4年間、先生たちの授業を見続けているのである。
 昨年度から先生たちの授業が大きく変わってくる。

 テンポのある授業。
 45分で完結する授業。

 確実に、先生たちの授業力が上がっている。

 特に、4年目のT先生の授業(2年生)は印象的であった。
 この先生の授業を初任から4年間見続けてきて、今年は大きく脱皮している様子にちょっと感激する。

 ①学習規律が整えられていて、ノート指導が徹底されている。
 ②子供へのフォロー(ほめるなど)が数多くなされている。
 ③子供への指示が短く、小刻みになされている。
 
 ★
 その後、90分の講演をする。
 テーマは「学力向上を図る『日常授業』の改善を考える」。

 多くの先生方、教育委員の方が集まっておられる。

 「2年目から遺言ですからと言い続けて毎年来ているわけですが、ほんとに今年は終わりです。今年度をもちまして、学校力向上アドバイザーを卒業することにしました」と話し始めていく。

 学校力向上事業のアドバイザーとして6年目を迎える。
 もはや、私ができることはやり尽くしている。
  潮時である。

 夜、教育長、校長、教頭先生たちに田中旅館で懇親会を開いてもらう。
 楽しい会であった。
  ★
 翌日、また帯広空港から帰ることになっている。
 その前に、襟裳岬を見せてほしいと課長補佐のHさんに頼みこみ、連れて行ってもらう。
 襟裳に3回も来ているのに、まだ一度も襟裳岬を見ていないのである。
 「冥土のみやげにお願いします」(笑)と。

 風速15mの風である。
 「このくらいは普通の風です」と。

 この上空を北朝鮮のミサイルが飛んでいったのである。
 襟裳岬は、想像していたよりもでっかくて、
 「これは、これは、………」
 とその風景のすごさに驚く。

 終わったなあという思いでいっぱいになる。


 

 
 
 
 

|
|

« 第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が終わる | トップページ | 座間の事件を考える(1)~SNSが問題の中心にある~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/66001462

この記事へのトラックバック一覧です: えりも小へ行きました!:

« 第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が終わる | トップページ | 座間の事件を考える(1)~SNSが問題の中心にある~ »