« つれづれなるままに~第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会は解散です~ | トップページ | えりも小へ行きました! »

第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が終わる

  21日、「味噌汁・ご飯」授業(算数)セミナーを開くことができた。

 台風が来る前日である。
 それでも雨が冷たく降っている。
 
 その中を先生方に参加していただいた。
 ありがたいことである。
 
 遠く福島や愛知から見えている方もいて、ほんとに申し訳ない気持ちであった。
  ★
 ところが、大失態をする。
 パソコンを持ってくるのを忘れたのである。

 これではパワーポイントは使えない。
 やむなく自宅へ取りに帰る。
 予定時間までに戻ってこれるのだろうか。

 道路はものすごく混んでいる。
 どうなるのだろうか。

 運良く近道を知っているタクシーの運転手さんの車に乗ることができた。
 開始10分前に戻ってこられる。やれ、やれ。
 ★
 4時間の講座。
 熱心に耳を傾けてもらえる。
 
 雨の中を参加してもらった方に、「来て良かった!」というプレゼントができたかどうか?
 ありがとうございました。
 ★
 ALの時代に、「味噌汁・ご飯」授業はなかなか馴染めない。
 
 だが、必ずこの授業が問われる時代は来るのだと、考えている。
  どんなに提案性のある授業でも、そこに「日常性」が込められてなければ、絵に描いた餅に過ぎない。
 
今、公開の授業研究会で提案されているのは、この種の「絵に描いた餅」授業ではないだろうか。

 「日常性」とは、この授業が、明日も明後日も、同じようにこの教室でなされるということ。
 そういう提案になっているかどうかなのである。

 この「日常授業」で、先生たちがきちんとした手応えがなければ意味がない。
 大切なのは、「研究授業」という非日常ではなく、毎日の「日常授業」なのである。
 ★
 セミナーに参加した先生の1人に、すでに「味噌汁・ご飯」授業で算数を実践されている先生がいて、おもしろい話を聞いた。

 問題解決学習で研究をしている学校。
 その先生は、日頃は「味噌汁・ご飯」授業で行い、研究授業は、問題解決学習で行った、と。

 その学校で算数の好き嫌いの調査をしたら、ダントツにその先生のクラスが算数好きが多くて、他の先生たちから評判になったという。
「どうしてあのクラスだけがこんなに多いのか?」と。

 子供たちが何を望んでいるのか、ということが分かる事例である。
 ★
 終わった。
 「味噌汁・ご飯」授業研究会を始めて、7年間が過ぎる。 ここで第1次の研究会は、解散する。

 組織はいつまでもだらだらと続けると退廃する。
 ちょうど良い頃合いである。

 「味噌汁・ご飯」授業というネーミングは、国語本、算数本の編集者の1人であった小島康親先生と、ふと電車の中で交わした会話から始まったものである。

 もう現役を引退していて実践ができなかった。
 そこで、親しい先生たちに呼びかけ、実践をしてもらい、ここまで実践をつないできたことになる。

 第2次の「味噌汁・ご飯」授業研究会もすぐに始まる。
 また、新しい試みがなされるはずである。
 


 

|

« つれづれなるままに~第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会は解散です~ | トップページ | えりも小へ行きました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会が終わる:

« つれづれなるままに~第1次の「味噌汁・ご飯」授業研究会は解散です~ | トップページ | えりも小へ行きました! »