« 「味噌汁・ご飯」授業 算数本 出版記念セミナー のお知らせ | トップページ | 年若き友へ(3) »

年若き友へ(2)

  ひとかどの教師人生をおくりたいと願うなら、そこに「時間」をかける必要がある。

 
 才能や能力が左右すると考える人は多い。ちがう。
 かける「時間」の量である。
 
 たとえば、イチローのこと。
 あの細身の体で、世界のトップレベルの記録を重ねている。
 
 なぜ、そんなことができるのか。
 それは、かける「時間」の量がはんぱでないから。
 
 階段を上るときも、食事をしているときも、そのことを考えている。
 すべての時間を野球人生にかけている。
 だから、それができる。
 
 もう1つ、徹底したルーティンをしている。
 朝起きたら…、昼はカレーライスを食べる、球場に行ったら、…。
 
 きちんときまったルーティンをかたくなにこなしている。
 
 この世のあらゆるものは、「繰り返し」によって成り立っている。この世の本質は、「繰り返し」である。
 
 だから、イチローは、この「繰り返し」(ルーティン)を存分に、徹底して使い切っている。
 ★
 野球界の大スターイチローという極端な例を出したのは、そこから学ぶものが同じだと思うから。
 
 かける「時間」と「繰り返し」(ルーティン)。
 
 ひとかどのことをしようと思うなら、この2つを意識することなのである。
 
 この2つは、その気になれば誰にも平等に与えられている。
 
 

|
|

« 「味噌汁・ご飯」授業 算数本 出版記念セミナー のお知らせ | トップページ | 年若き友へ(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65781010

この記事へのトラックバック一覧です: 年若き友へ(2):

« 「味噌汁・ご飯」授業 算数本 出版記念セミナー のお知らせ | トップページ | 年若き友へ(3) »