« 年若き友へ(2) | トップページ | 相談を受けて~1年生の世界を楽しむこと~ »

年若き友へ(3)

  教師人生をすべてに優先して考える人がいる。

 自分の時間も、家族の時間も、すべて犠牲にして、教師の時間につぎこんでいる人がいる。

 私は、そんな人生を送ってこなかった。
 普通の人は、そんな人生をおくるべきではないとも、考えている。

 人は、「個人としての存在」「家族としての存在」「社会的な存在」を生きる。
 もちろん重なるところはあるが、バランスを取って、3つを生きていかなくてはならない。
 
 教師人生にすべてを注いでいる人は、「社会的な存在」としての自分に過大な時間をかけている。
 個人としての存在も家族としての存在も、極めて極小化されている。
 バランスを著しく欠く。

 欠いたらどうなるか。
 どこかでしたたかにしっぺ返しを食らう。

 「個人としての存在」の時間を欠いたらどうなるか。
 定年を迎えて、何も仕事をすることがなくなったら、ぽっかりと何もない自分に気づく。
 肩書きだけで生活してきたしっぺ返しである。

 「家族としての存在」の時間を欠いたらどうなるか。
 離婚の危機が迫る。
 子供たちから総スカンを食らう。
 そんな人を私は何人も見てきた。
 
  「社会的な存在」の時間を欠いたらどうなるか。
 仕事ができない。
 ベテランになっても、初任者と同じような授業しかできない。クラスも持てない。学校の仕事も思うようにできない。
 そんな人たちを、何人も見てきた。

 人の一生は、とても平等にできているから、どこかでうまくいっても、どこかでしっぺ返しを食らうことになっている。

 そのしっぺ返しを少なくするには、3つの時間を丁寧に生きる以外にない。

 この3つの時間を教えてくれた思想家吉本隆明さんは、以下のように書いている。
  ★ ★ ★
 「個人としての個人」
 「社会的な個人」
 「家族の一員としての個人」
 この3つは次元が違いますから、何か問題が起こったときの解決の仕方も違います。ごちゃまぜにしないで、それぞれ別個に考えることが必要です。
 そうしないと、個人だけで解決するべきことを、国家の問題に直接適用して考えてしまったり、他人の精神的な問題を、自分と同じように考えて首を突っ込んでしまったりという間違いをしてしまうことがあるのです。
     『13歳は二度あるか』(吉本隆明著 大和書房)
 ★ ★ ★
 吉本さんは、「個人としての個人」を個人幻想、「社会的な個人」を共同幻想、「家族の一員としての個人」を対幻想と展開された。
 むずかしい。
 
 しかし、この考え方を知っていると1つに突っ込んでいく存在の仕方を避けることができる。

 私も、どうしても教師の仕事に突っ込んでいく傾向を持っていたので、この考え方がそれを避けさせてくれた。どれほどありがたかったかしれない。
 
 ぜひとも若い人たちは、この考え方を身に付けてほしいと願っている。(終わり)
 
 
 

 

 

 

|
|

« 年若き友へ(2) | トップページ | 相談を受けて~1年生の世界を楽しむこと~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生

社会人としてバランスの取れた生活を送ること。私も常々考えています。

うちの学校の若者も、ともすると「教師としての時間を過ごすこと」に大きく偏っていると思います。また、それに違和感を感じず、好ましいとさえ考える管理職がいます。

「教師の時間」しか過ごしていない教師の授業は薄っぺらでつまらない。
早くそれに気づいて欲しいです。

昨日は区内の中学校三年目の国語科の研究授業を参観しました。
体裁は整っていますが、先生がしゃべり続ける、退屈な授業でした。

私は教師生活は残り5年と決めました。
その後は保育士に転職し、幼児教育と保護者教育を研究します。

残された時間で、趣味の時間を確保しつつ、国語の授業を極めます(^_^)v

投稿: J.SASE | 2017年9月14日 (木) 01時59分

低学年の指導についての相談です。
これまで高学年ばかりで初めての一年生担任です。

高学年担任ばかりをしていたからなのか低学年の騒然としたあの感じが我慢ならないのと同時に、学級としてまずい状態だから何かしなければいけないのか、低学年は普通こうだから大丈夫だよという状態なのかが全くわかりません。

具体的には
●高学年だと多少騒がしくても「〇〇くん、よく話聞いてくれてるね。」たどと言えば大体すぐに落ち着くものですが、一年生はその褒め言葉すら聞こえないで騒いでいます。10回ほどそんな褒め言葉を繰り返して、やっと落ち着くこともあれば、時には少し口調を強くして強制的に落ち着かせることもあります。

●さらに話を聞いていない子も必ず5人くらいいて、その子にものすごく目がいきます。下を向いている、隣としゃべる、地面をいじるなどです。5人くらいならやはり目をつぶるべきなのでしょうか。私はどうしても気になって、〇〇聞いてる?大丈夫?などと言ってしまいますが。。
それでも、中には同じ質問をしてきたり、自分のやる事や並ぶ場所などがわかっていない子もいます。

●リーダーシップを取る子があまりおらず、おふざけやお遊びにすぐ同調してしまいます。「今はやめとけよ」などという子がほぼいません。それでまた怒る。


こんな感じで、荒れてるとかでもないですし、他の先生から褒められることもあるのですが、自分自身がこれまでの高学年のイメージが基準にあるので、到達ラインが高すぎる?のかイライラしてしまいます。

高学年イメージが邪魔していて、一年生としては優秀ではないにしても、普通のクラスにはなっているのでしょうか。

それとも、やはり私の感覚通り、クラスは荒れていて、今後改善為に多大なる努力をしていかなければいけないのでしょうか〈もちろん優秀なクラスでもさらなる向上をさせなければいけないわけですが、、〉。

これまで高学年担任として、教師主導で、統率した雰囲気でやってきていたので(鬼監督とかそういうイメージではなく、楽しませながらもやるところやらせたり、自分が中心にいる感じです。例えが変ですが明石家さんまのよう感じです。)、そのギャップをものすごく感じます。

投稿: カナリヤ | 2017年9月17日 (日) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65785063

この記事へのトラックバック一覧です: 年若き友へ(3):

« 年若き友へ(2) | トップページ | 相談を受けて~1年生の世界を楽しむこと~ »