« 文ヶ岡小の訪問(3)~「授業の振り返り方」について~ | トップページ | 年若き友へ(1) »

野口国語継承セミナーのお知らせ

  野口国語の継承セミナーが開かれる。

 横浜で第1回のセミナーである。
 
 第1回「野口国語」継承セミナーin横浜

~国語科授業の指導技術を磨く~

【目的】

 確かな学力形成を図るため、野口芳宏先生のもつ指導技術と教育理論を学び、他者に伝達できる力を培い次代に継承する。

 (1)学力を保障するための指導技術と根底にある教育理論を学ぶ。

 (2)学んだことを活かして国語科授業の活性化を図ると共に、職場等に還元する。   

※ブログ http://ngkeisyo.blog.fc2.com/

 

◆期日 平成291028()10:20 16:35

テキスト ボックス:  横浜駅(東口)から徒歩10分
 横浜市営地下鉄「高島町」駅から徒歩1分
 横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅から徒歩5分
 京浜急行「戸部」駅から徒歩5分
◆会場 大学(横浜市西区桜木町7-42)

 

 ◆日程(若干の変更は有るかも知れません)

  9:3010:20  受付

 10:20      開講挨拶と日程説明

 10:3012:00  説明文教材の模擬授業

         ①瀧澤 真  4年教材「便利ということ」教育出版 20

         ②佐藤秀樹  5年教材「生き物は円柱形」光村図書 20

         ③井関和代  5年教材「動物の体と気候」東京書籍 20

 野口先生の指導助言  30

 12:0013:00  昼食・休憩

 13:0014:30  物語文教材の模擬授業

         ④小路健太郎 1年教材「おてがみ」教育出版            20

         ⑤早川広幸  4年教材「ごんぎつね」東京書籍          20

         ⑥丸岡慎弥  5年教材「大造じいさんとガン」東京書籍 20

 野口先生の助言指導 30

 14:4515:30  野口先生の授業 「詩歌」 45分 

 15:3516:20  野口先生の講話「国語教師の自覚と使命」  45

 16:2016:30  「模擬授業受講書」伝達(6名へ)とアンケート記入

 16:3016:35   閉講挨拶と次回予告

 17:3019:30  懇親会(野口先生を交えて、会場近くにて希望者で)

◆参加費 3,000円 (当日受付で)

◆申し込み方法

 ①お名前 ②所属(県名から) ③連絡用アドレス ④懇親会希望の有無を記入の上、

 松澤正仁(saffron@mxi.netwave.or.jp)まで申し込んでください。

 【件名】第1回「野口国語」継承セミナーin横浜 参加申込

「こくちーず」からの申込みもできます。http://kokucheese.com/event/index/475681/

※参加者へ「第1回記念特典」有り

|
|

« 文ヶ岡小の訪問(3)~「授業の振り返り方」について~ | トップページ | 年若き友へ(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中先生、ご無沙汰しております。

 9月から新しい学校で、短期間の臨時職員ではありますが、特別支援学級の担任として勤めさせていただいております。

 一時は「自分は教師に向いていないから」と、教職の道を諦めようと考えていました。しかし、まだ「子どもと関わることが好き」という気持ちが残っており、それならもう少し続けてみようかな……と思い直し、再チャレンジすることを決意しました。

 赴任してまだ数日、戸惑いばかりの日々ではありますが、「一日一日を積み重ねていく」気持ちで、また頑張ってみます。

 なかなかコメントできませんでしたが、いつもブログの更新を楽しみにしています。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 童神 | 2017年9月 7日 (木) 21時43分

「子供と関わることが好き」、それが教師を続けていく一番の理由ですね。童神先生の続投、心からうれしく思います。担任している子供たちとステキな時間を積み重ねていってください! 応援しています。

投稿: 横藤雅人 | 2017年9月13日 (水) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65753222

この記事へのトラックバック一覧です: 野口国語継承セミナーのお知らせ:

« 文ヶ岡小の訪問(3)~「授業の振り返り方」について~ | トップページ | 年若き友へ(1) »