« 算数本についてのセミナーを開きます! | トップページ | 問題解決学習について質問されて! »

つれづれなるままに~日野原さんが亡くなった~

●105歳の日野原重明さんが亡くなった。

 朝日新聞にずっと掲載されていたコラムの読者でもあった。「105歳 、私の証 あるがまま行く」。
 
 2002年の91歳から土曜日に掲載される連載である。
 15年続いたことになる。

 そして、2017年7月29日(土)が終わりであった。
 これは5月下旬に口述筆記されたもの。

 この連載の終わりは以下のようになっている。

 ★ ★ ★
 自宅の庭には、妻の遺骨がほんの少しばかりまかれています。亡き妻はここに静かに眠っていると思います。私の名を付けた深紅の薔薇「スカーレットヒノハラ」と、妻の名を付けた淡いクリーム色の「スマイルシズコ」も今頃、長野県中野市の一本木公園で花を咲かせていることでしょう。これからの季節は、紫陽花が美しく咲くと思います。紫陽花は丸く、ボールのような形なので、私はボールフラワーとニックネームを付けました。まだ緑色のつぼみが日に日に膨らんでいくのを眺め、ボールのような花がきれいに色づくのを楽しみにしています。これで、私からのメッセージを終わりにしたいと思います。
 ★ ★ ★
 日野原さんは、もう食べ物が食べられなくなった時期なのだろうか。 
 口述筆記である。

 最後は、大好きだった花の話題で終わり。
 最後は、こんなところへ帰っていくのであろう。

●朝日新聞の「折々のことば」に鷲田清一さんが以下のことを載せていた。

 ★ ★ ★
 潰れない選手、伸びる選手には、共通点がある。……
 それは、孤独な時間をきちんと過ごせることだ。
                    森繁和
 落合博満監督の下でヘッドコーチを務めた中日の現監督は、選手に「こうやれ」ではなく「こういうやり方もあるよ」と言ってきた。野球は自分で考え抜いてやるものだからと。人生で潰れないためには、他人とつるんだり慰めあったりするのではなく、自分にしかと向き合う「孤独」という場を内にもつことが大切。著書「参謀」から。
 ★ ★ ★

●8月1日、練馬の夏期集中講座に行く。
 テーマは「魅力ある学級づくりのポイント」。

 13:00~16:00の3時間。
 なかなかの時間である。

 講座は、30人から40人までを予定していたが、実際に集まった人数は、65人。
 会場はぎっしり。
 マイクを使うほど。

 5つの課題を設けて、グループごとに話し合い、最後に印象に残り、2学期からの実践にしていきたいものを発表してもらう。

 多くは、「2:6:2の法則」や「目標達成法」に注目される。

 「学級づくり」を土台に据えなければやっていけなくなった時代が来ているのである。

●『オックスフォードからの警鐘』(苅谷剛彦著 中公新書ラクレ)を読んだ。

 私は、苅谷さんが日本にいないのは、残念でならない。
 ずっとオックスフォード大学にいる。

 この才能をオックスフォードに取られているのは残念であるという以外にない。
 
 この本を読んで、あらゆるものが結びつく思いになった。
 「アクティブ・ラーニング」という発想は、実は、グローバル人材の育成というイギリス発の戦略に組み込まれていることがよく分かってくる。
 
 ちょっと難しい本であるが、ぜひ読み込んでおく本である。
 
 


 

 

|

« 算数本についてのセミナーを開きます! | トップページ | 問題解決学習について質問されて! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~日野原さんが亡くなった~:

« 算数本についてのセミナーを開きます! | トップページ | 問題解決学習について質問されて! »