« つれづれなるままに~日野原さんが亡くなった~ | トップページ | 相談を受けて~包み込み法を取ることです~ »

問題解決学習について質問されて!

   明治図書から出版した算数本に対して、さまざまに感想が寄せられている。

 その中で、「問題解決学習」についての質問が寄せられた。

 問題解決学習とは、ご存じの通り日本全国でやられている算数の教え方である。どこででもやられている。

 ある先生から以下のような悩みが寄せられた。

 ★ ★ ★
自分はこれまで算数の授業を問題解決型で行ってきて、大きく2つの問題に悩んでいました。
1つ目は、先生の本でも述べられている通り、問題演習までいかず、授業内で新しく学習したことの定着が十分に図られないこと。
2つ目は、45分間の1単位時間内に学習内容が終わらないことが多く、進度が遅れてしまうこと。
この2点の悩みに先生の「味噌汁・ご飯」授業算数科編の本は答えてくれました。
  ★ ★ ★
 
 おそらく、多くの先生方がこのような悩みを持っておられるであろう。
 ここでの悩み2つは、問題解決学習が構造的に持っている問題点である。
 真面目に学習を進めていけばいくほど、この2つの問題点にぶつかる。
 
 だから、ほとんどの先生は、日頃はテキトウにやっているか、練習問題やまとめの問題を宿題にして消化しているはずである。
 そうしないと学習内容が終わらないからである。
 ちゃんとした問題解決学習は、研究授業などに行うということではないだろうか。

 調べたことによると、指導書に書かれた時間できちんと進めているだけでも10~15時間の不足が出てくる。テストの時間やテストを配布する時間などが、まったく時間数の中に組み入れられてないのである。

 ましてや1時間ごとに完結しない(練習問題までいかない)授業をしていては、それは大変なことになる。
 
 問題解決学習というのは、算数学習を進めるための1つの方法論にしかすぎないはずである。
 その方法論が、なぜ強制的な学習方法として採用されているのか、不思議である。

 強制的というのは、若い先生たちが教科書を使ってやろうとすると、「教科書はしまわせてやること」「問題解決学習のやり方を使うこと」という指導が入るということからである。

 方法というのは、目の前の子供たちにとって効果的であるからこそ採用するものである。
 どんなに効果的だと言われていても、目の前の子供たちにうまくいかなければ方法を変えなければならない。
 こんなことは当たり前のこと。

 算数本で、問題解決学習についてQ&Aで書いたことは、低学力児を引き上げていくためには、ほとんど効果がないことを書いた。
 指導の中身が、低学力児に対応できないためである。
 
 

|

« つれづれなるままに~日野原さんが亡くなった~ | トップページ | 相談を受けて~包み込み法を取ることです~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題解決学習について質問されて!:

« つれづれなるままに~日野原さんが亡くなった~ | トップページ | 相談を受けて~包み込み法を取ることです~ »