« 算数本出版記念セミナーを開きます! | トップページ | 大和市の文ヶ岡小学校を訪問する(1)~パンパースを持ってきた子がいた~ »

つれづれなるままに~古稀を迎えました~

  8月26日 私の誕生日。70歳になった。古稀を迎えたことになる。


 朝、知り合いの方から電話でハッピーバースディの歌のプレゼントをもらう。恐縮する。

 教員を退職してからもう10年も経つのである。
 あっという間のできごと。
 また、1つ峠を越えたことになる。

 西行の歌に以下のようなものがある。
  ★ ★ ★
 年たけて また越ゆべしと 思いきや 命なりけり
 小夜(さや)の中山
  ★ ★ ★

 西行も人生を長い旅路に重ねている。
 「小夜(さや)の中山」というのは、東海道の難所。

 この歌を詠んだ時、西行は69歳。
 かつて若い頃に越えた難所を、そんな高齢になってまた越えようとしている。
 「命なりけり」というのは、そういう自分の人生を振り返っての感慨であろう。

 いつか「これが自分の宿命だったのだ」と思う日がくる、それこそ「命なりけり」と思える日がくるかもしれない。そういう「いつか」を頼みにして、ただ歩き続ける。
 そんな心境を歌っているのであろう。
  ★
 昨夜は、娘や娘婿たちが誕生祝いをしてくれた。
 今日は、いつものように起きて、いつもの「朝の体操」をしている。
 両手振り体操や発声練習などを40分ぐらい。

 これからの10年 とても思い描くことはできない。
 生きているのかもままならない。
 
 まあまあ、「命なりけり」を頼りに目の前の課題に取り組んでいく以外にない。
 いつものように、前を向いて歩き続ける。

 

 
 

 

 

|
|

« 算数本出版記念セミナーを開きます! | トップページ | 大和市の文ヶ岡小学校を訪問する(1)~パンパースを持ってきた子がいた~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、70歳のお誕生日おめでとうございます
昨年のお誕生日記事にコメントをしましたH小学校6年2組であったA.K.です
私は教職には就いておりませんが、先生のお元気な様子を知ることができるので時々ブログを拝見しています(*^^*)

昨年は、終わり支度を始めなくてはならないと結んでおられました
あの頃から随分と長い時間が経ったのだ、と少し寂しい気持ちになったのを覚えています
私の中では23年前と同じ、いつまでも元気な、明るい、面白い、厳しく優しい、野中先生なのです
でも、いつものように、前を向いて歩き続ける
この一行にとても感激しました
私の父も72になりましたがまだまだ現役、あと5年は元気に働く!と宣言しています
先生も5年と言わず、10年後もお元気で
多くの方の救済者でいてくださいますように
そして20年後は、可愛いおじいちゃんに(*^m^*)

私は今でもどこかですれ違ったら、野中先生だとわかる自信があります
また健康で、素晴らしい一年になりますように

投稿: A.K. | 2017年8月27日 (日) 22時20分

AKさん、わざわざコメントありがとうございます。覚えております。
 もう23年も経ったのですね。お父さんもお元気で何よりです。これからさまざまなことで断捨離を始めますが、それは自分の生き方をシンプルにすることなのです。まだまだ元気ですよ。また、また。

投稿: 野中信行 | 2017年8月28日 (月) 06時45分

野中先生

古希おめでとうございます。

野中先生と初めてお目に科かったのは、現役最後の年の明日の教室京都だったと記憶しています。先生が「運動会で今年も5年生に勝ちました」とお話しされていたのを覚えています。

あれから11年が経過したということですね。
「月日は百代の過客にして行き交ふ年もまた旅人なり」光陰矢のごとしですね。

これからも、健康第一で益々のご活躍ご健勝をお祈り申し上げます。
来年度、東京分校再会を模索しています。

その際は、味噌汁ご飯、算数での登壇をご検討ください。
よろしく尾根がします。

投稿: J.SASE | 2017年8月30日 (水) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65714712

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~古稀を迎えました~:

« 算数本出版記念セミナーを開きます! | トップページ | 大和市の文ヶ岡小学校を訪問する(1)~パンパースを持ってきた子がいた~ »