« 『「味噌汁・ご飯」授業 算数編』(明治図書)が発刊された! | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 算数編に込めたこと(2) »

「味噌汁・ご飯」授業 算数編に込めたこと(1)

○「ごちそう授業」ではない、「日常授業」の改善というテーマを推し進めたこと。 

『「味噌汁・ご飯」授業 算数編』(明治図書)が出版された。
 国語編を出版してから3年の月日が経つ。
 
 出版に際して、この本に込めた意図を連載で1つずつ書いていきたい。
  ★
「味噌汁・ご飯」授業は、「ごちそう授業」を目指していない。
 だから、「ごちそう授業」を作る発想を問い直して、発想を変えていくという手法をとった。
  ★
 「ごちそう授業」は、多くの時間をかけての教材研究→指導案→「ごちそう授業」という順序をたどる。
 
 まず、「教材研究」という発想ではなく、「授業準備」というネーミングで授業をとらえた。
 そこから「10分間授業準備法」というネーミングが出てきた。
 
 次の「指導案づくり」では、「指導メモ」という発想が出てきた。
 「日常授業」は、指導案は作らないし、作れない。
 
 いつもの指導案は、研究授業を前提にしたものだということが分かってきた。
 そこで、日頃の授業メモは、「指導メモ」という形にした。
 
 また、「授業」は、すぐれた「授業づくり」ということではなく、「70点の授業でいい」という提起である。
 
 「授業準備」→「指導メモ」→「70点の授業」という一連のシステムが私たちの算数授業の骨子になる。

|
|

« 『「味噌汁・ご飯」授業 算数編』(明治図書)が発刊された! | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 算数編に込めたこと(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65533833

この記事へのトラックバック一覧です: 「味噌汁・ご飯」授業 算数編に込めたこと(1):

« 『「味噌汁・ご飯」授業 算数編』(明治図書)が発刊された! | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 算数編に込めたこと(2) »