« 『授業力&学級経営力』7月号が発売された! | トップページ | 20代の先生に答えて~とにかく凌ぐ以外にない~ »

つれづれなるままに(1)~歩けなくなったのです~

  ●6月5日、朝4時に起きる。

 急いで支度をし、6時30分過ぎにはタクシーで新横浜へ向かう。
 今日は、愛知県大治町のO小学校を訪問することになっている。
 2,3,4時間目に先生たちの授業を参観し、5時間目に私も授業をし、そしてその後90分講演をする。
 ★
 この学校の校長先生には、私のブログをいつも見てもらっていることが分かる。ありがたい。

 学校へ到着し、早速各教室の参観をする。
 3クラスか4クラスある規模の学校。

 5分ずつクラスを回っていく。
 ★
 「その程度の時間で授業を見て、何が分かるのですか?」と聞かれることがある。

 その学校が、学校としてのレベルをどの程度保持しているのかは、その学校の「日常」の姿を見ればいい。
 それは、先生たちの「日常授業」の姿であるはずである。
 
 学校は、1時間目から6時間目までの「日常授業」で成り立っている。
 それがうまく機能しているとき、学校は正常な姿を保っているはずである。
 ★
 5時間目に、いつもの詩の授業を行う。
 3年生の子供たち。初任の先生のクラス。
 ほんとに楽しい授業だった。

 初任の2人の先生から感想の手紙をもらう。
 教頭先生から送ってもらえた。

 特に、授業をした初任の先生からは、うれしい感想であった。
 ★
 その日、教育長や指導主事の先生たち、O小学校の校長などと懇親会をし、自宅には夜11:00頃に帰り着く。長い1日であった。

●8日、夜中から右足のかかとに痛みが走り、どうにも寝ていられなくなる。
 朝起きて見ると、腫れ上がっている。
 痛みがひどく歩けないのである。
 
 大変なことになっている。
 急ぎ整形外科へ行く。
 タクシーを呼び、やっと歩けるという状態。
 レントゲンを撮り、血液検査をする。

 運良く骨折はなかった。
 先生からは、「ばい菌が入ったか、痛風の可能性もあります!」ということ。

 9日から広島へ行かなければならないのである。
 果たして歩けるのかということになる。

 鎮痛剤を飲み始めると、夕方には痛みが治まってくる。
 何とか広島へ行ける、と。

●9日、新横浜から広島福山へ向かう。
 新幹線に4時間ぐらい乗っておかなくてはならない。

 福山には、初めて訪れる。
 駅前のホテルに3時過ぎに着く。

 6時過ぎには、横藤雅人先生と合流。
 横藤先生は、8日に鳥取倉吉で講座を設け、翌日ここへ駆けつけてこられている。

 夜、主催者の山根先生たちと、中村健一先生が合流。
 一気に賑やかになる。
 中村先生と会うのは5年ぶりぐらいになるのだろうか。

 私はウーロン茶なのに、隣でがぶがぶとビールや日本酒などを飲まれる。
 ★
 10日、10時30分から教師力向上セミナーが始まる。 テーマが「元祖 織物モデルの縦糸・横糸張り」とその実践 である。

 トップバッターが、中村健一先生。
 軽快ないつもの調子で、ネタが次々に公開される。
  会場の雰囲気が一気になごやかになる。

 次の提案は、友田真先生。
 この先生は若くして『子どもたちの心・行動が「揃う」学級づくり』(黎明書房)の単著をもっている。
 「ゲーミフィケーション」の提案はおもしろかった。
 初めてこの言葉を知る。

 午後、横藤先生の提案。90分。
 「学級経営は『織物モデル』」
 横藤先生はますます進化している。
 パワーポイントの中に、動画を挿入して提案の中身を広げている。いやいや、学ぶところ多数。

 その後、私は「『味噌汁・ご飯』授業を訴える~今、「授業」に求められていること~」を提案。90分。
 講座の中に、模擬授業を盛り込む。

 身銭を切って、学ぼうとする若手の先生たちの姿勢は、素晴らしいものがある。
 日本の教育は、こういう先生たちが支えている。
 ★
 11日、へとへとになって横浜へ帰ってくる。

 

|
|

« 『授業力&学級経営力』7月号が発売された! | トップページ | 20代の先生に答えて~とにかく凌ぐ以外にない~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

横藤です。
野中先生、この度はお世話になりました。その後、足の具合はいかがでしょうか? どうぞお大事になさってください。

それにしても、福山の会は気持ちの良い会でしたね。先生が書かれているように、学ぼうとする先生たちの「氣」が満ちていた会でした。現地事務局の皆さんが積み上げてきた会の素晴らしさに感動させられました。
また、野中先生や中村先生、そして今回初めてお目にかかった友田先生と共にお話しさせてもらえたことも、大きな収穫でした。反省点は多々ありますが。

また機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:
隣で、がぶがぶ(本人はちびちびのつもりでしたが)飲んですみませんでした。(笑)

投稿: 横藤雅人 | 2017年6月16日 (金) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65413632

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに(1)~歩けなくなったのです~:

« 『授業力&学級経営力』7月号が発売された! | トップページ | 20代の先生に答えて~とにかく凌ぐ以外にない~ »