« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »

つれづれなるままに(2)~あれが心星ですよ~

  ●13日、神奈川県横須賀の初任者研修に行く。

 76名の初任者。
 課題を4つ設けて、ペアで相談をしてもらいながら、講座を進める。
 
 課題1 担任をする新任の先生がよく失敗する1つのこと。もしかしたら今、それで失敗しているかもしれない1つのこと。それは何だろうか?

 課題2 多くの初任の先生がつまずく第1のことって何だろうか?もしかしたら、それで今つまずいているかもしれない1つのことって何だろうか? 

  課題3 子供との「関係づくり」をどうしたらいいか?

 課題4 初任者指導をお願いされて知り合いの先生が、1
     ヶ月だけクラスに入りました(週3日)。4年生。
     その指導の先生が驚いた1つのことって何だろうか?

 課題とそれに対する答えをいくつか与えて、ペアで1分間相談をしてもらうという形式である。

  よく集中して聞いてもらう。
 クラスが大変になっている初任者がいるはずである。

 講座が終わって、どうしたらいいかと質問にきた初任者の先生がいて、もっと具体的に話を聞きたいところだったが、残念であった。

●14日、東京の練馬に行く。
 学級経営部会の研究会に呼ばれている。

 池袋まで行って、そこから西武池袋線に乗って、練馬高野台まで行く。
 研究会があるF小学校を探しながら歩いて行くと、ちょうど学校帰りの子供に会う。
「F小学校はどう行ったらいいの?」
と聞いたら、おびえる目で私を睨み、ばっ~~~と走り去っていく。
 
 こういう時代である。
「防犯教育が徹底されていますね」と校長先生に伝える(笑)。 親から不審者から声をかけられたと、学校へ電話が行く恐れがあるからである。 
  ★
 研究会は、「スタート時の学級づくり」というテーマで話をする。よく聞いてもらえる。

 終わって校長室へいると、訪ねて見えた先生たち。
 その1人にびっくり。

 明治図書の「新卒教師時代を生き抜くシリーズ」で一番最初に出した青い本の編集をしてくれたMさんなのである。
「えっ~~~~~~~~」という驚き。

 先生になられていたことは分かっていたのであるが、まさかこの練馬区におられるとは……。
 一度だけ私の最後のクラスを訪問してもらったことがある。あれから10年なのである。 


●整形外科に血液検査の結果を聞きに行く。
 足のかかとの腫れは引いている。普通に歩けるようになっている。

 血液検査の結果は、庭仕事をしたことで虫に刺された可能性が一番高いということ。
 もう1つは、やはり痛風である。
 尿酸値が高い。

 家系で父親も痛風だったのである。
 尿酸値が排出されにくいという体質である。

  先生から様子を見ましょうということになる。

●体調が悪い中で、ずっと『みをつくし料理帖』(角川春樹事務所 高田郁著)を読み進んだ。
 先頃土曜時代ドラマに登場し、黒木華が主演をしている。

 心癒やされる時代小説。
 料理に人生を賭ける澪の生き方が見事に活写されている。
  ★
 人生の岐路に立たされた澪が、天に瞬く星を眺めながら医者の源斉に問う。
   ★ ★ ★
 「道が枝分かれして、迷いに迷った時、源斉先生なら、どうされますか」
 源斉は澪の横顔に視線を移し、少し考えて、答えた。
 「私なら心星を探します」
  「心星?」
 問いを重ねる澪に、そう、心星です、と源斉は深く頷いてみせる。
 「あそこに輝く、あれが心星ですよ」
 源斉の指が、天の川から北にずれ、淡い黄色の光を放つ星を示した。
 「より明るく輝く星は、ほかに幾つもあるけれども、あの星こそが天の中心なのです。全ての星はあの心星を軸に廻っているのですよ」
 天に中心があるなど、考えたこともなかった。
 澪は声もなく心星を見上げる。
 「悩み、迷い、思考が堂々巡りをしている時でも、きっと自身の中には揺るぎないものが潜んでいるはずです。これだけは譲れない、というものが。それこそが、そのひとの生きる標となる心星でしょう」
 源斉の静かな声は、乾いた砂が水を吸うように澪の心に沁みていった。澪は瞳を閉じる。閉じてなお、心星は瞼の裏で輝き続けた。
 …………
 ★ ★ ★

|
|

« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生

初めまして、20代、中学校の教師をしています、山中と申します。
お忙しいところ申し訳ないのですが、悩んでいるときにこのブログを拝見させていただき、とても心が救われることが多々ありました。この度は相談にのっていただきたく、コメント欄に書かせていただきました。


悩みは、今の職場で悩みを共感・共有し合う先生が居ないということ、今の環境で、やりがいを見出すことができないことです。

私が勤めている学校の教師は、校長+5名の計6名で、教頭と事務、保健室の先生が居ません。なので、校長が教頭と事務の仕事を、教務主任が教頭の仕事を分け合ってし、保健室の先生の仕事を私が、全職員で事務の仕事を少しづつ分け合い、さらに主任もかけもちでしているため、出張が多く、、、、という感じです。
教師の年齢層ですが、私が20代で一番下です。次が40歳後半、あとは50歳台後半の先生です。
生徒との関係のトラブルや悩みを相談にのってもらうこともあるのですが、、、なんと言いますか、、、先輩先生誰に相談しても皆、「ここがあかん」など否定ばかり、「こうすればよい」など結論ばかりで、私の気持ちを理解してもらえない感じで、とてもしんどいです。
共感してもらえない、話を聞いて「私もこうだったよ~よくあるからまた頑張ろう」みたいな励ましの言葉がなく、否定ばかりです。
もちろん私の力不足は十分わかっています。
ただ、私が言うのもなんですが、「若手を育てる環境」が整っていないような、若手のやる気や可能性を摘み取る、摘み取られているように感じます。

また、現中学校では3年目で、副担任と全学年の理科、部活副顧問、保健体育、保健主事(保健室の先生の仕事)、美化主任、体育主任、理科主任、を担当し、この3年間校務分掌はほとんど変わっていません。
他の学校の同年代の先生は、担任を経験したり、部活の顧問をしたり、毎年仕事も変化し、たくさんの先生から、たくさんの生徒から、さまざまなことを学び、成長されているように感じますが、私は3年間、学校も変わらず、公務分掌も変わらず、やりがいが見出せません。

私の力不足、問題も多々あると思いますが、私自身が生徒の時感じることのなかった「学校に行きたくない」という気持ちを持ちながら、学校へ仕事に行っております。
どのように乗り越えていけばよいか、アドバイス、叱咤激励等々なんでも構いませんので、返信いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

山中

投稿: 山中 | 2017年6月23日 (金) 14時24分

 野中先生、ご無沙汰しております。

 山中先生、はじめまして。3月まで、小学校で2年生担任をしていた者です。初担任の1年間でした。
 コメント、読ませていただきました。心中、痛いほど共感できるものがあります。その上で、率直に思ったことを述べさせて下さい。

 おそらく周囲の同僚の先生方は、本当に余裕がないんだと思います。たくさんの仕事を抱えていて、「ここがあかん」「こうすればよい」という否定と結論しか、言えない状況ではないでしょうか。

 僕は、同僚・先輩に相談しに行く時は、いつも叱られる覚悟でした。キツイ事を言われても、それでも少しでもヒントをもらえたら、それで良いと……もっとも、最後の三ヶ月はその気力も失い、毎日フラフラの状態で出勤していたのですが(汗)。

 一番いいのは、横のつながりを作ることかと思います。学生時代の友人、前の職場で仲良くなった元同僚……そういう利害関係のない、愚痴でも何でも言い合える仲間を見つけて、そこで鬱憤は晴らす。もちろん、こういうネット上の交流でも構わないでしょう。

 僕は、同僚・先輩の先生が不機嫌そうにしていたり、自分がキツイことを言われた時は、心の中で「お疲れ様」と呟いていました。自分と相手、両方に対してです。

 周囲の環境に、あまり期待せず、かといって否定的にもならず、ありのままに受け入れてみる。そして、いつも「お疲れ様」と呟く。いかがでしょうか。

 ここのコメント欄で「死にたい」とまで書き込んだ僕が、偉そうに言えた義理ではないのですが。「お疲れ様」といいう言葉を使うことで、せめて人を恨まずには済みました。

 アドバイスなどと、おこがましいことは言えません。それでも、せめて、少しでも気を楽にしていただければ、幸いです。

投稿: 童神 | 2017年6月30日 (金) 03時34分

童神先生

コメントいただきありがとうございました。
アドバイスいただき、同じような気持ちを抱えている先生や童神先生と繋がれたことで心が楽に、そして前向きになることができました。
ありがとうございました。
また、ブログを拝見させていただき、皆様と繋がることで勇気をもらいながら、頑張っていこうと思います。
本当にありがとうございました。

Y

投稿: Y | 2017年7月 6日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65430559

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに(2)~あれが心星ですよ~:

« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »