« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »

つれづれなるままに(2)~あれが心星ですよ~

  ●13日、神奈川県横須賀の初任者研修に行く。

 76名の初任者。
 課題を4つ設けて、ペアで相談をしてもらいながら、講座を進める。
 
 課題1 担任をする新任の先生がよく失敗する1つのこと。もしかしたら今、それで失敗しているかもしれない1つのこと。それは何だろうか?

 課題2 多くの初任の先生がつまずく第1のことって何だろうか?もしかしたら、それで今つまずいているかもしれない1つのことって何だろうか? 

  課題3 子供との「関係づくり」をどうしたらいいか?

 課題4 初任者指導をお願いされて知り合いの先生が、1
     ヶ月だけクラスに入りました(週3日)。4年生。
     その指導の先生が驚いた1つのことって何だろうか?

 課題とそれに対する答えをいくつか与えて、ペアで1分間相談をしてもらうという形式である。

  よく集中して聞いてもらう。
 クラスが大変になっている初任者がいるはずである。

 講座が終わって、どうしたらいいかと質問にきた初任者の先生がいて、もっと具体的に話を聞きたいところだったが、残念であった。

●14日、東京の練馬に行く。
 学級経営部会の研究会に呼ばれている。

 池袋まで行って、そこから西武池袋線に乗って、練馬高野台まで行く。
 研究会があるF小学校を探しながら歩いて行くと、ちょうど学校帰りの子供に会う。
「F小学校はどう行ったらいいの?」
と聞いたら、おびえる目で私を睨み、ばっ~~~と走り去っていく。
 
 こういう時代である。
「防犯教育が徹底されていますね」と校長先生に伝える(笑)。 親から不審者から声をかけられたと、学校へ電話が行く恐れがあるからである。 
  ★
 研究会は、「スタート時の学級づくり」というテーマで話をする。よく聞いてもらえる。

 終わって校長室へいると、訪ねて見えた先生たち。
 その1人にびっくり。

 明治図書の「新卒教師時代を生き抜くシリーズ」で一番最初に出した青い本の編集をしてくれたMさんなのである。
「えっ~~~~~~~~」という驚き。

 先生になられていたことは分かっていたのであるが、まさかこの練馬区におられるとは……。
 一度だけ私の最後のクラスを訪問してもらったことがある。あれから10年なのである。 


●整形外科に血液検査の結果を聞きに行く。
 足のかかとの腫れは引いている。普通に歩けるようになっている。

 血液検査の結果は、庭仕事をしたことで虫に刺された可能性が一番高いということ。
 もう1つは、やはり痛風である。
 尿酸値が高い。

 家系で父親も痛風だったのである。
 尿酸値が排出されにくいという体質である。

  先生から様子を見ましょうということになる。

●体調が悪い中で、ずっと『みをつくし料理帖』(角川春樹事務所 高田郁著)を読み進んだ。
 先頃土曜時代ドラマに登場し、黒木華が主演をしている。

 心癒やされる時代小説。
 料理に人生を賭ける澪の生き方が見事に活写されている。
  ★
 人生の岐路に立たされた澪が、天に瞬く星を眺めながら医者の源斉に問う。
   ★ ★ ★
 「道が枝分かれして、迷いに迷った時、源斉先生なら、どうされますか」
 源斉は澪の横顔に視線を移し、少し考えて、答えた。
 「私なら心星を探します」
  「心星?」
 問いを重ねる澪に、そう、心星です、と源斉は深く頷いてみせる。
 「あそこに輝く、あれが心星ですよ」
 源斉の指が、天の川から北にずれ、淡い黄色の光を放つ星を示した。
 「より明るく輝く星は、ほかに幾つもあるけれども、あの星こそが天の中心なのです。全ての星はあの心星を軸に廻っているのですよ」
 天に中心があるなど、考えたこともなかった。
 澪は声もなく心星を見上げる。
 「悩み、迷い、思考が堂々巡りをしている時でも、きっと自身の中には揺るぎないものが潜んでいるはずです。これだけは譲れない、というものが。それこそが、そのひとの生きる標となる心星でしょう」
 源斉の静かな声は、乾いた砂が水を吸うように澪の心に沁みていった。澪は瞳を閉じる。閉じてなお、心星は瞼の裏で輝き続けた。
 …………
 ★ ★ ★

|

« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに(2)~あれが心星ですよ~:

« 横藤先生から時子先生へ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業の算数科編の出版 »