« どうすれば授業はうまくなるのか(11) | トップページ | 大変な状況になっているのだ! »

つれづれなるままに~近視が良くなった!~

  ●義妹のお父さんが亡くなった。

 93歳。老衰で亡くなられた、と。
 もう十分に生ききったというところだろうか。
 
 一度A市を訪問したとき、案内をしてもらったことがある。
 その市の教育長をやられていたのである。

 会葬のお礼が来た。
 その中に思い出が書かれている。

 「どなたに対しても温かな心で接していた父は、晩年お世話になっていた施設や病院のスタッフのお名前を全部覚えていたのです。“名前で呼ばれた方が親しみやすいだろう”きっとそんな気遣いに溢れていたのでしょう。現役時代は誠実に教育の道を歩み、心を尽くした幾歳月。今も印象に残っているのは父の優しい微笑みです。家族はもちろんのこと、関わってきた全ての方々一人一人を尊重し、その個性を大事にしておりました。……」

 このようなハガキには、決まり切った常套文句しかないのが普通だが、心こもった言葉が添えられていた。

 このハガキを読みながら、人生にはいつも「主戦場」があるのだと、つくづく思った。

 「晩年お世話になっていた施設や病院のスタッフのお名前を全部覚えていたのです」と。

 普通、こういうことは誰でもができることではない。
 常に目の前の課題に真剣に取り組んでいる人にしかできない。

 最後まで教育者として貫き通されたのだ、と。

 ふっと一陣の風が吹き渡っていく。
 
 過去も、未来も、そんなものうっちゃっていいのだ。
 目の前の、自分にできる課題に取り組めばいいのだ。

●眼鏡やへ行く。
 最近、遠近両用の眼鏡が合わなくなっている。
 近くが合わないのである。

 眼鏡をかけながら、本が読めない。
 仕方なく、眼鏡やへ行ったというわけである。

 調べてもらう。
 その結果、思いがけないことを言われた。

 「近視の方が良くなっているのです。
  それで近くの方とバランスが悪くなって、近くが見えに くくなっているようです。近視の方は4度ほど軽くしてお きましょう」と。

 今になって近視が良くなるというのはどういうことだろうか。
 パソコンや読書でかなり目を酷使しているはずなのである。
 
 思いついたのは、「両手振り体操」。
 健康法として毎日やっている。
 朝、500回(10分)、夜、500回、合わせて毎日1000回は振っている。 
  多分、これが効いているのであろう。
  様々な病気に効くと言われている。

 https://matome.naver.jp/odai/2136133519411366001

  この健康法を教えてやった知り合いの方で、五十肩が治ったという報告を受けた。

|
|

« どうすれば授業はうまくなるのか(11) | トップページ | 大変な状況になっているのだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65321180

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~近視が良くなった!~:

« どうすれば授業はうまくなるのか(11) | トップページ | 大変な状況になっているのだ! »