« どうすれば授業はうまくなるのか(5) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(6) »

つれづれなるままに~原因があって、結果がある~

●神奈川県の愛川町の中津小学校へ行く。

 もうここへは3年目。
 外国の子供たちが100名ぐらいいる。
 
  悪戦苦闘している。
 だが、先生たちは明るく、元気。
 
 最近、学力テストの成績も上がってきているという。
 先生たちの授業力が、みるみる良くなっている様子がよく分かる。
  ★
 3年生のクラスで授業をさせてもらった。
 楽しいクラスだった。

 授業やりながら、こんなに手応えがあるクラスも珍しいのである。どんどん授業に乗ってくる。

 最近は、自分の授業はICレコーダーで録音し、聞き直すようにしている。
 この授業も10回ぐらい聞いた。

 何度も聞くと、自分の授業の欠点と長所がよく分かってくる。

●知り合いの先生が、異動して学力が高いと評判の学校へいかれた。
 
 評判に反して、子供たちは落ち着きがなく、大変。学力も基礎学力が落ちていて、ひどいということ。
 
 どうしたことだろうと思っていると、何のことはない。
 この学校の子供たちは、4年生の頃からほとんど学習塾に通っていく。そこで学力を高めていく。
 
 結局こういうことなのだ。
 学校の先生たちは、ほとんど何もしていない。
 
 全部学習塾が、学力を高めてくれるわけである。
 
 親たちの声が聞こえてきそうだ。
「結局ね、学校に任せていたらダメよ。何にもしてくれないから。4年生ぐらいになったら、早く塾へやらなきゃダメよ」
 学力が高いと評判の学校の実態は、こういうことなのである。

 学習塾へ行けない子供たちはどうなるのだろうか。
 もうここでアウトということになる。

●栃木の足利フラワーパークへ藤の花を見に行った。
 今年一番の気温ということで、とにかく暑くて大変であった。

 ここの藤の花は、世界一であると評判。
 確かに、確かに。
 素晴らしい藤の花であった。

 冥土のみやげになったという思い(笑)。
 ただ、休みでもないのに、観光バスを連ねてやってくる外国の方々。人、人、人。
  藤の花というより、人を見に行ったという心境。

●道路を渡ろうと信号待ちをしていると、車が通り過ぎようとする前をいきなり自転車が渡っていく。
 「あぶないっ!」と。
 
 寸前で車が止まってくれた。
 若い青年(?)は、躊躇することなく、そのまま走り去っていく。
 
 見慣れた光景かもしれない。
 若い青年は、しょっちゅうこういうことをやっているのであろう。
 
 彼の将来、きっとどこかで大きな事故に遭う恐れがある。
 多分、そんなことが分かっていない。
 ★
 斎藤一人さんの本に『絶対よくなる!』(PHP)という本がある。
 その中で斎藤さんは書いている。
  ★ ★ ★
 「思いもよらない出来事に自分は遭遇して、ガク然とした」と言ったり、思ったりするのです。
 でも、本来、自分に起きることは起きるべくして起こる。必ず原因があります。何もないところから、その現象が起きているのではありません。
 偶然、起きた“こと”はないのです。原因があって結果があるのです」
 ★
  「“いいこと”もそうです。“いいこと”も、たとえば「たいしたことないだろう」と思って“いいこと”をボタッ、ボタッと続けてると、ごほうびがくる。逆に、悪いことをすると、嫌なことが起きる。
 人生というのは、たったこれだけ、なんです」と。
 ★  ★ ★
 とりとめもない「日常」なのである。
 この日常で、イイカゲンに生きていると、そのしっぺ返しはくる。
 反対に、丁寧に、大切に生きていると、ごほうびがやってくる。
 結局、その積み重ねで、良くもなり、悪くもなる。
 
 長いこと生きてきて、そんなことが分かってきた。

 
 
 


 

|
|

« どうすれば授業はうまくなるのか(5) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65276806

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~原因があって、結果がある~:

« どうすれば授業はうまくなるのか(5) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(6) »