« つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(7) »

どうすれば授業はうまくなるのか(6)

    どうすれば授業はうまくなるのか(6)


 授業がうまくなるには、意図的、計画的、継続的に何かをしなければならないと、書いた。

 何かとは何か。
 もちろん、自分が追究する課題である。

 もし「ひとかどの授業」をしたいと願うならば、どのくらいのことをしなければならないのか。
  「ひとかどの授業」とは、1000人に1人ぐらいのレベルの人ができる授業をイメージしていただきたい。

 そのためには、毎日5時間の授業を意図的、計画的に進めなければならない。
 学校の1年間を200日とする。
 200×5=1000時間
 
 一つのレベルをマスターするには、1万時間が必要だと言われている。
 そのためには、どのくらい継続しなければならないか。
 1000×10年=10000時間
 毎日、5時間かけて、10年の歳月がかかる。

 ★
 福山憲市先生は、こういう努力をもう30年以上続けておられるわけである。
 10年続ければ、1000人に1人の授業者になる。
 20年で1万人に1人。
  30年で10万人に1人。
 
 イイカゲンに推定していると思われるだろうが、やはりこうなる。
 
 ほとんど、途中で授業を止めて、管理職や指導主事になる先生がいるので、30年もこういう努力を続ける人はいない。
 人は、必然性がなければこの領域にはいけない。
 だから、福山憲市先生レベルには、なれない。
 
 評論家的になっているので、私の場合をはっきりしておきたい。
 私は、授業者として1000人に1人にもなり得ていない。
 授業者としては、普通であった。
 ただ、70点の授業はできていたと思われる。
 それくらいのレベルでしかなかった。
 ★
 この段階で、「もうあきらめた!」となるであろう。

 しかし、誰でもが福山先生にならなくていい。
 なろうとしてもなれないが…。

 でも、「70点の授業ができる教師」にはなりたいではないか。
 子供たちに学力保障ができる教師。
 クラスにいる低学力児を、中位レベルまでに引き上げていける教師。

 そういう教師にはなりたいではないか。
 「味噌汁・ご飯」授業は、そのような授業ができる教師を目指してきたのである。

 それはどうやって可能なのか?
                                  (つづく)
 


 
 
 


 

|
|

« つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(7) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65276958

この記事へのトラックバック一覧です: どうすれば授業はうまくなるのか(6):

« つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(7) »