« つれづれなるままに~近視が良くなった!~ | トップページ | いよいよ近づいてきました!教師力セミナー »

大変な状況になっているのだ!

   先のブログで以下のように書いた。

  ★ ★ ★
 このままいけば、学校は崩壊していく。
 私は、何年も前からそう言っている。
 学校現場は、もはや尋常な世界ではない。
 
 いじめを訴えていた仙台市立中2年の男子生徒の自殺は、もはや学校が学校としての呈をなしていない状況を露呈してしまった。
 
 生徒は、アンケートにも書き、先生にも訴えている。
 それでも、いじめは終わらず、その果てに自殺をしている。
  この自殺の影響は、かなり大きいと思わなければならない。
 
 もはや、いじめを受けている生徒が、学校や先生に相談することの無力さを、今回ははっきりと示したわけである。
 
 生徒にどうしろというのか。
 不登校になる以外に方法は、もうなくなったのである。
 
 現場にいた経験から分かるのだが、決して先生たちがサボっているとは思わない。
 もはや1つ1つの問題に、先生たちが、こだわっていることができないだけである。
 
 こういうカタチで、今学校現場が壊れていっている。 
  ★ ★ ★
 ここで仙台の中学2年の男子生徒の自殺について書いている。
 この仙台市は、2014年以降、市立中学の男子生徒3人が、いじめを受けたあとに自殺している。
 2014年9月 中学1年の男子生徒がいじめ自殺。
 学校は、その後、同級生らに「転校した」と説明していたことが判明。市教委は、遺族から公表しないように強く要請されたから、と。
 
 2016年2月 中学2年の男子生徒がいじめ自殺。
 父親が、第三者委員会による再調査を求める。
 
 2017年4月 中学2年の男子生徒がいじめ自殺。
 2教諭の体罰などが発覚。
 このような経過である。
 ★
 これは、もはや仙台市の教育委員会が、まともに機能していないことを物語っている。
 文科省の義家文科副大臣が乗り込み、市教委が機能不全に陥っていると指摘している。
 朝日新聞は、2017.5.25の朝刊で「仙台いじめ 鈍い対応」という見出しで記事にしている。
 
 こういうカタチで、学校単位ではなく、その市全体が壊れていっている。
 これは、象徴的な、1つの事態なのである。
 ★
 心配していたことが現実化している。
 全国学力テストで学習状況調査を行っていて、2014年は道徳偏差値が宮城、福島が都道府県ランキングで最下位に沈んでしまっていたわけである。
 
  http://tmaita77.blogspot.jp/2014/12/blog-post_11.html
 
 確実に子供たちが荒れていっている。
 その結果、学校も荒れていっていることが予測できたのである。
 
 その原因は、はっきりしている。
 震災や原発の後遺症である。
 
 私は福島のK市に長く関わってきたことで、講座で先生たちに「子供たちが荒れてきていませんか?」と尋ねたことがあった。
 先生たちは、「子供たちが荒れてきている。だから、学級も落ち着かなくなっている」という答えであった。
 
 宮城もまた、そういう状況が生まれてきているはずである。
 ★
 もはや、今までの方法が通用するはずがない。
 
  何を、どうすればいいのか、ほとんど見当もつかないのであろう。
 いやいや、大変なことになっているという認識がないのかもしれない。

 

|

« つれづれなるままに~近視が良くなった!~ | トップページ | いよいよ近づいてきました!教師力セミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大変な状況になっているのだ!:

« つれづれなるままに~近視が良くなった!~ | トップページ | いよいよ近づいてきました!教師力セミナー »