« どうすれば授業はうまくなるのか(2) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(4) »

どうすれば授業はうまくなるのか(3)

  教師の仕事の中心は、学力向上である。

 こう言うと、反発される方がいるであろう。
 子供たちを幸せにすることではないか。
 そのために、子供たちが健やかになるような教育していくことこそが必要ではないか。
 学力、学力と声高に問題にすることは、学習塾みたいでおかしいのではないか、と。
 実は、私も現場教師の時には、このような思いをもっていた。
 しかし、今なら言うことができる。
 こんな曖昧で、漠然とした思いで、教師の仕事は成り立たない。
 第一に、幸せとか、健やかとかの定義がはっきりしない。
 そんなことよりも、日々の授業をしっかりとこなし、子供たちにきちんとした基礎学力(情報処理力)を身に付けさせ、自分の人生に挑戦できる子供たちに育てることである。
 きちんとした学力を身に付けさせること。
 これが中心の仕事である。
 ここを勘違いしてはならないと、私は思っている。
 ★
 そのためには、毎日の「日常授業」を豊かにしなければならない。
 これがイイカゲンだと、子供たちに学力は身に付かない。
特に、低学力児の学力を引き上げることなどとてもできない。
 
 この「日常授業」の改善については、みごとに福山憲市先生とテーマが合致した。
 福山先生も、研修主任として校内の研修を提案されるとき、「日常授業」の改善でなければならないとされていた。
 そうなのだ。
 「日常授業」の改善につながらない校内研究を繰り返しても、何も変わらないのである。
 
 学校は早くこのことに気づかなくてはならないのである。
  いつまでも達成できもしない研究テーマを設けて、研究授業にいそしんでいく余裕の状況は、もう終わったのである。
 
 
 
 
 

|
|

« どうすれば授業はうまくなるのか(2) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生

お久しぶりです。四年前に何度もこのブログでお世話になったヨッシーです。今は、異動四年目、中核として頑張っています。


授業力の向上、とても同感です。四年前に異動して六年、学級が荒れに荒れ、その時に本気で学ばなければこれから生きていけないと思い、毎月、また、可能な土日はセミナーなどにも出かけ学んできました。


今は、日常授業で教材・教具をフルに活用し、授業を分割して小刻みな活動をいれながら、日々の授業を行っています。

あの時にこのような知識や技能があったならば、もう少しは上手く出来たのではないかと今になって思います。ただ、あの時があったから本気で学ぼうと思い、今があるのだと思います。とても辛い時期だったけど、あの時の六年生には申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、今、私の学校では今年度から研究授業の教科が『体育』になりました。そして、昨日、指導主事の先生をお招きして講演会がありました。ところが、その先生は、15時45分~始まるのに15分前に来校し、プリントを裏表で5枚を人数分印刷を要求し、終了は17時と勤務時間を15分オーバーしての講演終了。ほとんどの先生は、講演中寝ていました。残念ながらそれくらい、日常授業とかけ離れた話をされていたということだと思います。

このような時間が現場の多忙化に繋がっている原因の一つかと考えています。

その後、更衣室で同僚と冗談半分でこんな会話をしました。


「指導主事にも現場職員からの総選挙でもあればいいのにね」と。

これは冗談ですが、こうすればきっと現場のニーズに合った指導主事だけが残り、よっぽど為になる研修が増えるのではないかと思います。やはり、現場の先生は日常授業に直結する話や知識を求めています。きっと寝てしまっている先生たちも自分ごととして考えられれば、身を乗り出して聞くのではないのかと思います。

ということで、まとまらない文章で申し訳ありませんが、要するに『現場はまだまだ出来もしない体裁のよいご馳走授業を求めている』というのが、現状です。

乱文乱筆乱文お許しください。今後も野中先生のブログ、楽しみにしています。

投稿: ヨッシー | 2017年5月12日 (金) 07時00分

 ヨッシー先生へ

 横レスながら失礼します。
 わが市では考えられない指導主事です。
 特に印刷の件。指導主事の選ばれ方はどうなっているでしょうか?

 わが市の場合、指導主事が変わる場合は、それなりに納得できる人が(「指名」のような形ですが)選ばれています。
 時には、???という人がなることもありますが、どの人から見ても???と実績しか仕事ができなかったなら、短期で替えられるはずです。
(任期は通例3年間です)

(講義の話が???という時は、契約切れならもう呼びません。学校単位の講習会も、市主催の講習会も同様です。)

 今回の件は、講義の話は予測できなかったにしても、印刷の件は人格を疑ってしまいます。現職時代、どんな教師だったのか知りたいところです。明かせる範囲で教えていただければ幸いです。
 

投稿: 某教師 | 2017年5月13日 (土) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65264214

この記事へのトラックバック一覧です: どうすれば授業はうまくなるのか(3):

« どうすれば授業はうまくなるのか(2) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(4) »